SS{くそざこマヨネーズ}

Last-modified: 2020-09-06 (日) 14:28:03

くそざこマヨネーズってなんだよ...
※このSSは、ガルゾディアが書いた糞みたいなSSです...


第一章{襲撃}
・・・
アルト・グロスセル海
ビックマン「ウォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!」
Clark職員「撃て!!」
Clark職員「A班、D班!そちらにビックマンが!」
ビックマン「ウォォォォォォォ!!」(ロケットパンチ発射)
Clark職員「撤退!撤どおおおおおん
Clark職員「A班!D班!応答を!応答を!」
....
一方そのころOSE財団南部大森林支部では...
ヘレラ・オルナ「...A班とD班が全滅、B班、C班、E班が行方不明だそうよ。」
ガルゾディア「えぇ...ビックマンって再生能力消えてるからすぐに片付くかと思ったけど...」
OSE財団職員A「資料です。📃_(´・ω・`)」
ガルゾディア「えーっと?『ビックマンの体を構成している細菌を調べた結果、未発見種から絶滅種まで、様々な時代の細菌が見つかった。』...まさか」
ヘレラ「ええ、今使っている対オーシオ塩菌弾が効かないのよ。」
ガルゾディア「...倒せなくない?」
OSE財団職員A「後、エゲルナイツによる食害に、ニュイとバタリングラムの抗争による村破壊など...」
ガルゾディア「ええええ..問題多すぎでしょ...」ゴッ
ヘレラ「..ピーマン...ヒュドラルギュルムのベジタブルシュートか...」
OSE財団職員A「いくら何でも飛びすぎでしょ...」
...
へレジーバA「...聞いたか!?あっちの海にデカい細菌が出たって!」
へレジーバC「はあ、人語を理解できるのはあなただけよ。まず、細菌って何?」
へレジーバA「細菌ってのは、目に見えない小さい生き物だよ、それよりも、早く!」
...数週間後。
へレジーバA「...まだなのか?」
へレジーバC「知ってるわけないじゃん...!!!あれ!」

そこに立っていたのは、水色の半透明な人の形をした、想像を絶する大きさの怪物だった...

へレジーバA「な、なにあれ!!!
へレジーバC「ちょ、静かにしてよ!こっちに気づくでしょ!
へレジーバA「だって!...なんか近づいてきてない?」
へレジーバC「あれ、ね。...逃げて!!」
どおおおおおん!!
へレジーバA「うげぇ..臭い!...あれ?あいつは?まあいいか、たまたま近くにいた奴だし...」

数日後、サウスクァーリー

へレジーバA「...この洞窟いいなあ、ここに住もうか、
ヴン!
へレジーバA「...今のって!トロッコだ!前に人間が言ってた!」
へレジーバA「あっちに何か...え?」

そこには、トロッコが集まってできた山と、山に絡みつく蔦と、山から生えている草みたいな頭があった。

蔦「ギシャアアアアアア!!!」
ヴン!...ドォォン...(トロッコ)
蔦「グエ」
へレジーバA「ええ...何だったんだ今の...」
へレジーバA「敵意剥き出しだったし、やっぱりここはやめるか..」
....
アスタリスクボックス{ミンツ駅店}
シルヴィア「はぁ...ヘレラさんから資料もらってきたはいいけど...」
シルヴィア「機械世界...ゼウス・エクス・マキナ...うーん...」
店員「お待たせいたしました。こちら、チョコジャンボパフェでございます。」
シルヴィア「ここに置い...え?」
シルヴィア「ちょっとこれ、何....いない...」
シルヴィアのもとに運ばれてきたのは、石油がかけられた豆腐だった...
シルヴィア「はぁぁ..マキナの部下か?ク〇が...ぶち〇〇ぞ...」
ブラックベリー・オーラム「こんにちは」
シルヴィア「うわっ!だ、誰?」

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

来訪者数

現在?
今日?
昨日?
合計?