Top > 地名・地形 > 【シルフの洞窟】


地名・地形/【シルフの洞窟】

Last-modified: 2019-07-30 (火) 13:31:57

FF4 Edit

地底世界にある洞窟。名前の通り内部ではシルフが居を構える。
シルフの家に辿り着くルートと宝箱を回収するルートがある。
最深部まで行くと、バブイルの塔で死んだと思われたヤンがシルフに介抱されている。
ある方法でシルフの信用を得ると力を貸してくれるようになる。


ストーリー上必ず来なければならない場所ではないが、召喚魔法シルフは意外に強力だし、
結構アイテムもあるので余裕があれば来たい。
ただし、ここはダメージ床やあの悪魔のモンスター・モルボルが出没する場所であり、挑むには相応の準備が必要。


どいつもこいつも状態異常連発、ダメージ床、隠し通路ととにかくうざいダンジョン。
DS版以外ではここに到達した時点でレビテトを覚えていることが少なく、ちまちま回復しなければならない。
宝箱にモンスターが入ってることもあり、FF4のダンジョンでは屈指の意地悪さを誇る。

  • ダメージ床は1回に50ダメージと結構なダメージを喰らう。
    • ダメージを受けるタイミングは、ダメージ床に入った瞬間ではなく、ダメージ床の上にいる時にそこから歩いた瞬間。
    • 今作のレビテトはフロアを昇降すると効果が切れるので、その際にかけ直す必要がある。
    • ちなみにダメージ床の上でテレポをすると回転しながらダメージを受ける。もりもりHPが削られる。
  • エフェクトの長い魔法を連発するドリームエビルを筆頭に倒すのに時間のかかる敵が多く、何かとイライラさせられる。
  • バブイルの塔脱出直後だと確かに厳しいかもしれない。
    一応全フロアの本格的な攻略は、カインが2度目に裏切った直後に来ればレベル的にちょうどよいかと。
    (シルフと包丁のゲットも兼ねて、フースーヤに会う前に来ること)
    モルボルも対処法さえ知っていれば隠し部屋のアイテムも多少楽に手に入るかな?
  • 洞窟内は入り組んでいて、モンスターも厭らしいものばかりの難所なので
    まずはイベント達成、今度は宝箱回収、と何回かに分けて攻略するのが安全と思われる。

この洞窟から南に行くと、そこでしか出会えないモンスター
アラウネグルームウイングゴルゴーンミスリーダ)が出現する地帯がある。
知らない人がかなり多いモンスター、影が薄い。


シルフの家になぜか、人間(ヤン)を寝かせられるサイズのベッドがあった。
シルフが元々寝てたのか、押し入れから急いで取り出したのかは謎。

  • ヤン用に拵えたのではないだろうか。シルフ用の家が建ってるので何者かは不明だがエルフの知己に大工仕事が出来る存在がいると推測できる。

シルフの家の宝箱に猫の爪地獄の爪が入っている。
シルフたちはヤンが目をさましたら、それらをヤンにあげる予定だったのだろうか。

  • 何も知らないユーザーは、大体バブイルの塔辺りでネコの爪と地獄の爪を装備したまま、
    ヤン死亡になったため。それを外して置いてあるんじゃないだろうか?
  • シルフの家なのに妖精の爪が手に入らないのは少々釈然としないものがある。

セーブポイントはダメージ床に囲まれている。地味に憎らしい。

  • セーブして終了し、後に再開した際にレビテトを忘れないよう、周囲をダメージ床で囲い、レビテトを使えと強烈にアピールしているような気もする。

猫の爪と地獄の爪が手に入る辺り、開発当初はヤンが裏切ったカインに代わり復帰する予定でもあったと思われる。
しかしGBA・PSP版では自由に編成できるようになったため、SFC・PS版のノリでうっかり廃棄処分しないように。

  • 爪はエッジも装備できるのでこっち用だと思われる。

シルフ Edit

この洞窟に暮らす幻獣。何故幻界では無くここに住んでいるんだろうか?

  • シルフの洞窟のBGMは「幻獣の街」なので、幻界と無関係な場所ではないかもしれない。
  • トメラの村の住人によると臆病な性格らしいので、おそらく同族とも距離を置いているのでは。
    筋肉ムキムキの巨漢やら炎をまとった魔人やらでっかくておっかないのもいるし。

洞窟の前で倒れていたヤンに異常な程惹かれており、立ち寄ったセシル達に
ヤンは渡さないわ!」と言ったり、
「ずっと看病してるのに…
私達の愛じゃだめなのかしら…」と言ったり、
一体何があった!?

  • 小説版では、リディアが「きっと勇敢な人が好きなのね」と言っていた。
  • アルティマニアでは、

    風のクリスタルの加護を受けるファブールの者ゆえ、
    風の力を持つシルフたちの心をとらえたのだろうか

    と書かれている。
  • 小説版の説でいけば、もしシドが倒れてたら懐いてたんだろうかw
    ドワーフに似てるからダメっぽいけど。
  • アルティマニアの理屈で行けばバッツブランドルーネスなどがシルフのツボということになる。

トメラの村の住人曰く、怖がりらしく、セシル達が声をかけた途端悲鳴を上げるほど。
また、その時のセリフ
「シルフたち怖がり!オラたち優しいのに!」
から推測するに、ドワーフたちも例に漏れず怖がられた様だ。

  • 一面ダメージ床だらけの洞窟の奥に隠れ住んでるのも、警戒心の強さゆえなのだろう。

バブイルの塔からシルフの洞窟は遠くはないが決して近くもない。
どころか、飛空艇(非コーティング)で上を飛ぶことさえできないマグマの海に隔てられている。
一体ヤンはどういう経緯を経てシルフの洞窟前に倒れることになったのか。
FF4の10大ミステリーの一つである。

  • 爆風で洞窟付近まで吹き飛ばされたとか?
  • じつはシルフの洞窟はものすごく深くて長くて、バブイルの塔の近くにも別の出口があったとか。…そんな地下大空洞の方がミステリーな存在ですね。

FF4(DS版) Edit

DS版ではシルフの性能は劣化したものの、(まあSFCの回復量はバグなのだが)
ヤンからもらえるデカントがどれも強力なので是非訪れたい。
無論、包丁も含めて。


洞窟自体のえげつなさは大して変わってないが、洞窟のグラフィックは3D化に伴ってグレードアップしておりとても美しい。
こんな綺麗な場所だったのかと感嘆を覚えたものだ。

  • 美しくなったのはいいが、どこがダメージ床か分かり難くなった。

カインが「こんなところで回り道する余裕はないはずだがな」と(心の中で)言っているが
回り道せず真っ直ぐ目的地に行ったらしょうきにもどるので無視して探索しましょう。

  • 封印の洞窟をクリアーしてから幻獣を入手するのが正規ルートのようだ。
  • 確かにカインの言っていることはもっともなのだが、プレイヤーはカインのせいで目的地に直行せず寄り道をしているので、ちょっとイラっとくる。
    スタッフはわざと…なんだろうか。
  • FF4はゴルベーザとのクリスタル争奪戦なので、寄り道している余裕はセシルたちに本当に無い。幻界に行く余裕すら本当はない…筈なのだが、パブで遊んだりプリン手に入れたりミルクを注文したり寄り道しまくった心当たりがかなりのプレイヤーにあることだろう。
  • ドラクエでも、正規ルートを無視して各地を回るとよく言われる。
    • カイン離脱後に「愛のフライパン」が手に入るので、ヤンのデカントが欲しければ1回はカイン無しで訪れる必要がある。

状態異常魔法が中心。魔法回避を重視した装備にしたい。
眠り耐性がある囚人の服を売らずにとっておくと便利。
精神が高いローザはほぼ寝ない・沈黙しないので、リディアに着せて戦うかエッジに着せてけむりだまか。
くさいいきは防ぎきれないがセシルにひきつけさせよう。


各フロアの踏破率100%で銀のリンゴが計3つ手に入る。
シルフの家に置かれている宝箱の中身が菊一文字波動の杖に据え代わっている。
特に菊一文字はエッジの火力UPに大きく貢献するので、前衛で戦わせるならば早めに回収しておきたい。

FF4TA Edit

リディア編で地底にいる間のみ訪れる事ができるが、実質ストーリー進行には関係ないので来なくても良い場所。
ただし、内部には大量の宝箱があるのでそれらを回収するだけでも来る価値はある。
ちなみにリディア編で隠し召喚を全て揃えたい場合、コカトリスはここの地下二階でしか入手できない。
恐ろしいドロップ率の低さはさることながらコカトリス自体の出現率も低いため、運がよくない限り入手は非常に困難。


今回はダメージ床の上を通ってもダメージは受けない。
まだ序盤のシナリオでレビテトも使えない状況でダメージ床まであってはキツ過ぎる故の施しか。