モンスター/【ダブルハガー】

Last-modified: 2020-08-28 (金) 09:55:50

FF8

jelleye.jpg

セントラ地方の一部に出現。
形態変化」により、物理・魔法防御形態と絶対防御形態なる状態になる事が可能。
理論上(物理防御形態では体力が10倍、魔法防御形態では精神が10倍される)物理防御形態での体力は390、魔法防御形態ではなんと1300!!!
・・・なのだが全く脅威を感じた事はない。
ちなみに、絶対防御形態では前述した2つの能力がそれぞれ4倍される。

  • 数値が10倍になるんじゃなくて与えるダメージが1/10になるんじゃなかったか?
    • パラメータが「255」の壁を越えることは考えづらいため、「プロテス」や「シェル」状態のような処理がなされているものと思われる。

3属性の攻撃魔法を得意とする。ドローできる魔法も3属性のもののみ。セントラくんだりまで来たのにガルバディア兵未満の価値。
普通に倒すと魔石系のアイテムしか落とさないが、ぶんどるといやしの水を取れる。
ただしこいつと癒しは一つも結びつかない。
混乱とストップ以外はどれも割と効くが、わざわざ状態異常にする敵ではない。

  • 物理防御形態になられたら、攻撃もかねてセイレーンあたりを召喚してもいい。ほとんど何もしなくなる。
  • アルティマニアの基本成功率「0」表記の影響で無効と思われがちだが、ストップは効く。同様の表記がされているバイトバグエサンスーシにもストップは効く。

アルティミシア城ではアンドロの「使い魔召喚」で召喚される最初の使い魔としても登場する。
封印を全く解除していない状態でも苦戦することは特に無いが、ダブルハガーを倒すとアンドロは二体目の使い魔としてすぐにライフフォビドンを召喚してくるので要注意。
倒してもEXPが得られないことと必ずパーティの平均レベル(レベル補正無し)で召喚されること以外はランダムエンカウント時と同じ扱いで、レベルアップやレベルダウン、カード、たべるが全て効く。

ライブラ

ライブラの解説文

バトル中、どんどん行動が変化するモンスター
行動が変化するにしたがって、使ってくる魔法も炎系・冷気系・雷系へと変化してゆく

  • ダブルハガーのHPは「500+LV(LV+20)×0.5」の計算式で算出されている(小数点以下切り捨て)。
  • ライブラ画面ではダブルハガーの形態名も表示される。それによると形態は上述されている「物理防御形態」「魔法防御形態」「完全防御形態」の3種類に「通常防御形態」を加えた4種類で、バトル開始時はいずれの形態も取っていない模様。
    なお、アルティマニアにある「絶対防御形態」は「完全防御形態」のことかと思われる。

カード

レベル2のモンスターカード。
数字配列は ←:7・↑:3・→:2・↓:1。
カード変化魔石×1を精製できる。
また、カード使用でダブルハガーをカード化すると、稀にレアカードとして風神・雷神が手に入る事がある。