Top > 地名・地形 > 【サスーン城】


地名・地形/【サスーン城】

Last-modified: 2018-02-21 (水) 23:35:46

FF3 Edit

パルメニ山脈地方一帯を治める王家の居城。
左右に2つの塔があり、左の塔ではモンスターが出現する。
城内の人々はカズス同様、ジンの呪いによって幽霊のような姿に変えられている。

  • 城内にモンスターが生息しているのに、それを放置している城って一体。
    明らかに兵士の職務怠慢ではないか?
    • 訓練所ということもあるかもしれない。一日20往復するとか。
    • 宝物庫用のトラップでしょ。
      • モンスターを警備システム代わりに使うとは、なかなかやるわい。
        でも腐乱死体状態のゾンビはどうなんだろ…

かつてサスーン王家では赤魔道師が王位を継ぐ慣わしがあったが、いまではその慣わしがなく、
赤魔道師用の聖なる剣だけが残されている。*1


正義のために戦って死んだ者が使用したミスリルの剣*2を供養するための聖なる泉があり、
様々な呪いを解く不思議な力がある。*3


右の塔のサラ姫の部屋では「おひめさまのベッドでねちゃう」事が可能。


かつてサロニア国との間に戦争が起こったという裏設定があるが、ゲーム中では一切触れられず。

FF3(DS版以降) Edit

DS版の主人公の一人イングズサスーン国王に忠誠を誓う近衛兵である。


DS版で城の外観がかなりよくわかるように。なかなか立派である。
外の世界でサロニア城を見るまでは感心しきりだったのだが…。
ゲームがすすんでもモグネットイベントで訪れたり、伝説の鍛冶屋が来訪したりとちょくちょく繋がりがある。
また、ゲーム終盤でもこのサスーン城周辺のパルメニ地方は熟練度上げの「道場」。
ゲーム全般にわたってかなりお世話になる土地。
たぶんサロニアに行きそうなアルクゥ以外の光の戦士達はエンディング後もこの地に残りそう。
やっぱり「光の戦士」との縁が深い。






*1 NTT出版 第1巻 基本知識編 P.99より
*2 ミスリルソードだろうか?
*3 NTT出版 第1巻 基本知識編 P.99より