【ラムポーン】

Last-modified: 2022-01-22 (土) 12:26:48

概要

DQ5に登場するモンスター。
後脚で直立した【馬】のような、奇怪な獣人の魔物。
名前の由来はram(雄羊)ではなく、ギリシャ神話のエオス、ディオメデス、ヘクトールの三神が所持している馬の名前から。
3頭いるが3頭とも同名である。綴りは「Lampon(またはLampos)」。
グラフィック上は発達著しい上半身の筋肉を見せつけるかのようなポーズをしており、
PS2版では腕を腰辺りに下げつつ、やはり筋肉をアピールするようなモーションで攻撃してくる。
色違いには【ケンタラウス】【ジャミ】がいる。
体色はSFC版では白い身体に赤いたてがみ(ジャミと同色)で、リメイク版ではクリーム色の身体に紺碧のたてがみとなっている。
 
書籍【ドラゴンクエスト モンスターズ】【ドラゴンクエスト25thアニバーサリー モンスター大図鑑】によると、馬の魔物なので食性は草食だが、近づく者には狂ったように襲いかかる性質を持っているらしい。
二足歩行のため普通の馬のように高速で移動することはできないが、前足の蹄を武器に強烈なパワーの攻撃を繰り出してくる。
あまりの凶暴性にほとんどの個体が体中に様々な傷跡をつけているほどだが、【馬車】を見つけると入り口を塞ぎたくなる性質でもあり、一度入口を塞ぎ始めると戦いを忘れて夢中になってしまうという面もある。

DQ5

ケンタラウスの上位種として、青年時代後半の【迷いの森】とその近辺によく出現する。
通常攻撃の他に【スカラ】を使用し、【馬車のドアを閉める】事で入れ替えをさせなくすることもある。
が、馬車のドアを閉めるとそれ以降は一切行動しなくなるため、正直敵が1体減るのと大差ない。
当然だが馬車が入れないところではこの特技は使わないため、迷いの森の中で出た時の方が強い。
設定に反してあまり攻撃的なモンスターではないため、危険度はそれほど高くない。
 
なお、SFC版では見た目が同じジャミはともかく、色違い(茶色)のケンタラウスまでフィールドグラフィックの色がコイツそっくりなため、ネタにされたことがある。