Top > キャラクター > 【パパリモ・トトリモ】


キャラクター/【パパリモ・トトリモ】

Last-modified: 2019-04-14 (日) 10:43:47




FF14 Edit

暁の血盟の一人。CVは喜多村英梨
鬱蒼とした「黒衣森」で出会うことになるララフェル族の青年。
可愛らしい外見に似合わず、毒舌かつ冷笑家で、直情的なイダと意見がぶつかることもしばしば。
エーテル学に深い知識を有す。ちなみに40代のおじさんである。

ナナモ王女暗殺未遂事件で主人公(プレイヤー)を逃がす為に足止めした後、行方不明。
その後、イダともども3.4で暁に復帰したが、バエサルの長城の戦いにおいて、鉄仮面の策略による、
蛮神召喚を阻止する為に封印魔法を使い、自身も封印魔法発動による閃光と共に消えていった。
 
種族がララフェルである事に加え、学者風の柔らかい物腰(42歳だが、一人称は僕であったり)の為、非常に若い印象を受ける。実年齢の公開は一部のプレイヤーに衝撃を与えた。

  • FF14における最高学府を首席で卒業、かつ卒業後は大陸屈指の賢人の一人として数えられている。
    つまり、とんでもなく頭が良いお人なのだが、これも彼の物腰のせいでそういった印象を全く受けない。

その他、詳細な情報はこちらを参照。
パパリモ・トトリモ(FF14 Online Wiki)

FFRK Edit

2016年1月27日から始まったイベント「憤る岩神~星歴への誓い~」内にて実装された。
ジョブは「暁の血盟」。


☆5黒魔法と☆4白魔法が使える典型的魔導士キャラ。


初期必殺技は「レサージー」。
ウィザードペタソス【XIV】?を装備することで専用必殺技「迅速魔ファイラ
スターダストロッド【XIV】を装備することで超必殺技「エノキアンブリザジャ
ウィザードグローブ【XIV】?を装備することで超必殺技「黒魔紋
リリスロッド【XIV】を装備することでバースト超必殺技「エノキアンファイジャ
ガンバンテイン【XIV】を装備することで閃技「三連魔
リリスロッド・ゼータ【XIV】を装備することでオーバーフロー超必殺技「フレアジャ
Sサーマタージ・ローブ【XIV】?を装備することで超絶必殺技「黒魔紋ファイジャ
ルナリスロッド【XIV】を装備することでオーバーフロー奥義「宿命の果て?
を使用できる。
また、G・キャスターダブレット【XIV】?にレジェンドマテリア「呪術の老手」がついている。


リリスロッドを装備して使えるようになるエノキアンファイジャの効果は「敵単体に8回連続の炎&無属性魔法攻撃+一定時間、自身に炎属性を纏う&ヘイスト&バースト」。
バーストアビリティ「アストラルファイア」は自身の魔力が高いほど攻撃回数が増える攻撃(3~6回)、
「コンバートフレア」は敵全体に2回攻撃し自身の防御力ダウン+魔力アップの効果がある。
どっかで見たような奴の炎バージョンという点以外の違いは、
 1.バーストアビリティの効果が3~6回になっている(向こうは4~6回)。
 2.攻撃回数が増えるのに必要な魔力のラインがあっちより高い。
 3.リリスロッド自体に炎属性強化[効果:小]がついている。
 4.アストラル~にはブレイクと違い石化効果はない。
1.と2.を見るとマリアより劣っているように感じるが3.の効果によりためを張れるぐらいの火力を叩き出してくれる。

FFBE Edit

レイドイベント「岩神タイタン討滅戦」で追加された。
ジョブは「暁の血盟」だが、使えるアビリティや魔法は黒魔道士そのもの。
FF14の黒魔道士のアストラルファイアとアンブラルブリザードの仕組みを再現した性能を持つ。

  • 何故かパッシブスキルではなくコマンドスキルだが。

なお、リミットブレイクの「エノキアン・サンダジャ」は、本来の黒魔道士には使えない魔法である。
(正確には、エノキアンを使わなくても黒魔道士はサンダジャを撃てる)

  • それゆえに、ジョブが黒魔道士になっていないのであろう。

DFFOO Edit

8章から参戦。
武器種カテゴリクリスタルは赤。


習得アビリティは「アストラルファイア」と「アンブラルブリザード」。
ヴァンに次いで二人目となる、エクステンドによる追加を除いた初期アビリティでHP攻撃アビリティを2つ持つキャラクター。
火属性と氷属性の魔法BRV+HP攻撃で、使用するとそれぞれそのアビリティと同名の専用強化効果が付く。
アストラルファイアは最大BRVと攻撃力アップ、アンブラルブリザードは初期BRVアップとBRVリジェネが付く。
これらの強化効果は共存できず、片方を使用するとすでに付与されているもう片方は消えてしまう。

  • 同じく8章で追加されたライトニングも、パパリモと同様2つの強化効果を切り替えながら戦うスイッチアタッカー。

魔法攻撃である上、2属性を扱うことが出来るので耐性を持たれにくく弱点を突きやすい。
BRVダメージも悪くない威力を持っているので安定した強さを持っている。

  • さらに調整でアビリティの使用回数が増えたので長期戦に対応しやすくなっている。

勝利モーションがやたらとかわいい。
ぴょんぴょん跳ねてバンザイする。

  • 〔答[コロンビア]〕
  • エーコと並ぶと、一緒になってはしゃいでいる幼稚園児か何かにしか見えない。
    40過ぎたおっちゃんがなにやってんだ…
  • 元ネタは、FFXIV内でプレイヤーの分身として選択できるララフェル族のエモートアクションから。しかし、パパリモはこのポーズを取った事がないばかりか本来は両腕を上げる段階で見せる笑顔も無し。照れているのだろうか。

14本編で行方不明になった後にDFFOOに追加されたため、一部ファンの間で動揺が走った。
ヤ・シュトラは龍脈に流されていた間、DFFACに行ってたという設定があったために特に。

  • 第2部6章にて、相棒とともにキービジュアルに登場、ストーリーの中心人物になる。どこか見覚えがあるような森の中で「リセ」のダークイミテーションと遭遇し、パパリモもまた自分のダークイミテーションと対面することになるが…。

PFF Edit

2014/04/25に実装されたプレミアムメモリア。

直にわかるかもよ、色々とね

ロッド装備の、典型的な黒魔道士キャラ。

  • リーダースキルは、知恵メメントの時にパーティのサンダー系効果が大アップする
  • ジョブアビリティは「魔力の泉」「連続魔」「算術
  • プレミアムスキルは「エノキアン

リーダースキルとプレミアムスキルで有効な属性が違い、ジレンマを起こしているキャラ。
プレミアムスキルは割と9999ダメージが出しやすい。
黒魔キャラで算術が使えるので、火力維持にも貢献ができる。