Top > 武器 > 【オーバーチュア】


武器/【オーバーチュア】

Last-modified: 2019-09-24 (火) 01:09:43

FF13-2 Edit

女神の騎士となったライトニングが所持する剣。
13-2では名前が不明だったが、LRFF13で装備品として登場したことで名前が明らかになった。


「オーバーチュア」とは英語で序曲のこと。本作でも同名の曲が存在する。
これでシリーズ三部作全てでライトニングの初期装備の名を冠した曲が作られたことになる。


これもデュアルウェポンの一種らしく、冒頭のカイアス戦やその後のシネマティックアクションでは銃に変形させてルインのような弾を打ち出している。

LRFF13 Edit

物理・魔法攻撃+280、シーンドライブ強化、HP最大値+500の能力を持つ武器。
13-2のセーブデータがあるとメニューのアウトワールドリワードから入手できる。
この剣で攻撃する際、時計の針のようなエフェクトと共に羽根が舞う。

  • 改造すれば物魔を最大値まで両立可能。

DFFAC Edit

ライトニングスキンセットに設定できるウェポンの一つ。
C.Lv15にするとショップで購入可能。価格は7200ギル。

DFFOO Edit

「オーバーチュア【XIII】」。☆5の
ライトニング専用EX武器かつ相性装備で、相性性能は「刹那の剣舞」。
装備時の性能(+相性)は下記。

LvHP初期BRV最大BRV攻撃力防御力最大CP
198(+19)159(+31)1113(+222)350(+70)67(+13)70

相性性能「刹那の剣舞」により、EXアビリティ『シーンドライブ』を使用できるようになる。
『シーンドライブ』は、複数回のBRV攻撃+HP攻撃。リキャスト時間はふつう。
近距離物理BRV攻撃+HP攻撃の後、2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を行い、さらに2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃。
対象ブレイク時、またはブレイク中攻撃時、BRV威力がアップする。
与えた合計HPダメージに応じてHP中回復。回復量の上限は、自身の最大HPの10%分。
最大HPを超えてHPが回復した時、超えたHP分を自身のBRVに加算する。
攻撃対象の行動順を1つ下げる。(「シーンドライブ+」では「行動順を2つ下げる」に変化する)
自身に3ACTION「女神の騎士」を付与。
『シーンドライブ』使用後、次の行動時のアビリティ使用回数を消費しない。
「ブラスター」付与中は、『シーンドライブ』が『シーンドライブ+』に変化。


「女神の騎士」は、ライトニング固有のフレーム付強化効果。
自身の最大BRVと攻撃力がアップし、「エンチャント・雷」の効果を得る。
さらに「女神の騎士」付与中にターゲットをブレイクした時、行動負荷がなくなり追加行動が可能。
この追加攻撃でターゲットをブレイクしても追加行動は発生しない。
自身の追加行動は総ACTION数に加算されない。
召喚中およびフレンドサポートの残りACTIONは消費される。

  • 行動負荷のない行動では、EXアビリティのリキャストゲージ(行動時増加分)は蓄積しないが、アビリティ使用時のより多く蓄積する効果分は蓄積する。

加えて、限界突破効果により、以下のパッシブを習得できる。

  • 1回目:シーンドライブパワー
    『シーンドライブ』の与えるBRVダメージを小アップ。
  • 2回目:シーンドライブバフロング
    「女神の騎士」を2ACTION期間延長。
  • 3回目:シーンドライブリキャストアップ
    『シーンドライブ』のリキャストスピードを小アップ。

真化させることでEX+武器「オーバーチュア【XIII】+」に変化する。
真化効果は「シーンドライブBRVアップフォースアドバンスデバフプラス」。
『シーンドライブ』『シーンドライブ+』使用時、以下の効果が発動する。

  • BRV威力極大アップ。
  • 奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する。上限は自身の最大BRVの150%分。
  • 最初のHP攻撃時に、対象に4ACTION「雷耐性ダウン」付与。
  • 最後のHP攻撃を除くHP攻撃後、与えた合計HPダメージの20%分自身のBRVをアップする。

加えて、限界突破効果により、以下のパッシブを習得できる。

  • 1回目:シーンドライブバフロング&アタックブーストアップ
    『シーンドライブ』『シーンドライブ+』使用時、自身に付与された強化効果を1ACTION延長する。
    EX+武器「オーバーチュア【XIII】+」またはパッシブ「刹那の剣舞エクステンド」装備時、自身の最大BRVと攻撃力を小アップ。
  • 2回目:女神の騎士バフアビリティアスピルリキャストチャージスタート
    クエスト開始時、自身に以下の効果が発動する。
    • 5ACTION「女神の騎士」付与、
    • 最初の行動時、アビリティの使用回数を消費しない。
    • 最初の行動時、行動負荷がなくなる。
    • 最初の行動時、総ACTION数に加算されない。
      召喚中およびフレンドサポートの残りACTIONは消費される。
    • リキャストゲージが80%溜まる。
  • 3回目:シーンドライブブレイクリセットBRVヒットプラスフォース++
    • 『シーンドライブ』『シーンドライブ+』使用時、以下の効果が発動する。
      • 最初のBRV攻撃前に対象のブレイク状態を解除。
      • 「2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃+2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃+2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃」が、
        「2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃+3HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃+4HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃」に変化し、合計BRV威力も極大アップ。
    • 「ブラスター」付与中、「通常HP攻撃」「HP攻撃+(ブラスター)」が「HP攻撃++(ブラスター)」に変化し、以下の効果が発動する。
      • 自身に自身の攻撃力に依存した量のBRVを加算+近距離物理BRV攻撃+HP攻撃に変化し、「HP攻撃+(ブラスター)」よりもBRV威力小アップ。
      • 奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する。上限は自身の最大BRVの120%分。
      • 自身に付与されている「ブラスター」の段階を1段階アップ。
    • 「アタッカー」付与中、「通常HP攻撃」「HP攻撃+(アタッカー)」が「HP攻撃++(アタッカー)」に変化し、以下の効果が発動する。
      • 自身に自身の攻撃力に依存した量のBRVを加算+2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃に変化し、「HP攻撃+(アタッカー)」よりもBRV威力極大アップ。。
      • 奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する。上限は自身の最大BRVの120%分。
      • 自身に付与されている「アタッカー」の段階を1段階アップ。

最大強化ボーナススフィアは「ブレイクレイジングベースアタック」。スフィアグループはA。
自身が対象をブレイク時、自身の初期BRVと攻撃力が最大5回まで2%アップ。
1回の行動での効果アップは1回のみ。
※同一スフィアの効果は重複しない。

PFF Edit

モーグリセレクションでのライトニング(FF13-2)が持っている事もある
レア7で最大まで強化して力+207、幸運+36、限界突破+3000。
聖属性で、珍しく自前で聖属性強化ができる。

FFRK Edit

「オーバーチュア【XIII】」。FF13共鳴のレア5の
ライトニングのバースト超必殺技「女神の鎮魂歌?」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
Lv20のステータスは攻撃力126、命中95。
FF13イベント「麗しき軍神」で追加された。

メビウスFF Edit

死の女神への鎮魂歌は、新たに生まれる物語の序曲。

戦士系武器の1つ。女神の騎士のスキルパネルの2ndで入手・強化可能。

★数毎の名称と性能は下記。(★4は未強化の値)。

名称HP攻撃ブレイクパワー魔力クリティカルすばやさ防御力
1オーバーチュア-------
2オーバーチュア+200252540%★★★★
3オーバーチュア改300404055%★★★★
4真オーバーチュア400555570%★★★★

オートアビリティとして
・ブレイクダメージアップ+50%
・三連撃エレメントプラス+2
が付いている。