防具/【そよ風のマント】

Last-modified: 2019-12-13 (金) 18:53:50

関連項目:アクセサリ/【そよ風のマント】


FF1(GBA版以降) Edit

モンク/スーパーモンク以外ならば誰でも装備できる
追加ダンジョンでどさどさ手に入るので、
入手したら通常の盾を持てないキャラにあげよう。
守りのマントより防御力は低いが、回避率が上がる。

  • もっとも、実際のところは回避ボーナスは全くないが回避率と無関係に1/3の確率で物理攻撃を強制回避できる特殊効果を持つエルフのマントの方が優れているため、残念ながら回避率目的の場合でもこれの出番は全くなかったりする。
    防御力もエルフのマントの方が高い(これより防御力のある守りのマントよりも高い)。

逃走不可かつ集団で出現するデスエレメンタルが落とすという都合上やたらと溜まる。
しかしエルフのマントはもちろん、守りのマントと比べても優れているとは言い難い防具。
一応、白魔道士の回避率をカンストさせるためには必須である。
実際に攻撃を避ける目的としてはエルフのマントのほうが遙かに優秀だが。

  • 逃走不可だと誤解されがちだけど、実は他の種類の敵と同時に出現した際には普通に逃げることが可能。
    (燃え盛る火の大穴のフィールド風フロアの海でポイズンナーガと一緒に出てきた時に普通に逃走できるのをきちんと確認済み)
    ちなみにウォーターも同様の仕様。
  • 実はデスエレメンタルからのドロップ率は僅か2%と低かったりするのだが、上記の通りデスエレメンタルからは大抵の場合逃走不可能で絶対に倒す必要があることと、1回の戦闘で2~4体で出現しドロップが1体毎に判定される関係で、多くのプレイヤーから割とポンポン入手できる印象を持たれやすい。

上記デスエレメンタルからのドロップ以外には、風の囁く洞穴のB35Fの宝箱から入手する(非ボーナスマップで可)、風の囁く洞穴のB21~29Fが町フロアになった際の道具屋で51000ギルで購入する方法がある。
もっとも、デスエレメンタルのドロップや宝箱からならタダで入手できることに加え、同じ風のささやく洞穴の魔道士の町フロアで守りのマントが20000ギルで、B31~39Fが町フロアになった際の道具屋でエルフのマントが55800ギルで購入可能なので、わざわざこれを購入する意味は全く無いだろう。

  • 購入可能な頃にはもはや余りまくっていると思われる。
  • ちなみに売却しても100ギルにしかならない。
  • これより性能が優れているエルフのマントが風の囁く洞穴より先に挑戦可能になる上に風の囁く洞穴よりもはるかに短く周回もしやすい大地の恵みの祠で(運に左右されるものの)わざわざ購入せずとも入手可能であるため、これの入手可能時期にはドロップ入手・購入云々関係なくそもそも既に不要となっているプレイヤーが多いだろう。
    • 大地の恵みの祠に関してはSoCダンジョンの仕組みを知識で知っていないと、入手が完全な運ゲーになる(こういう知識の有無は、情報を仕入れるプレイヤーにとっては当たり前でも、そうでないプレイヤーも一定数いる)。そのため、そちらの入手をできなかった人がデスエレメンタルからこれを手に入れ、つなぎにしたケースもある程度存在すると思われる。
    • 通常の盾を持てないメンバーの盾欄を埋める事ができるというシチュエーションが、SoCという場所がパーティ強化場所であるという期待を地味ながらも高めてくれる。

FFRK Edit

「そよ風のマント【外伝】」。外伝共鳴のレア5の軽装鎧。
トゥモロのレジェンドマテリア「駆け巡る時」付き装備。
レジェンドマテリアの効果は、
一部を除く自身が使用するステータス低下効果とそれに付随する一部の効果の継続時間が長くなる(効果:小)。
修得ボーナスは攻撃力+10。
Lv20のステータスは攻撃力17、防御力116、魔防116、回避100。
2017/3/8、FFL2コラボイベント「異次元の扉~時を超える絆~」で追加された。

DFFOO Edit

「そよ風のマント【VI】」。☆5の防具。
ガウの専用装備かつ相性装備で、相性性能は「命と破壊の意思」。