Top > アイテム > 【怪獣図鑑】
HTML convert time to 0.009 sec.


アイテム/【怪獣図鑑】

Last-modified: 2018-07-26 (木) 20:40:13




FF4 Edit

敵一体の現在HP・最大HPと弱点属性を表示する。
効果そのものはライブラと同じだが正確には違い、
効果は全く同じだがボスを含めたライブラが無効になるほとんどのモンスターにも有効な強化版となっている。
トメラの村の宝物庫,シルフの洞窟B1・B2F,封印の洞窟B2F,幻獣の洞窟B3F,幻獣の町(セーブポイントのある民家と上層部)で拾える。
ボスにはライブラが効かない仕様なので、重宝する。ストックしておきたい。
のだが入手が非常に遅いのが欠点。
ハミングウェイから購入可。980ギルと格安。
おそらくは、この世の全ての魔物の情報が載っている本という意味のアイテムなんだろうが、
一度使うとなくなるのはなぜだろう。

  • じつは何も記されていないか、または人の目には見えない魔法の文字が記されていて、
    魔物に向けてかざすことで書物に秘められた魔法の力が発動され、
    魔物の能力を暴くことができる・・・とか。(個人的な推測)
  • パーティーが入手するのは「お試し体験版」で、正規の怪獣図鑑は天文学単位くらいの値段を請求されるんじゃなかろうか。
    効果の割には価格が安いことからすると。
    きっと図鑑と言いつつ実態は情報端末で、月から毎回データダウンロードして使うんだよ。
    だからお試し期間(一回)が過ぎると答えてくれなくなる。

ほとんどのモンスターに有効。
明らかに異形の存在のみならず、実在してそうな動植物の敵や、
果てはバロン近衛兵暗黒魔道士などの人間系の敵も、この書物の定義では『怪獣』である。

FF4イージータイプ Edit

登場していない。
尚、怪獣図鑑に関する図書館の記述は、リフレクに関する記述に修正されている。

FF4(GBA版) Edit

月の町(1・2つ目共)の道具屋でも販売されている。
また、追加モンスターのギルガメサハギンプリンスからも手に入る。

FF4(DS版) Edit

バロンの町で買えるようになった。またドワーフ城の道具屋でも購入可能。
ゴルベーザ戦が控えているためであろう。
名前からしてモンスター図鑑と関係がありそうだが全くない。
ライブラの効果が同種モンスターに対して戦闘終了後も永続するようになったんだから、
読みとったステータスがモンスター図鑑に記録されても良いと思うのだが
50ギルという激安な値段になった。また、ミシディアでも売っている。


序盤(特に1周目)でライブラやしらべるが無い間は貴重なサーチ手段。
ライブラは最速でもローザ加入後にならないと使えないし、リディア(幼少期)は覚えず、テラは試練の山イベント後にならないと使えない。
尤も、2周目以降セシルにしらべるを覚えさせれば最終的に不要となるが、それでも早めに敵の状態データが分かるのは大きい筈。

FF4TA Edit

本作はライブラ(しらべる)使用者がいないことも結構あるのでライブラ代わりとしても出番がある。
値段はDS版同様50ギル。真月に行くと買えないのでパーティメンバーによっては買いだめしておいた方がいい。


ギルバード編でみやぶるの恩恵を受けるにはこれの出番となる。

FFTA Edit

クエストアイテムとして登場。
あらゆるモンスターを網羅した図鑑。大きな絵が大変わかりやすい。
クエスト「ゴブリンの集落地」で入手し「正義の価値」で消費される。
アイテムとしては特に効果無し。