【とうちゅうかそう】

Last-modified: 2021-10-16 (土) 11:01:32

概要

モンスターズに登場するモンスター。
二足歩行のかぶと虫のような外見だが、角の代わりにつくしみたいなものが生えている。ちなみに足は4本。
 
なお「とうちゅうかそう(冬虫夏草)」とは虫に寄生するキノコの通称で、古来「冬は虫の姿だが、夏になったら草に変わる」と考えられていたのに由来する。
キノコの一種ということもあり現実では中華料理や漢方の材料となるが、こいつはどうなのだろう?
ただ、モンスターズ1の説明文によると角のようなものはキノコ(菌類)ではなく草(植物)らしい。
 
図鑑などでは「セミの幼虫にキノコが生えたビジュアル(セミタケという種類)」が載っている事も多いが、冬虫夏草には色々な種類があり、セミの幼虫以外の昆虫に寄生するものも。ただかぶと虫のような甲虫に生える種は今のところ知られていない。

DQM、DQM2

虫系のモンスター。虫系と植物系の基本配合で生まれる。
フバーハやマジックバリアなどの軽減系の呪文を覚える。
賢さは高いが、それ以外の能力の伸びはいまいち。
配合でも【しにがみ】【テールイーター】と地味なモンスターの材料になる程度。

テリワン3D

虫系がないので自然系Cランク。
しれんの扉とたくらみの扉に生息している。
普段はつくしだけを地面から出している。
特性は【スタンダードボディ】【マホキテボディ】【ときどきバイキルト】、+25で【ひんしでかいしん】、+50で【タメトラ攻撃】
スキルは「エコロジー」。

イルルカ

野生では出現しない種族に。
【クラブマン】×【スライムナイト】などで作ろう。
【新生配合】【クスリのちしき】【メガボディ】化で【AI1~2回行動】【ギガボディ】化で【かいしんでやすい】を習得。
また、タマゴから生まれることもある。