ケイトリン

Last-modified: 2021-12-13 (月) 12:13:16

名前ケイトリン
英名Caitlin
性別
製造年1927年
車軸配置4-6-2
所属鉄道ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道イギリス国鉄
運用メインランドから旅客列車を牽いてソドー島とイギリス本土を往復している。
郵便貨車フライング・キッパーに興味を持って、牽引した事がある。
分類蒸気機関車
テンダー機関車
流線型車両
他国の鉄道車両
TV版初登場シーズン長編第8作『きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠
TV版最終登場シーズン第24シーズントーマスとどうぶつきかんしゃ
TV版初台詞「私はケイトリン。ウルフステッド城に行くお客さん達を乗せて、このソドー島に来たの。」
一人称
二人称あなた
説明イギリス本土で働く、アメリカ出身の大型の流線型蒸気機関車の女の子で、コナーとコンビを組んでいる。
・女性のテンダー機関車エミリーモリー以来、3台目*1
トーマスゴードントビーエミリースペンサーフローラコナーシェインホンメイヌール・ジャハーンと同様、専用の客車を所持している。
ヘンリーパーシーに促され、郵便貨車フライング・キッパーを牽引した事がある。
・そしてその事件が原因でソドー島は大混乱になり、ヘンリーパーシートップハム・ハット卿説教された*2
流線型のボディの為、速く走るのは得意だが、前方にバッファーが無い為、押す仕事が出来ない*3
・今の所は怒り顔が見られない*4
性格・非常にハイテンションで活発な性格で、バルジーヒロ同様、待っているのが嫌いで落ち着きは無いが、慈悲深い一面もある*5
・競争する事が大好きで、コナーといつも競争している。
・自由奔放な行動と言動で他の機関車を振り回す事もしばしばだが、乗客からは慕われている*6
チャーリーのジョークに愛想笑いした事から、ジョークはあまり好きでは無い模様。
・意外とおっちょこちょいな一面があり、アニークララベルが後ろに居るのに気付かず、そのまま走り去った事がある。
エミリーチャーリーポーターフィリップと同様、世渡りが上手い為か、トラブルを起こしてもトップハム・ハット卿に説教されける事は無いらしい*7
・騒々しいのが苦手なエドワードマードックとは正反対で、ジェームスハリーバートレッジと同様、騒がしいのが大好き。
「好きこそ物の上手なれ」を心得ている*8
TV版での経歴第17シーズンで短編初登場。
第18シーズンではボルトが緩んでソドー整備工場へ修理に行っている間、チャーリー自分の客車の見張りを頼んだ。
第19シーズンではエミリーとの会話を楽しんだ。また、エミリーは彼女が猛スピードで走る姿に見惚れて『流線型になりたい』と夢を見た。そして、自身がエミリーに『前方にバッファーが無い』と愚痴をこぼした事で、更に友情が深まった。
第20シーズンでは飛行機並みに速く走れるディーゼル気動車驚いた
第21シーズン第24シーズンではカメオ出演のみ。
第22シーズンでは振り返りセグメントのみ登場。
第23シーズンでは本編再登場、トーマス達と共に挿入歌を歌った。
長編作品での経歴長編第8作で初登場。ゴードンスペンサーは彼女が自分達より早く走る姿に驚愕した。
長編第12作ではトーマスが彼女の姿を見たのがきっかけで、流線型になればいいとヒントを貰い、挿入歌『りゅうせんけいになりたい』内でコナー共々、流線型になったトーマスを見て、驚愕した*9
モデルプレジデントクラス蒸気機関車ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道
玩具プラレール/トラックマスター(パーティー仕様)
カプセルプラレール
木製レールシリーズ/ウッド
テイクンプレイ/アドベンチャーズ
英米版CVレベッカ・オマラ長編第8作-第19シーズン長編第12作
ジュール・デ・ヨング第20シーズン長編第15作-第23シーズン
日本版CV吉岡さくら長編第8作-長編第12作長編第15作-第23シーズン
参照画像・参照はケイトリン/画像

*1 原作絵本ではダッチェス・オブ・ハミルトンが初となる。
*2 彼女自身は無傷。
*3 その事でエミリーを羨ましがった事がある。
*4 尚今の所、怒り顔が見られない女性キャラはレディーモリーに続いて3台目。また客車オールド・スローコーチトラックマージを含むと5台目。
*5 実際、エミリー「故障して動きたくても動けないから整備工場まで引いて欲しい」と頼まれた時に承諾している。
*6 実際、彼女が壊れた時に乗客の多くが彼女の事を心配していた。
*7 但し、1回だけ、トップハム・ハット卿に説教された事がある。
*8 実際、フライング・キッパー郵便貨車の仕事を体験してすぐに関心を持った。
*9 実は、トーマスの妄想。