エースのだいジャンプ

Last-modified: 2022-03-16 (水) 18:10:43

『つまりこういう事か俺は鉄道の人気者達を飛び越える初めてのレーシングカーになる!よ~しやるぞ!』

日本版タイトルエースのだいジャンプ
英米版タイトルAce's Brave Jump
脚本・カミーユ・ユーキャン
・ローズ・ジョンソン
監督・イアン・チェリー
放送日・2020年7月2日(オーストラリア)
・2020年7月5日(ギリシャ)
・2020年9月1日(米国/ラテンアメリカ:Netflix)
・2020年9月18日(英国)
・2020年11月1日(カナダ)
・2020年11月5日(ギリシャ)
・2020年11月11日(ポーランド)
・2020年12月11日 (メキシコ:TV)
・2021年4月25日(日本)
日本話数第571話
第7話(シリーズ内)
英国話数第568話
第10話(シーズン内)
この話の主役エース
シーズン第24シーズン
登場キャラクターAトーマスタミカシェインオーブリーエイデンエースオーストラリアの二階建てバス
(振り返りセグメントのみ:アニークララベル
登場キャラクターB無し
登場キャラクターC無し
登場キャラクターD無し
登場人物Aオーストラリアのアナウンサーオーストラリアの観客オーストラリアの子供達
登場人物B無し
(振り返りエピソードのみ : ジルバンジョー)
登場人物Cトーマスの機関士トーマスの機関助手口笛を提案した男性白髪の男性アルバートの奥様ファッションデザイナーブロンド髪の男の子タミカの機関士
登場人物D無し
登場スポットオーストラリア
アウトバック
キュランダ熱帯雨林
ケアンズ駅
あらすじオーストラリアエースと再会したトーマスは、がスーパースタントラリーで25台の2階建てバスを飛び越えて記録更新を目指していると知る。
・動物を運ぶ仕事をする途中のトーマスは動物を恐れているエースに一緒に走ろうと誘う。
メモ今期唯一のオーストラリアのエピソード。
オーストラリアの二階建てバスが初登場。
・『うんがわるいトーマス』に続いて、他の機関車がカメオ出演しない回でもある。
エース長編第14作タミカ第22シーズンやまかじにきをつけろ』以来、久々の登場*1
トーマスジェームス続いて、空を飛ぶエース*2
シェインオーブリーエイデン、初めてタミカエースと対面する*3。また、タミカも初めてエースと対面する。
アイラが唯一登場しない。
ジルは振り返りエピソードのみの登場。
シェインタミカオーブリーエイデンエースは現時点でこの話以降出番無し。
台詞トーマス「凄く速い車が、凄くカッコ良い技を決めるのを見た事有る?僕は有るよ!オーストラリアで僕の友達がスーパースタントショーに参加した時の事さ!さあ、大冒険に出発進行!!」
ナレーター「『エースのだいジャンプ』と言うお話。僕はオーストラリアの平原アウトバックを走っていた。すると、想像もしてなかった音を耳にしたんだ。」
・(エースのクラクション)
トーマス「あっ!?あれはエースだ!」
・(エースの走行音&BGM)
エース「うわぁ!野生動物だ。こっちに来るな。うわぁ~ぁ~!」
・(着地音&走行音)
エース「うっ!おぉ!わっ!」
・(カンガルーのジャンプ音)
トーマスエース!」
エース「あっ!」
トーマス「大丈夫かい?」
エース「ああトーマス。今、あの間抜けなカンガルー邪魔をしたのを見たか?」
トーマス「子供のカンガルーさんだし君からかなり離れてたよ。」
エース「そうだったけ?」
トーマス「そんなことよりまた君に会えて嬉しいよエース。」
エース「ああ俺も会えてうれしいよトーマス本当にな!最高のタイミングで会えたようだ。実は明日、スーパー・スタントショーがあるんだよ。其処で俺は記録を打ち破る!なんと25台の2階建てのバスを飛び越える技を成功させた。初めてのレーシングカーになるんだぜ!」
オーストラリアの二階建てバス「何だって!?冗談じゃない。」(最初で最後の台詞)
トーマス「うわ~!25台の2階建てバスをピョ~ンと飛び越えるってホントに?ハッ!それって凄い事だよ!」
・(空想とBGM)
トーマス「行くぞ~!ジャ~ンプ!わ~は~い!アハハハ~!!」
エーストーマス!トーマス!トーマス!」
トーマス「あ…あっ、フフヘッごめんエース、今スーパー・スタントショーの事を想像してたんだ。」
エース「うわぁ~!あぁ~!ぁ~うわぁ~!フッハッ。信じられないだろうけどトーマス、実をいうとさ…俺動物が苦手なんだよ。」
トーマス「うん…知ってるよ。」
エース「そうだっけ?動物って目茶苦茶危険だろ!」
トーマス「別に皆が危険な訳じゃない。親しみやすい動物もいるよ。ハッ!そうだ。僕の仕事についてきたらどう?森には可愛い動物が一杯いるんだから!」
エース「え~ダメだ。だって…俺…あぁ~そんな事絶対できない。兎に角無理だ。」
トーマス「行こうよ。沢山競争出来るよ。」
エース「何?まあ競争出来るならいいか。」
・(トーマスの汽笛とエースのタイヤを回転させる音とBGM)
エース「イエ~イ!フ~!エースの勝ちだ!俺はやっぱり他の誰よりも早いレーシングカーだ~!あ~!うっ!うう~っ!はっ!は~!」
トーマス「コアラさんが逃げちゃったのは君の事を怖がっているからだよエース。」
エース「俺が怖いだって?」
トーマス「ああそうだよ。コアラさんを驚かせないように近づけば君だって怖い思いをしなくていいんだ。」
エース「よし分かった。やってみるよ。」
トーマス「じゃあ次はどんな動物に出会えるかな~。うわぁ~見て!エミューさんだ!フッフフ。さあエミューさん達を驚かせないようにしてそ~っとゆっくり…。」&br・エース「うわぁ~!」&br;トーマス「静かにね。」
エース「うわぁ~!あああっ!あ~。今の見ただろ!?もう動物と仲良くなるのはやめだ!」
トーマス「だけどスーパー・スタントショーで記録を破りたいんでしょ?」
エース「そう…だけど…。」
トーマス「ねえ見て!エミューの赤ちゃんだ!ほらそ~っとゆっくりそして…。」
エース「静かに?」
トーマス「そのとおり。向こうからちがづいてもらうんだ。落ち着いてエース、大丈夫だから。」
エース「あっアハハハハ…いいジャンプをするな。」
トーマス「ほらね!怖くない動物だっているでしょ?」
エース「ああそうだなトーマス、もう誰にも俺のジャンプを邪魔させないぞ。」
トーマス「あの…エース。怖がらせる積りはないけど君の屋根に乗っているよ。カエルさんが。」
・カエル「ゲコッ。」
エース「うわぁ~!早く取ってくれ!うわっは~うわっは~は~は~は~ははっあはっアハハッハハハハハッハハハッ!おいくすぐったいぞ。」
エース「やったねエース!これでもう平気だ!」
・(牛の鳴き声)
エース「いい子だ牛君。心配ないからな。」
トーマス「牛さん達だって皆大人しいでしょ?」
エース「ああ動物は怖くないって教えてくれてありがとう。確かになれると可愛いもんだな。よ~し!スーパー・スタントショーの準備はバッチリだぜ~!」
オーストラリアのアナウンサー「観客の皆さんようこそお越しくださいました。お待ちかねのイベントがいよいよ始まります。地元出身のエースが此れから不可能に挑戦します。25台並べられた2階建てバスを華麗に飛び越えて新記録を狙うのです!」(初台詞)
・(トーマスの汽笛)
トーマスエース!君のジャンプを見るのが待ちきれないよ!」
エース「でもジャンプは中止かもしれない!バスが何処にもいないんだよ。これじゃ飛び越える事も出来ない!」
トーマス「そうか飛び越える為のバスがいないのか…。おっ、それじゃあ代わりに機関車を飛び越えるっていうのはどう?僕も手伝うよ!」
タミカ「私も!」(汽笛)(最後の台詞)
シェイン「おいらもだ!」(汽笛)(最後の台詞)
オーブリーエイデン「手伝うよ!」(最後の台詞)
エース「つまりこういう事か俺は鉄道の人気者達を飛び越える初めてのレーシンカーになる!よ~しやるぞ!」
オーストラリアのアナウンサー「皆さんお待たせしました。スーパースターのレーシンカーエースがご覧の通り鉄道の人気者達を飛び越える大ジャンプに挑戦します!」
・(タイヤを回転させる音とBGM)
エース「いっけ~!!」
トーマス「あっ!大変だ…。」
エース「うわっ!」
トーマス「頑張れエース、君なら出来る!」
エース「やったぜ~!」
オーストラリアの観客A「ハハハいいぞ!」(初台詞)
オーストラリアの子供達A「カッコイイ!」(初台詞)
トーマスエースおめでとう!カンガルーさんが出てきても大丈夫だったじゃないか!本当に凄いよ!」
エース「もう動物達は全然怖くないぜ!君が色々教えてくれたおかげだトーマス!」
オーストラリアの子供達B「ウ~!!」
オーストラリアの観客B「フ~!ハハハ…!!」
オーストラリアの観客C「やるじゃない!」
オーストラリアの子供達C「イエ~イ!!」
オーストラリアの子供達Ⅾ「凄いじゃないか!」
オーストラリアの観客D「いいぞエース!」
オーストラリアの観客E「君こそスターだ!」
エース「デ~ハッハ~!アッハハハハハ!くすぐったいって!」(最後の台詞)
振り返りセグメント
トーマス「皆は動物が怖がった事ある?オーストラリアに来たばかりの頃僕は野生の動物に慣れていなくて動物達を怖がらせてしまった。自然保護管のジルさんと機関車のタミカが動物を思いやる心を教えてくれた。そして僕の新しい友達コアラのバンジョーを山火事から救う事が出来たんだ。動物が苦手なエースは動物の方もエースを怖がっている事を知った。エースは静かにゆっくりと近づく事で動物達もすぐに仲良くなってくれたんだ。怖くない動物もいるって事をエースは学んだ。優しさと思いやりを持って接するのが大事なんだ。皆も今度動物に会う時はそうしてみてね!」
クララベル「行きましょうトーマス!!」
アニー「出発の時間よ!」
トーマス「それじゃあまたね!!」
英国版CVトーマス/ナレータージョン・ハスラー
シェインシェイン・ジェイコブソン
タミカローズ・ロビンソン
オーブリージェヌヴィエーヴ・マッカーシー
エイデン/オーストラリアの二階建てバスティム・べイン
アニークララベルテレサ・ギャラガー
エースピーター・アンドレ
オーストラリアのアナウンサーロブ・ラックストロー
米国版CVトーマス/ナレータージョセフ・メイ
シェインシェイン・ジェイコブソン
オーブリージェヌヴィエーヴ・マッカーシー
エイデン/オーストラリアの二階建てバスティム・べイン
アニークララベルテレサ・ギャラガー
タミカローズ・ロビンソン
エースピーター・アンドレ
オーストラリアのアナウンサーロブ・ラックストロー
日本版CVトーマス/ナレーター比嘉久美子
シェイン/オーストラリアのアナウンサー/オーストラリアの観客A.D森田了介*4
タミカ/オーストラリアの観客/オーストラリアの子供達A中井美琴*5
オーブリー/オーストラリアの観客C/オーストラリアの子供達B内山茉莉*6
エイデン/オーストラリアの二階建てバス/オーストラリアの観客E秋吉徹*7
アニークララベル吉岡さくら
エース白石兼斗
オーストラリアの観客/オーストラリアの子供達C山崎依里奈
シリーズ前回
(英語)
うんがわるいトーマスシリーズ前回
(日本)
ちいさなレイルウェイ・ショー
シリーズ次回
(英語)
ニアのキラキラさくせんシリーズ次回
(日本)
エミリーのきんきゅうしゅつどう
振り返ったエピソード第22シーズンやまかじにきをつけろ

*1 エースは短編初登場並びに主役回でもある。
*2 因みに、エースが空を飛ぶのは2回目
*3 それ以前に、前シーズントーマスからタミカを聞いていた。
*4 シェイン以外ノンクレジット。
*5 タミカ以外ノンクレジット。
*6 オーブリー以外ノンクレジット。
*7 エイデン以外ノンクレジット。