【悪霊の神々】

Last-modified: 2021-10-18 (月) 14:14:20

DQ2

この作品の【サブタイトル】
ラスボスである【シドー】を連想させる言葉でもあるが、"々"と複数系であるので基本的に【アトラス】【バズズ】【ベリアル】の3匹のことを指すことが多い(シドーの肩書きは「破壊神」で浸透している)。
この3匹はDQ2ではハーゴンの護衛として登場するのみだが、それぞれ元ネタの神話では高位の巨人や魔神(他の神から不興を買ったり、他の宗教から邪神とみなされたりした存在でもある)なので、神の一柱として見るのもあながち間違いではない。
また、バズズの元ネタであるパズズは悪霊の王ともいわれるので、悪霊の神々という呼び方はそこに由来していると思われる。
同様の構成は、DQMBでは【ロンダルキアの悪魔達】と呼ばれていた。
 
ドラクエの中でもトリオとして高い知名度を誇り、この3匹が揃って登場したら大体どこかしらでチームを組んでることが多い仲良しトリオである。
実際はこのトリオに相対する機会は原作のDQ2を含めてあまりなかったのだが、DQMBを皮切りに外伝作品でこのチームが出てき始めてから徐々に浸透してきたようだ。
立場としては大ボスでこそないが強力な敵という立ち位置で主人公に立ちはだかることが多い。
モンスターズシリーズでは他国マスターの所有するチームという形式が大半である。

DQ10

魔法の迷宮で「悪霊の神々」コイン(カード)を使用すると、アトラス、バズズ、ベリアルが同時に登場(3体の強バージョンもある)。
【冥王ネルゲル】の強バージョンでも、途中でこの3体が同時に呼び出されるほか、シドーの前座としても【強モンスター】のような強化版が順番に登場する。
詳しくはこちらを参照。

DQH

クリア後の宝の地図ではアトラスがボスになっているところもあり、増援でバズズとベリアルが登場。
【ディルク】によって彼らのユニット名が悪霊の神々だと言及された。

DQH2

ストーリー中

伝説の兵器を求めて試練のほこらを訪ねた際、【神々の秘宝】を使用した【ガゴラ】に呼び出される形で登場。どうやらガゴラとは知り合いの模様。
3匹からの試練を乗り越えないと伝説の兵器を手にすることはできないという。
 
まずはバズズからの試練で5分以内に【モンスターコイン】の枠を満タンにする試練が課せられる。
それを乗り越えると今度はベリアルから魔物の群れから【ベビーサタン】を護衛しつつ魔物を全滅させる試練となる。
それらを乗り越えて最後はアトラスと直接対決する試練となる。アトラスの試練は一定以上ダメージを与えれば成功となる。
そしてアトラスとの戦闘後、3匹からの試練を乗り越えたことを認められ、めでたく1000年前の古の大戦を終結へと導いたとされる伝説の兵器が収められた【不思議な小箱】をガゴラから授けられる。中には【アトラス】【モンスターコイン】が封じられており、箱の蓋を開ければ解放される。ただし使えるのは1回だけである。
イベントでこれを使用し、一時的にアトラスを操作する戦闘モードに移行する。

クリア後

モンスターコインによってバズズやべリアルも操作可能。アトラスと合わせるとあの伝説の3悪魔を自分の手で操れることになる。
 
【時空の迷宮】では3匹の強化版と戦える。
まずは【バズズ・強】【ベリアル・強】と戦いこれに勝つと今度は【アトラス・強】と戦うことになる。