Top > 【エリスグール】


【エリスグール】

Last-modified: 2019-07-18 (木) 19:35:23

概要 Edit

スラもり2に登場する乗り物(大戦車)。壊れても毎回修復されている。
名前は「選りすぐる」からだろうか?
スラもり3には出演ならず。モモンジャガーはいるのに。
その後DQMJ2P以降のDQMシリーズにはモンスターとして登場している。

DQMJ2P Edit

スライム系の【スラリンガル】に対し、こちらは物質系のSSランクに属する。
入手は少し特殊。配信限定で、全国7か所の特定の店舗において配信されていた。
3枠モンスターの中ではHPが高いほうではないが、守備は1000に達するので守りは固く、攻撃も悪くない。
 
更に【ライトメタルボディ】で受けるダメージを半分に減らせるのが強み。
反面機動力はからっきしで、【しょうひMP×2】のマイナス特性で消費MPは実質4倍とめちゃくちゃ高い。自身の素のMPは300しかないので実質的にはたったの75のMPでやりくりしなければならない。
通常攻撃主体で行こうにも、素早さがたったの100ではまともに当てることもままならない。
実際使っていこうと思うとかなりシンドイ性能と言わざるを得ないだろう。
所持スキルは固有の【エリスグール】

テリワン3D Edit

引き続き配信限定。やはりスライム系ではなく物質系。
2013年2月4日にこいつを含めた、かつてすれちがいデータで配信されていたモンスターが全て一斉にノーマルプレゼント対戦に追加された為、現在は自宅で受け取る事が可能。
かつて入手が面倒だったのが嘘のようである。
勇車スラリンガルの代わりとして【スラ・ブラスター】【はぐれメタルキング】の配合に使えるので、
持っている人は使ってみよう。
特技のモーションではスライバが出てくるが、一体何処から出てきたんだろう。
 
また、【スライバ船】も今作から参戦したが、こちらも配信限定。
だがあっちはスライム系、スラリンガルもスライム系。この差ってなんだろう。
ちなみにウォンデッドではスライム系である。
なお性能面はしょうひMP×2が消えたのでまだマシだが、相変わらずMPがかなり低いので特技を使うには向かない。ライトメタルボディのせいで消費MP1.5倍なのだからなおさら。
行動回数が不安定な上に守備力以外見るべきものはなく合計値はギガボディ中最下位(ただしメタルボディに強化すれば大幅に上昇する)、特性は会心特化ではあるが、ひんしで会心を活かそうにも発動する前に倒されたりする事が多い。
【きょうせんし】の特性があるので、混乱耐性の穴に多少の耐性はあるが、正直穴がデカすぎてだからどうしたというレベル。
パニックで常時魔神斬りを使えるが、同じ物質系でギガボディの強キャラがその戦法を全く使おうともしない時点で役に立つかはお察しである。
……そんなわけで、対戦で使う場合はかなりの工夫とリアルラックが必要。

テリワンSP Edit

ちからの扉の黄金郷のボスとして登場。
【ジゴフラッシュ】→やみの閃光→【ハッスルダンス】→ジゴフラッシュ→【かぶとわり】【空裂斬】【完全ローテーション】
ライトメタルボディがあるため、コアドリルかメタルキラーがないとハッスルダンスのせいで無茶苦茶硬い。

イルルカ Edit

今回は配信ではなく、にじのタマゴからも生まれるし錬金カギの報酬で手に入れることも可能。
【新生配合】【暴走機関】を習得。

スラもり2 Edit

大戦車のひとつで、主人公のライバル、【スライバ】がこれを操る。二つ名は「しっこくのユウシャ」。
真っ黒なスライムに装飾が施されたデザイン。ゲーム画面では確認しづらいが、羽のようなものが付いている。
各地で戦うことになり、攻撃力の高い弾を撃ってくる。壊れても毎回修復されている。
最終決戦では驚きの展開が……
エンディング後は【レンキン山】の奥におり、戦うことができる。この時はHPが3000もある。
これを倒すことでようやくタンクマスターズや対人戦で使用できるようになる。
 
内部はほかの戦車と大きく異なり、エンジンルームまで一本道となっている。
進入しても大砲のある部屋で待ち伏せされ、大砲に入れられ自分の戦車に送り返されてしまうことも。
攻め込まれにくいが、すべり台は3つと少ない。まあスライバにとっては3つで十分だが。
なお、他の戦車と比べすべり台が少ないためか、弾の出る頻度が高く感じる。
しかもすべり台があるのは大砲のある部屋とエンジンルームの手前の部屋の2か所のみなので、
両方の部屋を右往左往しているだけで弾をバンバン撃てる。
非常に攻撃面に特化しており、【タンクマスターズ】において最も優秀だろう。
一人で戦うことになる【ミイホンまる】戦も楽である。
攻め込まれにくい、見た目がカッコいい点で大会での使用率は高かった。