【スタミナ】

Last-modified: 2022-05-27 (金) 22:32:45

概要

疲労に耐えながら、長時間活動し続ける能力。「体力」「持久力」などと和訳する。
ドラクエでは【スタミナのたね】を使って【たいりょく】を上げる……という形で一時期「スタミナ」という言葉が使われていたが、それらが廃止されて以降「ちから等と同列のパラメータ」としては登場していない。
近年の各ゲームに登場するスタミナは、同ジャンルの他ゲームから取り入れた「独自システムを動かすためのパラメータ」であり、過去の「たいりょく」とは別物である。
 
アクションゲームにおいては、操作キャラクターが【ダッシュ】などの激しい活動をする場合に消費する、【MP】に似た「消費するパラメータ」として登場することが多い。
スタミナを消費しきると操作キャラクターを思い通りに動かせなくなるが、安静にすれば素早く自然回復する。消費と回復を交互に繰り返すのがスタミナ管理のコツ……という一連の流れがアクション系スタミナのお約束。
 
ソーシャルゲームにおいては、クエストやミッションに挑む際に消費するパラメータとして、必ずと言っていいほど登場する。
スタミナは時間経過で回復するのが基本だが、大抵のゲームでは遅め。瞬時に回復させたい場合はゲーム内通貨やアイテムの消費、プレイヤーレベルアップなどが必要。
最近ではコンシューマーゲームでも類似のシステムが存在する場合がある(イルルカの【ふしぎなかぎ】、DQMJ3のディスクのエネルギーなど)。

DQB2

ダッシュを行う際に消費するパラメータ。ダッシュをやめてから一定時間が経過すると徐々に回復を始める。
また、水中においては徐々にスタミナが減っていくことから酸素ゲージも兼ねていると言える。スタミナゲージと酸素ゲージが兼用であるということからダッシュしてすぐに水に飛び込むとほとんど水中で行動出来ないので注意。

その他、【キメラ】で空中を上昇する際にもスタミナゲージを消費する。キメラに掴まった際にはプレイヤーのスタミナに関わらずスタミナゲージが全回復する。この仕様は水中において活動する際にも有用であり、水中でスタミナゲージが尽きかけた際にキメラに捕まることでスタミナゲージを全回復することが出来る。

スタミナの上限はレベルアップによって増えることがある他、特定の料理を食べることで減少量を緩和することができる。

DQMSL

プレイヤーレベルを上げると全回復し、一定レベルに達する毎に最大値が1増える。
回復アイテムは手に入りやすいものの、自然回復は10分で1と遅い。一応、定期的に回復速度が2倍になるキャンペーンや特定のクエストの消費スタミナが半分になるキャンペーンが実施される。

モンパレ

基本的に1パレードにつき1消費するが、【異界の門】【迷宮の門】挑戦時には5、【キャラバン連盟指令】?では3消費する。
毎朝6時になるか、【にんじん】の消費で回復する。
上限値はパレードレベルが一定値以上に達すると上昇する。

どこパレ

本作ではイベントやマルチバトルでのみ消費し、かつては5分に1だったが今は3分に1回復する。

星ドラ

クエストをクリアしていくことでぼうけんランクを上げると全回復し、最大値が1増える。3分で1回復する。
【モンスター闘技場】や一部の特殊なクエストには別枠のスタミナが存在する(1時間で1回復するものと、毎朝4時になると全回復するものがある)。

DQMW

【まもののエサ】という名称。1時間で1回復する。

ドラけし!

3マッチパズルの例に漏れずハート型で、最大値は5。15分に1回復し、基本1プレイで1消費する。
初めてステージをクリアすると1回復するほか、フレンドとスタミナを送り合う事も可能。

DQ1イベント「悪の化身とロトの勇者」ではバトケシ!という新バトルにバトルスタミナが登場。
最大値は50で、5分に1回復。基本1バトルにつき10消費するが、時間経過を除けば有償ゴールドでしか回復できない。

魂の絆

クエストに挑戦する際に必要となり、クリアした際に消費されるが、消費量はクエスト毎にそれぞれ異なる。
一部のクエストの初回クリア報酬にスタミナ上限アップが設定されており、上限が3~5増加する。また上限アップした場合は、新しい上限値と同じ分が回復して現在値に加算される。
回復量は6分間で1。ジェム(有償・無償どちらも)消費、スキップ不可の広告動画視聴(1日最大4回)、スタミナのしずく(クエスト報酬でランダム入手)使用、などいくつかの回復手段がある。