Top > わんぱく機関車


わんぱく機関車

Last-modified: 2018-12-04 (火) 23:50:09

640px-TramwayEnginesCover.png640px-TramwayEnginesJapanesecover.jpg

タイトルわんぱく機関車
英語版タイトルTramway Engines
作者ウィルバート・オードリー
挿絵ガンバー&ピーター・エドワーズ
発行1972年10月(英国)
1981年2月(日本)
2010年12月(日本ミニ新装版)
登場キャラクターAトーマスパーシートビーデイジーメイビス
登場キャラクターBアニークララベル無蓋トラクター
登場キャラクターC有蓋トラクター
登場人物A太っちょの局長パーシーの機関士トビーの機関士農夫のサムアノファ採石場の支配人
登場人物Bメイビスの機関士
登場人物C
収録話ゆうれい列車(Ghost Train)
パーシー機関士に聞かされた幽霊列車の話をするが、それはテレビの話で、トーマスから臆病と馬鹿にされてしまう。夜中に石灰を積んだ荷車にぶつかり、真っ白になったパーシー幽霊のふりをしてトーマスを脅かす。
け虫(Woolly Bear)
パーシーは前回の事でトーマスを臆病とからかうがトーマスからまるで赤い線の入った芋虫と言われる。
ディーゼル機関車メイビス(Mavis)
若いディーゼル機関車メイビスは生意気で自分勝手でトビーの言う事を聞かない。仕方無くトビーは一度、メイビスのやり方に任せてみようとする。
トビーのつなわたり(Toby's Tightrope)
メイビスは支配人に説教され落ち込んでいた。そんなある日、メイビスは貨車を嗾けて、トビーの支線へ入り込もうとする。だが、トビーがその貨車を運んで行ってしまったため…。
説明・(番外編を除き)ウィルバート・オードリーが担当した最後の巻、ただし内容的に特に終わりらしいエピソードでもなく、新キャラのメイビスが出てくるなどいつも通り。
・また、エドワーズ夫妻が挿絵を担当した最後の巻でもある。
・この巻以降約10年間原作絵本は1983年迄発行されなかった。
・前書きによると「トーマスが自分の支線の事を書いてくれと、せがむので書いてやった。」とあるのだが、よく読むと彼がメインのエピソードは殆ど無い*1と言う皮肉な内容になっている。
トーマスの支線を中心に、トビーメイビスの師弟関係を描いたエピソードが収録されている。
・原題を直訳すると「路面軌道の機関車たち」(トビーメイビスの事)となり、邦題は大幅に意訳されている。
・2018年現在、日本ではこの巻を以て最終巻となっており、新版などでもこれ以後の巻は翻訳されていない。
・『Woolly Bear』は第11巻についてオードリー牧師が画家のレジナルド・ダルビーに発言した出来事が元に執筆された。
・旧版の絵本は各巻第1ページ目にその巻で活躍する機関車をディフォルメしたようなシルエットが描かれているのだが、この巻のみこれまで一度も出てきた事の無いタンク機関車が描かれている。
・映像化した作品は『第2シーズン(2話のみ)』と『第3シーズン(2話のみ)』。
前巻きえた機関車
次巻Really Useful Engines
参照画像日本語旧版





*1 トーマスの出番がある第1・2話はどちらかと言うと[[パーシーがメイン。