【モコモコじゅう】

Last-modified: 2022-05-16 (月) 22:46:53

概要

DQ6で初登場したモンスター。
色違いには【ファーラット】【ケダモン】【ピンクボンボン】、10にはボスに【邪菌ピロリアン】【変異ケダモン】がいる。
白い毛のモコモコした獣という名が体を表しまくった外見を持つ。

DQ6

ファーラットの上位種であり、【アモール北の洞窟】【月鏡の塔】、および【地底魔城】周辺のフィールドや魔城内に出現。
集団で現れ、よく同種の仲間を呼ぶ。HPが減ると約8割の確率で【たいあたり】をしてくる。
しかし、ザキ耐性でダメージが軽減できる残念仕様になっているので、そこまで強烈なダメージにはならない。
さらに【制限行動】になっているので1グループに1匹だけしか体当たりしない。
ボーッとして何もしないこともあるが、これも制限行動なので1グループに1匹だけのサービス行動である。
やいばのブーメランがあれば一気に倒せるが、体当たりされる可能性が増えるので先にラリホーで眠らせておくか、イオを併用すると安全。なお、こいつだけ通常攻撃アクションが他と異なる。
落とすアイテムは【とがったホネ】。…どこから出てきたのだろうか。
 
なお、ときどき勘違いされるが【モコモン】はこの種族ではなく仲間になったファーラットの名前である。
仲間にしようと粘っても無駄なので注意。

リメイク版

体当たりが仕様変更で無属性になり、必ずHPの8割ダメージとなったので、うっかり討ち漏らすと手痛い反撃をくらうかなりうざったいモンスターと化した。

DQ10

見た目通り雪山に生息。眠っていたり【天候】が吹雪の時には丸まっていたりと、しぐさがかわいい。仲間の【おうえん】もする。
詳しくはこちらを参照。

少年ヤンガス

同系統のほか2種が登場していたトルネコシリーズではけものなのにのけものにされていたが、少年ヤンガスでついに登場。
 
【まぼろし雪の迷宮】以降、様々なダンジョンに出現。
他の2種と同様に2マス離れて様子を見る性質があるので基本的には無視できる存在。ただし、部屋が狭いと近づいてきて一撃くらうことがあったり、複数で追ってきて通路を塞いだりすることもあるので注意は必要。
この系統の例に漏れず出現フロアが早い割に攻撃力が非常に高いので数匹に囲まれると結構困る。槍があれば完封できる。
 
成長限界はレベル24。
デフォルトネームは♂が「もこたん」、♀が「もこりん」。
レベル12で【ボミオス】を覚える。
合体用の仲間としては非常に優秀なので、ケダモンまでのつなぎとして是非仲間に加えておきたい。
配合パターンは【プリズニャン】×植物系。
 
ちなみに♀に話しかけて信頼度を上げると、ヤンガスの名前を間違って覚えられてしまう。
信頼度を最高まで上げても正しい名前で呼んでくることはない。それどころかむしろどんどん正解から遠ざかる(ヤンゲス→ガスゲス→ゲスガス)。

DQMBS

第3章から登場。最高相性の性格は【いっぴきおおかみ】
基本ステータスはHP:336、ちから:223、すばやさ:161、かしこさ:90、みのまもり:120。
技はしっぽアタック→ローリングラッシュの順で変化していく。

モンパレ

魔獣系のDランクモンスターとして登場。荒れ地の大陸に出現し、多くの人が最初にパレードで会うことになるDランクモンスターだった。
やはり仲間を呼ぶがそれ以外に芸はなく、初期とくぎはなし。
仲間としては、攻撃力と守備力はそれなりだがそれ以外の能力は低く、特にMPはかなり低い。
豆知識によると、本当は長くてかっこいい名前があるらしいが見た目からモコモコじゅうと呼ばれてしまっているという。

DQウォーク

メインストーリー2章6話~2章8話などに出現する。仲間を呼ぶ。
こころの色は赤でコストは24。