外藤侠二(がいどうきょうじ)

Last-modified: 2020-02-20 (木) 23:50:03

 初登場はパワプロ5。大阪市出身*1で大阪弁で喋る。怪しいマスクをつけた人だが根は善良な人物。




パワプロクンポケット Edit

 極亜久高校野球部員で主人公(1・3)の1年先輩。
 主人公(1・3)が入部する前は先輩達のいいつけ通りに極亜久野球部の伝統である妨害工作を行っていたらしい。そして主人公(1・3)が入部の際に半ばに押し付けられた形で面倒を見ることになる。
 主人公(1・3)以外の他の部員は全く練習しない中でも野球の練習はしていた。但し守備練習は嫌いだと言う。しかし元々運動神経がよいのかセンスがいいのか、能力的には決して悪くはない。*2

 

 秋季大会でのパワフル高校との対戦の際に下剤入り弁当をパワフル高校に仕掛けるが、それでもボロ負けという結果になり、今にも崩れそうなボロビルで先輩達に反省ミーティングと言う名目で巻き込まれた主人公(1・3)共々リンチを受けた。
 そして、それから逃げ出した際に先輩達が暴れたことでボロビルが崩壊し、主人公(1・3)と2人だけの野球部になり即部を辞めてしまう。
 だが、主人公(1・3)が部員集めをし、ようこ先生が顧問になり部の存続が決まったときと同時に戻ってきてくれるのであった。実は主人公(1・3)が誘ってくれるのをずっと待っていた。

 

 その後、再始動した野球部の練習試合での大敗を観戦した教頭による「公式戦で勝利出来なければ廃部」という決定に対し、勝つ為にはと主人公(1・3)に妨害工作を提案。
 主人公(1・3)は「先輩達と同じになる」と拒否するが、廃部により彼の夢であるプロ野球選手への道が閉ざされることを心配していた外藤は「夢を叶えるためやったら、悪魔に魂を売るくらいの気はないんか!」と一喝。
 智美の説得もあり、最終的に主人公(1・3)は「許可をする時以外は絶対に妨害工作をやらない」という条件でそれを渋々承諾する*3

 

 猪狩守を記憶喪失に陥れようとしたバナナの皮大作戦により、本人の意図とは違い猪狩進を交通事故に遭わせてしまう。本当の事を言うかどうしようか悩んでいたが智美の説得により仕方なく黙っていることを決める。
 予選敗退に終わった2年目の夏の最後、主人公(1・3)たちに甲子園出場を期待し野球部を引退する。

 

 卒業後は村上親分の下で、タコヤキ屋を始める事となる。その際の面倒は島野が担当している。
 その繋がりからか、智美救出ルートでは村上家と共にプロペラ団日本支部に乗り込み、智美の基地脱出をアシストしていた。
 運転免許を取得して野球部の皆をドライブに誘うこともあった。
 マスクは外しているがむしろ余計に怖みが増しており、主人公(1・3)曰く「外さない方が良かった気がする」のこと。


パワプロクンポケット2 Edit

 3年目の世間評価不足によるバッドエンド時に主人公(2)が外藤のたこ焼き屋でバイトをするパターンがあり、そこでだけ出演している。


パワプロクンポケット3 Edit

 1から引き続き、たこ焼き屋の店主として登場。
 主人公(1・3)の「自分は主人公(1・3)のイトコだ」という嘘に平山は騙されていたが、外藤は「すぐわかる嘘つくな!」とどつき、結局は記憶喪失で死んだことになったとの説明に「ややこしいことになっとるな」と納得した。
 そして住んでいる場所を心配して亀田と一緒との答えに「腐れ縁やなぁ」と呆れたり、困ってるならタコ焼き屋の仕事を提供する(バイトすると記憶が多少回復)という、相変わらずの外見に似合わない良い人(というか面倒見の良さ)っぷりを見せた。


 後に智美と久しぶりの再会を果たし主人公(1・3)が生きていることを彼女に教える。
 主人公(1・3)との記憶に関する会話のとき、野球部のことはあまり無理して思い出す必要は無いという。「楽しい思い出は後に辛くなり、辛い思い出は後に楽しくなるから」という彼なりの考えからであり、「昔の事ばかりでなくこれからのこともしっかり考えよ!」と主人公(1・3)を応援してくれた。


パワプロクンポケット14 Edit

 新田忠志の後任としてフィンチーズの監督に就任して久々の登場。47歳。
 今作では何故か再びマスクを着用している。

 

 魔球に対する世間の疑惑と非難の渦中にいる主人公(14)を、真意を尋ねたのち「魔球を投げられることは格好良いことだし、新しい物は何でも叩かれるものだから恥じることはない」と助言し立ち直らせる名監督。
 『1』の様に手を出すことこそ無いものの、練習は厳しく檄を飛ばす。煩悩のあまり厳しい指導に不服を申す生瀬ヤスシに対しても、臆せず彼の孫の問題点を指摘した上で反論に出るなど、指導者としての手腕は確かな物である。

 

 彼によると主人公(14)は「死んだ後輩に似ている」らしい。
 ランダムイベントではアルベルトとも30年ぶりの再会を果たしていた。

 

 ベターエンドでは一連の魔球騒動を大規模な「祭り」と称しており、ブラックホールズ戦を最後に魔球を投げられなくなったはずの主人公(14)が再び魔球を投げた際には、「次の『祭り』が始まった」と物語を纏める重要な役割を果たす。
 また、トゥルーエンドにおける会話内では出番はないものの、一枚絵ではしっかり出演している。

裏サクセス Edit

RPG風ファンタジー編 Edit

 大盗賊ガイドウとして名前のみ登場。
 彼がどこかに隠したと噂される「ガイドウの宝」の地図をイシダから購入できる。
 しかし、これは妖精たち女王様のために人間を誘い込むための罠だった。

忍者戦国編 Edit

 水虎所属の上忍として登場、水虎編では主人公(裏)の先輩に当たり、序盤に色々と指導してくれる。
 主人公(裏)が水虎以外に所属していた場合、頭領である教頭斎に身代わりを立てる為にあっさり殺害される。ところが、主人公(裏)達が既に城に攻め込んで来てしまった為に身代わりが間に合わず、教頭斎に殺害されるだけの落ちと化してしまった。


実況パワフルプロ野球5 Edit

 前述のように、パワポケシリーズではかなりの善人だが、初登場のパワプロ5では完全な悪人として描写されていた。
 一球勝負を仕掛けておきながら頭部死球をぶつけたりするなど、戸井鉄男に対して大けがを負わせるような作戦を平気で実行する。
 そのためか「パワポケとパワプロの外藤は別人」とされることもある。
 しかし「バナナの皮大作戦」で猪狩進を交通事故に遭わせるシーンは故意ではなく、事故発生直後の台詞もパワポケ1のそれと全く同じであった。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • 名前の由来は多分外道(げどう)からかな -- 2010-02-23 (火) 17:54:29
  • ↑初登場のパワプロ5では(プレーヤーから見て)良い人ではなかったよね、多分合ってる。 -- 2010-03-29 (月) 14:39:05
  • パワプロ5で没になった外藤の格好は『ホッケーマスクをかぶってて、血がたれてて、そして目だけが光ってた』というものだった。 -- 2010-07-30 (金) 15:30:34
  • 旧公式サイトによると大阪市出身 -- 2010-08-24 (火) 12:50:51
  • ↑2 それ見たら13の13番高校の選手を連想した。元ネタが一緒ってだけだろうけど -- 2012-07-30 (月) 20:33:26
  • 最初の作品で主人公の先輩として行動していた外藤さんが最後の作品でも主人公を見守る立場になったと考えると胸熱 -- 2014-01-17 (金) 09:13:52
  • ヒャッハー -- 2015-07-24 (金) 19:39:30
  • 祝:パワプロ2016出演内定 -- 2016-02-09 (火) 21:43:49
  • パワプロ2016は外藤さん目当てで購入する。まぁサクセスには出ないだろうけど -- 2016-02-15 (月) 00:21:43
  • 寧ろすぐに手が出る主人公より性格が良かった可能性が -- 2016-04-21 (木) 21:08:55
  • 外藤が久々に再登場する作品は最終作の法則? -- 2016-07-07 (木) 17:11:09
  • パワヒロでも登場予定 -- 2016-09-03 (土) 03:03:54
  • パワポケの影響かいい人になった気がする -- 2017-05-28 (日) 15:10:18
  • パワポケ5裏では、主人公が水虎以外の時教頭に殺されるかわいそうな人 -- 2017-05-28 (日) 15:19:53
  • 最終作の監督が1主の先輩であるのもいいしプロフィールにもあった通りフィンチーズをまとめるのにも適した怖い外見、けど根はいい人。浮き足立っていたところをまとめるのにふさわしい人物だったな。これで外藤さんがパワポケ出身だったら尚更良かったな。 -- 2017-11-02 (木) 11:01:19
  • パワポケの面倒見が良い外藤先輩とパワプロのクズ野郎外藤は別人。例え世界観が繋がってても別人。パワポケのこいつは割と好きだがパワプロのこいつは普通にボコボコにしてやりたくなる -- 2018-11-19 (月) 03:08:20
  • まあ、猪狩進もパワプロとは別人だしね -- 2019-09-03 (火) 00:39:57
  • パワフェスだと進君をバナナで転ばせたことを本人に打ち明けるコンボイベントがある -- 2019-12-20 (金) 10:42:34
  • ↑×9 1主人公よりは頻度は及ばないが、部活の引退を自分から辞めると勘違いした1主人公をつっこんだり、弱気になった1主人公を叱咤したりと外藤も割とすぐに手が出るところもあったな。 -- 2019-12-21 (土) 11:47:00

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 旧公式サイトより
*2 旧公式サイトより
*3 ただし妨害工作イベントを最後まで進めると、主人公(1・3)は「やはり妨害工作はやるべきではなかった」という結論に行き着く。