炎のゴブレット/2~4章

Last-modified: 2021-11-10 (水) 21:37:05
 

2章

一年前

■日本語版 2章 p.37
一年前

■UK版 p.31
the previous year

■試訳
前の学年のとき

■備考

  • ワームテールにハリーが初めて会った時期が「一年前」となっているが、それだとストーリーに合わなくなる。


3章

「それで」「それで」

■日本語版 3章 p.46
「それで」
暖炉の方に突進し、くるりとハリーに向き直ると、今にもハリーを逮捕しそうな剣幕でおじさんが言った。
それで

■UK版 p.31(※原文は改行なし)
"So," he said, marching over to the fireplace and turning to face Harry
as though he was about to pronounce him under arrest. "So."

■試訳
「おい」
バーノンはつかつかと暖炉の方へやってきて、まるでこれから逮捕するぞと言わんばかりの様子でハリーの方に向き直った。
「どういう事だ」

■備考

  • 日本語で「それで」にすると途中だった話を再開するみたいでおかしいね。
  • バーノンの"So"の訳にひと工夫欲しかったところ。
    「ちょっと話がある」という感じですごんでるんだから、
    短く「おい」くらいでよかったのじゃないか。「どういう事だ」でもいいと思うがね。
  • そのすぐ後に出てくるハリーが言いたかった言葉も
    「何が『おい』だよ?」「何が『どういう事』だよ?」などとすればいい。
    「それで何だっていうんだ?」だと意味不明。
  • 地の分の部分も、原文だと「剣幕」にあたる単語はない。(でもヴァーノンの鼻息が伝わってきて怖い)
    「剣幕」だと怒鳴っていないとおかしいし、なんだかいろいろとちぐはぐなようだね。


殺し文句

■日本語版 3章 p.52
やったぞ。殺し文句を言ってやった。

■UK版 p.35
He had done it. He had said the magic words.

■試訳
やったぞ。脅し文句を言ってやった。

■備考

  • ハリーが伯父に向かって効き目のありそうな脅し文句を言った場面。
  • 「殺し文句」とは相手をうれしがらせて引きつける言葉のことで、効果的な「脅し文句」のことではないので間違いである。


これから夏休み中ずっと

■日本語版 3章 p.57
僕に連絡したいときは、これから夏休み中ずっと、友達のロン・ウィーズリーのところにいます。

■UK版 p.38
If you want to contact me, I'll be at my friend Ron Weasley's house for the rest of the summer.

■試訳
連絡をくれるなら、夏休み中は友達のロン・ウィーズリーのところにお願いします。

■備考

  • 文捻れすぎ 。
  • 走り書きの追伸だから、文が多少整ってなくても意味がわかればいいと思うんよ。
    でもロンのところにいるのが「夏(休み)の終わりまで」という原文の情報が抜けてるね。
    (9月から学校なのはわかるだろうがなんかおかしいよね)


4章

どういたしまして

■日本語版 4章 p.66
「ここでなにをモタモタしてるんだい?なんかまちがったの?」
「どういたしまして、ロン」

■UK版 p.43
"What are we doing here? Has something gone wrong?"
"Oh no, Ron,"

■試訳
「俺たち何でここで止まってるの? 何かまずいことになった?」
「いや、大丈夫さ、ロン」

■備考

  • ロン達がダーズリー家にハリーを迎えにきたら、暖炉が閉じられていてつっかえたという場面だよね。
  • この会話が不自然に感じるんだけど…。
    英語全く読めないから原文で書かれたものは持ってないけど原文で読みたくなってきたよ。
  • なんで "Oh no" が「どういたしまして」なのかさっぱりわからない。
    そのまま「いや、違うよ」とすると日本語としては変なので迷ったんだろうけど
    この場合自然なのは「いや、大丈夫さ」とかそんな感じだと思う。
  • 「俺たち何でここで止まってるの? 何かまずいことになった?」 という問いに
    「いや、大丈夫さ、ロン」と答えたフレッドが続けて皮肉を言おうとしてるだけ。
  • 「どういたしまして」はお礼を言われたときに返す言葉。


さよなら

■日本語版 4章 p.73
「それじゃ…さよなら」

■UK版 p.56
‘well ... bye then,’

■試訳
「ええと…それじゃ」

■備考

  • ワールドカップに行く前、ダーズリー一家に対してのハリーの台詞。
    イギリスには「行ってきます」に相当する言葉がなく出かけるときに「Bye」と言うのは普通のこと。
    これを「さよなら」と訳すのは直訳すぎではないだろうか?




コメント欄

・情報提供、検証、議論、誤字脱字の指摘など様々な用途にお使いください。
・コメントの先頭にあるラジオボタンを選択すると、そのコメントにぶら下がる形で返信できます。
・スパムや荒らしコメントが投稿された際は、削除にご協力ください(「編集」から削除できます)。
・任意ですが、書き込みの際はできるだけお名前(HN)を入力してください。