Top > ディーゼル
HTML convert time to 0.061 sec.


ディーゼル

Last-modified: 2018-09-25 (火) 17:22:25

「おはよう!」
原作第13巻のディーゼルTV版第12シーズンのディーゼルTV版長編第14作のディーゼル

名前ディーゼル
英名Diesel
性別
車体番号1(YouTube限定動画「Return of Diesel」のみ)
原作:(車体&運転室)+(バッファー&梯子)+(バッファービーム)
TV:(車体&運転室&バッファー&梯子)+(バッファービーム)※第19シーズンのみ(連結チェーン)
マガジン:薄黒(車体&運転室&梯子)+(バッファー)+(バッファービーム)
車軸配置0-6-0
製造年1952年
来島年1957年6月
所属鉄道イギリス国鉄ノース・ウェスタン鉄道(TV版のみ)
運用・燃料やスクラップの運搬。
・貨車の入れ替え作業。
・一時期だけ、した事がある。
・本人曰く「驚かす事が仕事」らしい。
分類ディーゼル機関車
原作初登場巻第13巻『ダックとディーゼル機関車』第2話「ディーゼル機関車のディーゼル」
原作初台詞「おはよう、ダック。はじめまして…あっ、あれは、あれはジェームスかい?あれはヘンリーだろ?それにあっちはゴードン、違うかい?こんな有名な機関車に会えて、嬉しいなあ。」
TV版初登場シーズン第2シーズンディーゼルがやってきた
※『うみにおちたパーシー』で正式初登場前にカメオ出演している。
TV初台詞「宜しく!」
「俺がどんなに凄腕かトップハム・ハット卿に見せてやる。そしたら蒸気機関車なんてスクラップ行きさ!!」※江川央生さん初台詞(代役)
「トーマスじゃねえか、こんな所で何をしている?」新シリーズ初台詞
「おーい、トントントーマス。ハリーとバートに、悪戯したそうだな。でも、俺には何にも出来ないんだろう?俺には大事な仕事があるんだ~。」ケン・サンダースさん初台詞
「何だ何だ??何してるんだジェームス?大きなピンク色の機関車だな!!ハッハッハー!!」※CGアニメ初台詞
一人称
俺様
僕(原作旧版、第2シーズンディーゼルのわるだくみ』、長編第12作の挿入歌『レイルウェイ・ショーにつれてって』のラストフレーズ)
説明ソドー島にやって来た最初のいクラス08型ディーゼル機関車
・シリーズ初の悪役でもある。
ダックの忠告を聞かずにいたずら貨車達を乱暴に扱い、笑われてしまう
・以来、ダックを恨んで、仕返しにいたずら貨車達ゴードン達の悪口を吹き込み、大嘘をついて、ダック本線から追い出した。然し、ハット卿に信用されず、送り返された
・現実のイギリスでは入替作業用に手頃だった為、多数製造された型であった為か、TV版では彼と同じデザインのディーゼル機関車が沢山登場した*1
・来島直後はトップハム・ハット卿の名前を正しく言えなかった*2
・TV版では第3シーズンまではダックがライバル的存在、第8シーズン以降はトーマスがライバル的存在になっている。
性格・嫌味で自分勝手で高慢で意地悪。
蒸気機関車を悪く貶し、ディーゼル機関車が優秀だと主張する*3。また、自動車に対しても失礼な態度を取る傾向があり、第3シーズン未公開シーンで、トレバーを虐めた事もある*4
・TV版ではやや短気で、少し自惚れ気味な傾向がある。
・根に持ちやすい*5
ゴードンポンコツ呼ばわりする等、やや陰湿な面もある。
デュークファーガスハット卿とは正反対に、規則と規律を軽んじているようで、その事が原因で、エミリーパクストンシドニー揉めた事がある。
・然し、面倒見の良さや局長に対する礼儀も持ち合わせており、学校建築資材を配達する姿をロージー子供達に喜ばれた事もある。
・稀に嫌味を一切言わず、まともに働いている時もある*6
・もうすぐクリスマスなのに、誰かが困っていても手助けしようとしない等、自己中心的な一面もある。
・他人を騙すのが上手い半面、意外と騙されやすい一面がある模様。
・ホラー系の話を語って他の機関車を怖がらせるのが趣味*7
・然し、稀にお化け怪物が苦手で、臆病な一面を見せる時がある*8
・嘘をつくのも得意だが、誰かを傷つけると反省をしたり助けたりする。
・気に入らない事があると、根拠のない悪意のある虚偽の噂を流す癖がある*9
・他人の外見や身嗜みを気にする傾向がある*10
・一部の蒸気機関車悪意のあるあだ名を付けるのが得意*11
・弱みを握られるとおどおどしてしまう。
・実は子供達動物に優しい一面があり、鴨の親子を見た時は猫なで声で話しかけて笑顔で見守る等、動物好きな一面を見せる。
・遠くで鴨の親子が線路を横断しているのが見えて、それをトーマス叫んで注意した事から、視力が冴えている。
・恩を忘れたり、恩を仇で返す時がある*12
ナレーターから「油っぽい」とか「一番面倒」、一部の蒸気機関車達から「意地悪」等と指摘される事が多い反面、汚れ仕事はあまり好きではない様で、ゴミ処理場仕事をするゴードンゴミの貨車牽引するトーマスウィフを嫌そうな目で見ていた。
蒸気機関車だけでなく、貨車達や仲間であるディーゼル機関車を後ろから体当たりをして脅かすのが好き。
・よく蒸気機関車をからかうが、稀に蒸気機関車に親切な面を見せる*13*14
古い物に対して関心や愛着心が無く、捨てられそうな楽器を修理しようとするパーシーを手伝わず、スティーブンオンボロ呼ばわりした。
ヒロハット卿とは正反対に、「意地悪されたからとは言え仕返しはよく無い」と言う考えはなく、「絶対復讐」をモットーとしている*15
「他人の不幸は蜜の味」が座右の銘*16
・自分は日頃の行いが悪い機関車だと自覚しているようで、デイジー不運な目に遭わせた後で「俺と友達になりたくないだろうなぁ…」と独白している。
・女性に優しいフェミニストである意外な面があり、疲労困憊状態になったロージーの代わりに荷物を届けに行き、体調を崩したメイビスヴィカーズタウンディーゼル整備工場に連れて行ってあげたり、自分の悪ふざけの所為でデイジー不運な目に合わせた時はデイジーに素直に謝っている*17
・自称「ビックリ機関車」
・普段暴れてばかりなのか、正しいコミュニケーションのとり方を知らない模様*18
トーマスラスティーステップニーエミリートップハム・ハット卿のお母さんと同様、お花好きな一面があり、ロージーの代理でお花を運ぶ仕事を任された時に、貨車に積まれたお花に見惚れていた。
ハーヴィーヒロとは正反対で、「譲り合いの精神」はないらしい*19
・実は慈悲深い一面があり、密かにヒーローに憧れている*20
・とても博識*21
・普段は蒸気機関車と仕事をするのを嫌がっているが、空港の建設を蒸気機関車と行なった際、「たまには蒸気機関車と仕事をするのも良い。」と語った。
・TV版では珍しい物に興味を持つ一面があり、セレブリティー歓迎式典に参加し、セレブリティーを興味深そうに眺めていた事がある。
・マガジンストーリーでは大きな音が苦手な一面があり、風船の破裂音に困惑していた事がある。
・YouTube限定動画では音楽好きな一面があり、歌手のアリシア・ボッティの送迎を任された*22
原作での経歴・1952年に製造、1957年3月にソドー島へ来島。
ダックヘンリーの事で嘘をつき、送り返された。
・その数年後、再びソドー島へやって来た。トーマスの支線の手伝いをするが、やはり問題を起こし送り返されたが、イギリス本土へ帰る途中、脱線したトーマスアニークララベルを引っ張りあげ助けた。この件がきっかけでトーマスは少しだけ、彼を見直したらしい。
TV版での経歴第3シーズンではもう一度チャンスを貰い、ナップフォード港ダックパーシーを手伝うが、また問題を起こし、イギリス本土へ送り返された。
第4シーズンでは他のディーゼル機関車達と一緒に不気味なディーゼル機関車役としてカメオ出演していた。
第5シーズンでは一度も登場していない。
第6シーズンでは再びソドー島へやって来るが、いたずら貨車達悪戯され*23の上に落ちてしまい、また送り返された。
第7シーズン以降はまたソドー島へやって来て、現在もノース・ウェスタン鉄道に所属している事になっている。また、このシーズンではファーガスに反抗し、騙す目的で精錬所に追い払った
第8シーズンではゴードンの傲慢な態度に激昂し、ゴードンポンコツ呼ばわりした。
第9シーズンではトーマスベンに『呪われた森』と『崖の呪い』という嘘の怪談話を語った。そして、エミリーと一緒にゴードンガラガラ呼ばわりして罵倒した。
第10シーズン以降はとある出来事がきっかけでエミリーを崇拝するようになった*24エミリー自身、この事に関しては満更でもない様子である。
第11シーズンではチーズを運んでいるトーマスの事をハリーバートと共に「ソドー島で1番臭い機関車」と言ってからかうが、バチが当たった。
第17シーズンでは脱線事故を起こした所をエミリーに助けられ、彼女に感謝した。そしてその後、ヒロいじわる貨車達を乱暴に扱った事を咎められ、いじわる貨車達を味方に付けヒロを陥れようと悪巧みを目論んだ。に復讐を果たしてはいるが、巻き添えを受けたエドワードトップハム・ハット卿の付き人鬼の形相で睨まれ、トーマストップハム・ハット卿に説教された。
第18シーズンではパクストンが気に食わず、パクストンを仲間外れにしようとした。然しその後、パクストンと和解して円満な友情を築いた。
第19シーズンから正面連結器の周りがになると同時にヘッドライトが追加された*25*26。また、他の機関車を助けようとしない事を見かねたトーマスエミリーソルティーパクストンらと共に実行した作戦により反省し、自分を助ける為にトーマスが引いてきたロッキーソドーレスキューセンターに戻したり捻挫したトップハム・ハット卿ウルフステッド城まで送ったりした。その後、パーシーを騙して仕事を取り上げた後、古い採石場で動けなくなったを助けようとして自分も動けなくなり、ロッキーによって助けられた*27
第20シーズンでは正面連結器の周りがに戻った。また、ハリーバート再会したり、エミリーを『車体が小さいのに、煙突は長い。』と指摘したり、採石場に行っているトーマスディーゼル整備工場で修理中のデイジーに代わって、アニークララベル牽引を担当した。
第21シーズンでは久々にダックと同じ画面内に映り共演した。そして、自身の悪ふざけが原因で、デイジー不運な目に遭わせてしまい、デイジーに謝罪した。
第22シーズンではロージー体当たりして、彼女を不幸な目に遭わせた。
長編作品での経歴長編第1作第9作では登場しない。
長編第2作で初めて長編シリーズに登場。トーマスの事を『トントン』とか『トンチキ』等と呼んだり*28ペンキだらけにさせたりして、『シマシマシーマス』と呼んだりした*29
長編第3作第4作第11作第13作ではカメオ出演のみ。
長編第5作では、ジョビの木を勝手に運んで、橋から落ちかけ、トップハム・ハット卿に相当怒られた。そしてトーマスを見送った。
長編第6作では、ディーゼル10パーシーディーゼル整備工場に行きたい事を伝えた。
長編第7作ではパクストンからルークの話を聞き、をそそのかした上でルークソドー島から追放すべく暗躍する。
長編第8作では、スティーブンの事を「オンボロ」と呼んで罵った。
長編第12作ではヘンリーよりも力強く、蒸気機関車よりも近代的で新しいという事をトップハム・ハット卿に示して、グレート・レイルウェイ・ショーに行こうと、デンダートパクストンに木箱をかぶせて有蓋貨車に変装させ、貨車を運ぶ時に後ろから押してもらう作戦を立てるが、間違えてトーマスを押してしまい作戦は失敗した。その後、彼らを説教している最中に誤って木箱を被ってしまい、作業員に荷物と間違えられて、そのまま貨物船に乗せられてしまう。
その他の経歴・『Pちゃんのハロートーマス&ジェームス』ではPちゃんと友達になりたい願望を告白した。
・YouTubeの限定動画『Sodor's Finest』では、ハリーバートと共にフライング・スコッツマンを変わった声で騙したが、ヴィカーズタウン橋を壊したので、ハリーバートを別行動させる原因を作ってしまった*30。また、同じアンチスチーム主義のスクラフィーと手を組み、オリバーを監禁し、ソドー島ディーゼル機関車の島に作り変えるため、ボコハリーバートドッヂダートと共に*31どこの鉄道の蒸気機関車にも石炭を使わせないように、精錬所へ石炭を全部捨てに行こうとした*32が、トーマストードヨンバオディーゼル10パクストンフィリップに阻止された。そして、事態収束後は、リキティー共々、筏の上に乗り上げ、川でどこかに流されていった。
・『Sodor's seven』のラストショットで復活し、スクラフィーとの再会を果たす。
・『Return of Diesel』では、イギリス本土に隠れ、ディーゼル10を追い出した後、ディーゼル10と共に本土へ訪れたゴードンスペンサーフライング・スコッツマンヴィニーを拉致した*33。その後、スクラフィーが彼を裏切り、蒸気機関車の味方になった事を知り、スクラフィーを本土から追い出そうとした。
他キャラクターとの関係ダックを目の敵にしており、彼を陥れようと目論んだ*34。後にダックと再会し、また一緒に仕事をしたが、更に険悪な関係になり、それ以降一切関わっていない*35
・同じモデル機であるハリーバートシドニーとは仲が良い。
パクストンは内心嫌っている訳ではないらしいが、排煙をかけたり、計画に強制参加させたり、後ろから不意に追突したりしている。
ノーマンとは一緒に居るシーンは少ないものの、仲が良いらしい。
デンダートとも仲が良く*36、一緒に行動する事も多い。
トーマスとは常に険悪ムードだが、たまに仲良く接する時もある*37
エミリーを崇拝しており、エミリー自身はこの事に関して、満更でもない様子*38
ウィフトーマスと一緒にゴミの貨車牽引する姿を嫌そうな目で見た事がある*39
ロージーとは学校建築資材を配達する姿を彼女に喜ばれたのがきっかけで親しくなった*40。然し、後にロージー体当たりして、不幸な目に遭わせた事がある*41
ソルティーディーゼル10フィリップには頭が上がらないらしい*42
ファーガスの注意にうんざりして、彼を騙した事がある。
ヒロに対しては振る舞い方が気にいらなかったが、正しい貨車の扱い方を教わった事で和解した。
サムソンの失敗を笑った事がある。
ドナルドダグラスオリバーチャーリースクラフポーターボコデニスビッグ・ミッキーベレスフォードスキフとは会話は無いが、面識はある模様*43*44
バッシュダッシュファーディナンドとはトーマスを通じて知り合った。
メイビスとは基本的に親しいが、トビー危ない目に遭わせる様にメイビスに企てたり、メイビスを騙してトーマス1人で石切場仕事をさせて遊びに連れて行った事がある。
エドワードのボディを汚し、エドワード嫌な顔をされた事がある*45*46
トレバーに対して高圧的な態度を取った事がある*47
ヘンリー*48ゴードン*49ジェームス*50からは自身の本性を知られるまでは、3台から褒められ出迎えられていたが、ダックとのトラブル以降は、敵視されている。
デイジーとはメイビスを通じて親しくなったが、デイジー不運な目に遭わせた事がある*51
ハーヴィー脅迫し、喧嘩を売った事がある。
・マガジンストーリーではキャロラインジョージディーゼル261と面識がある。
パーシーとは初めて仕事をした時は険悪な関係に陥った。然し、ダックとは違い仲を深め、パーシーを騙した事を後悔し、水の中から救出しようと試みるなど、険悪関係から良好な関係を築き直している。また、パーシーは彼を郵便配達に誘った事もある。
トビーとはトーマスメイビスを通じて知り合ったが、、人形劇ではトビー石炭ホッパーの所まで突き飛ばし、マガジンストーリーではトビーオンボロ呼ばわりしている。
クランキーに吊り下げられていた頃のルーク「悪い奴」だと思い込み、ミスター・パーシバルに頼んでルークソドー島から追放してもらおうと考えた事がある。
ピーター・サムは彼の最大の天敵で、例の大事件以降、ピーター・サムは彼に対して更に臆病になってしまった。
スカーロイレニアスとはトーマスを通じて知り合ったものの、ルークを虐めたのが原因で、から嫌われるようになってしまった。
・TV版ではライアンに優しく接しているが、YouTube限定動画『The fast and the fizzleboxes』ではライアンを脱線させた。
原作番外編とTV版第21シーズンではアニークララベル助けたが、TV版第20シーズンではデイジー代理で、達を裁いた。
蒸気機関車を邪険に扱いつつも、セレブリティーには興味があったようで、歓迎式典に参加し、セレブリティーを眺めていた事がある。
スタンリーとは操車場仕事を通じて親しくなった。
レベッカを罵倒した事がある。
・ミニミニトーマスのプロモーション映像でディーゼル10と悪事を働こうとするミリーを捕まえた事がある。
バルジーとも仲が良いらしい*52
・YouTube限定動画ではスペンサーと面識があり、トーマススペンサーと共に、悪事を働くディーゼル10の悪事に協力するミリーと戦った。
Pちゃんと会った事がある。
人間関係トップハム・ハット卿から余り信用されていないらしく*53クラシック・シリーズでは3送り返されていた*54
ジェム・コールとは会話は無いが、面識はある模様。
・マガジンストーリーではハット卿夫人と面識がある。
トップハム・ハット卿の付き人嫌な顔をされた事がある。
ソドー島の市長「役に立つ機関車」と褒められた事がある。
手品師とは面識はないが、自分をその人に例えた事がある。
モデルクラス08ディーゼル機関車イギリス国鉄
その他・「はじめてトーマスシリーズ?」では黄色の車輪、2013年に再発売された「テイクンプレイ」の試作品では車輪である。
玩具プラレール/トラックマスター
カプセルプラレール
木製レールシリーズ/ウッド?
バックマン/ホーンビー
トーマスエンジンコレクションシリーズ
トーマスとなかまたち/新トーマスとなかまたち?
アーテル
Take Along/テイクンプレイ/アドベンチャーズ
英国版CVケリー・シェイル第13シーズン-)
米国版CVマイケル・ブランドン第13シーズン-長編第7作
マーティン・シャーマン長編第8作-第18シーズン
ケリー・シェイル第19シーズン-)
日本版CV郷里大輔第2シーズン-第3シーズンPちゃんのハロートーマス&ジェームス第7シーズン-第8シーズン
ケン・サンダース長編第2作-)
代役
江川央生第6シーズン
石原慎一長編第12作(歌唱シーン))
参照画像参照はディーゼル/画像
セレブリティー





*1 ハリーバートドッヂスプラッターシドニーパクストンメインランドのディーゼル機関車ウーリ等。
*2 トップさん』、『トムハムハット卿』。前者に関しては、非常に馴れ馴れしい呼び名である。
*3 これは黎明期のディーゼル機関車の性能の低さに由来している。
*4 然しマガジンストーリーでは一応、キャロラインに優しくしているらしい。
*5 実際、ダックに自身の失敗を笑われた腹いせに『ダックゴードンを吐いた』と周囲に言いふらした。その後、ゴードンの傲慢な態度に激昂してポンコツ呼ばわりした。
*6 ある時貨車の入れ替え数の記録を達成し、トップハム・ハット卿からご褒美に新しいエンジンをもらった。
*7 TV版ではトーマスベンが、マガジンストーリーではボコが、彼が語る恐い話に怯えていた。
*8 実際、塗れのトーマス幽霊と勘違いして、逃走した。また、パーシー怪物扱いされ、激昂していた。そして、トーマスエミリーソルティーに騙されていると気付かずに、幽霊に成りすました怯えていた。
*9 実際、『ダックゴードンを吐いた』と周囲に言いふらしたり、デイジーハーヴィー不仲説を広めてソドー島を混乱の渦に引き込もうとした事がある。
*10 実際、ハーヴィー変わった野郎扱いした。また、エミリーを『車体が小さいのに、煙突は長い。』と批評していた。そして、チーズ塗れのトーマス「臭い」と罵倒した。
*11 ヘンリーに『古ぼけ車輪の四角足(コチコチの堅物野郎)』、ゴードンに『すっ飛びソーセージ(走るソーセージ)』、ジェームスに『赤錆の鉄屑(錆びた鉄屑)』、トーマスに『怖がりの弱虫機関車』等。
*12 実際、脱線事故を起こした所をエミリーに助けてもらったのに、エミリーを『車体は小さいのに、煙突は長い。』と言って罵倒した。
*13 実際、エミリー助けてもらった時は彼女に感謝した。また、パーシー行方不明になった時はの捜索に協力した。そして、を轢き逃げしそうになったトーマス線路が居る事を指摘した。
*14 因みに、ヒロは彼の自分勝手な態度に困惑しつつも、彼を優秀な機関車だと認めている。
*15 実際、貨車達歌のネタにされ笑い者にされた時は彼らを乱暴に扱った。その後、ヒロ貨車の扱い方の件でクレームを付けられ、その腹いせに、が牽引する貨車に体当たりした。
*16 実際ゴードンの車体から怪しい音が聞こえた時、ジェームス塗装をピンクにされた時にを嘲笑っている。
*17 でも、エミリー仕事を横取りして、彼女しつこく追いかけられた。その後、自身の悪ふざけが原因で、ロージー不幸な目に遭わせてしまった。
*18 実際、ケルスソープ駅燃料補給所までパクストン押して行ってもらっても、海に転落した所をハーヴィーに引き上げてもらっても、への感謝は無かった。
*19 実際、エミリーから線路を横取りして、彼女に注意されたが逆ギレした。
*20 実際、石炭を使い果たして困っていたトーマス石炭を届け、アニーに『ヒーロー』と言われ褒められた時は有頂天になっていた。
*21 実際、情報源は不明だが、トーマス落とし穴に落ちた話知っていた
*22 因みに、TV版ではパイプオルガン演奏を聞いても全く興味を持たなかった。
*23 絵本版ではバルストロードの上に落ちた。
*24 だが、第19シーズン最終話ではエミリーに線路を譲らずに割り込んだ事を彼女に注意され、逆ギレしたので、恩を忘れているようである。
*25 以前にも第9シーズンから第12シーズンまでバッファーの左上にランプは装備されていた。
*26 なお、彼と同型のハリーバートには現時点でライトが追加されていない。
*27 パーシーを騙したのは新聞の写真に載ろうとしたからであったが、その願望ロッキーに助けられた事で不本意な形で叶う事になった。
*28 また、なぜかトーマスハリーバートに悪戯を仕掛けたという事を知っていた。
*29 この悪行が原因で蒸気機関車達とディーゼル機関車達との殴り合いが始まった。
*30 厳密に言うと、彼とハリーソドー島側に、バートメインランド側に居た為。
*31 その中の2は強制的に手伝わせた。
*32 これが原因でダックアーサーハンクスカーロイレニアスが立ち往生してしまった…。
*33 それ以前に、彼の手下はヒロを脅かした。
*34 一応、彼のミスを笑ったダックにも責任はあると思うが…。
*35 但し、長編第12作他の機関車達との大合唱が終わる直前に、ダックと一緒に映っているシーンがある。
*36 但し、自分の言いたい事を無視された時には激怒していた。
*37 実際、トーマス別の用事で忙しい時にはロッキーソドーレスキューセンターまで連れ戻したり、アニークララベル貸してもらった
*38 例の出来事から暫くした後、脱線事故を起こした際にエミリーに助けてもらった。然し、ナップフォード駅エミリー線路に割り込んだり、車体を「小さい」・煙突を「長い」と言って罵倒した事がある。
*39 それ以前に、ウィフトーマスに彼の事を聞いていたらしい。
*40 それ以前に、『くらやみとジェームス』で仲良く一緒に走っている場面が存在する。
*41 ビルベンがこの挑発行為に乗った所為で、トーマスロージーが気まずい雰囲気になってしまった。
*42 長編第12作彼の空想シーンでは終始、ハリーバートノーマンシドニーメイビスのみ登場している為。
*43 マガジンストーリーではドナルドダグラスオリバーと会話したり、ボコメイビスと共にエドワードが幹事を務める宴会に出席していた事がある。
*44 デニスとは、採石場集合した。
*45 長編第2作エドワード同じ機関庫を利用した際、エドワードに延々と嫌味を言っていた。
*46 マガジンストーリーには彼がエドワードが幹事を務める宴会に出席するエピソードが存在しており、その時はエドワードと仲良さげな顔を見せていた。
*47 未公開シーンのみ。
*48 但し、ヘンリー例の事件以降、ライバル視するようになり、彼はヘンリーより多くの貨車を引っ張って、トップハム・ハット卿自分の強さをアピールしようとした。
*49 その後、ゴードンポンコツ呼ばわりしたり、ゴードン専用の客車を横取りしようとした事がある。
*50 然し、第8シーズンでは雪景色の中で故障した際にジェームスに助けてもらったり、第14シーズンではジェームス荷物を彼に自慢したり、第20シーズンではジェームスに自分の赤いボディを披露された
*51 一応、デイジーには謝罪したらしい。然しそれ以前に、アニークララベルポンコツ呼ばわりされたデイジーの為に、アニークララベルにお仕置きを実行した。
*52 但し、判明しているのは海外のDVDのみ。
*53 それにも関わらず、ソドー島に連れて来たり、ダックパーシーを手伝う機関車が「彼しかいなかった」と言って連れ戻した事がある。
*54 然し稀にトップハム・ハット卿から信用される時もあり、建築資材の配達を依頼されたり、アニークララベルの牽引を任された事がある。