Top > モンスター > 【グラナルド】


モンスター/【グラナルド】

Last-modified: 2019-04-29 (月) 20:07:17

FF8 Edit

古代生物の生き残りと言われる昆虫のような敵。
バラムガーデンの訓練施設とアルティミシア城に出てくる。
必ずラルドと同時にでてきて、連携して攻撃してくる。
一応ラルドとともにBOSS扱いだが、ラストダンジョンに普通に出てくる事から
最後まで行った人にとっては、群れで出てくる「タダの敵」と扱われる事が多い。
が、防御が高いことからすぐ逃げたりめんどくさがられたりもする。
しかもペインという珍しい魔法がドローできたりするので、
盗り逃げされることもあるという、悲しい奴。

  • というか城の仕掛けや封印が面倒であり、エンカウントなしを装備してる人も多いため、出現する事を知らないプレイヤーもいるのでは?
  • 最初に出た個体はエルオーネを襲っていた。偶然か何者かによるものかははっきりしないが、ここでの伏線は彼女がキスティスをあだ名(キスティ)で呼ぶほどの仲なのに関わらず、キスティス本人はさっぱり覚えていないことであろう。

マスター派との内紛時にも固定敵で出現したと思う。

  • 元ボスであるせいか、カードで倒すことができない。
    なので、低レベルクリアを目指す場合は、ガーデン内紛時、グラナルドを呼ぶ教師がいる保健室には近寄らないほうが吉。
    • 立ち寄ってもマスター派のフリをしていれば戦闘にならず、更にニーダの実力の一端を垣間見ることができる。

レベル30未満ではスリプルブラインシェルを、30以上でサイレスコンフュ、シェル、ペインをドロー可能。
シェルを取れる最初の敵だが、魔力が低いとろくにドロー出来ない。
どのレベルでも魔導石×4を落とす(ぶんどると×8)。訓練施設の戦いではラルド3匹と合わせて16個もの魔導石を落とす。


ライブラの解説文

巨大な虫型モンスター
すでに死にたえてしまったと思われていた、古代生物の生き残り
その巨大な爪としっぽを使って、いろいろな攻撃をしてくる
  • なかなかにバラムガーデンで飼われている意味がわからないモンスターである。
    全然死に絶えてないじゃないか。

カード Edit

レベル6のボスカード。
カードの数字配列は ←:5・↑:7・→:2・↓:8。
ワイルドフックプリヌラカード使用で変化させれば 1/16の確率でこのモンスターのカードを入手可能。
カード変化のレートは1:1の比率でGリターナーとなっている。