Top > みらいのきかんしゃ


みらいのきかんしゃ

Last-modified: 2019-12-03 (火) 23:39:37

「ありがとう。こんなに温かく迎えてくれてほんとにほんとに嬉しいよ!」
みらいのきかんしゃ

日本版タイトルみらいのきかんしゃ
英語版タイトルEngine of the Future
脚本アンドリュー・ブレナー
放送日・2017年1月29日*1(日本)
・2017年3月29日(米国)
・2017年7月26日(英国)
・2017年10月11日(ドイツ)
・2017年10月23日(カナダ)
・2018年1月22日(ハンガリー)
・2018年1月27日(ニュージーランド)
・2018年2月21日(オーストラリア)
・2018年3月29日(米国)
日本話数第479話
第13話(シーズン内)
英国話数第489話
第23話(シーズン内)
この話の主役ヒューゴ
シーズン第20シーズン
登場キャラクターAトーマスエドワードヘンリーゴードンジェームスパーシーエミリースティーブンケイトリンフィリップヒューゴサー・ハンデルダンカン
登場キャラクターBノベルティーサン・パリール*2馬と客車
登場キャラクターCノーマンミリー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿トップハム・ハット卿のお母さんボックスフォード公爵ボックスフォード公爵婦人ソドー島の市長ノランビー伯爵ほっそり牧師フランツナップフォード駅長カレン卿ミスター・パーシバルハット卿夫人スティーブン・ハットブリジット・ハット
登場人物Bトーマスの機関士トーマスの機関助手パーシーの機関士パーシーの機関助手スティーブンの機関士スティーブンの機関助手
登場人物C先生茶色いハンチング帽の男性野鳥観察者大きな帽子を被った女性
登場人物D無し
登場スポットナップフォード駅
マロン駅
ヴィカーズタウン橋
クロバンズ・ゲート駅
ティッドマス機関庫
ウルフステッド城
ウルフステッド・キャッスル駅
ヴィカーズタウン駅(言及のみ)
ウェルズワーズ屑鉄置き場(間接的に言及のみ)
あらすじソドー島プロペラを回転させて走るツェッペリン形機関車のヒューゴがやってきた。
機関車達は変わった見た目のヒューゴの事で大騒ぎになるも、自分達の仕事が無くなる事を心配して皆揃ってに冷たい態度を執り出す。
メモヒューゴフランツ、初登場*3
・タイトルに「◯◯◯のきかんしゃ」と付くのは第19シーズンなぞのきかんしゃジェフリー』以来となる。
ケイトリンが登場してコナーが登場しない最初の回。
ヒューゴウルフステッド城に到着するシーンでリヒャルト・シュトラウス作曲の交響詩、「ツァラトゥストラはこう語った」の導入部分に似た曲が流れる。
・また、トーマスウルフステッド城に向けてナップフォード駅を出発するシーンで、「ジェームスのテーマ」のアレンジが流れる。
スティーブンの回想シーンは長編第8作の回想シーンの使い回し*4
ハット卿夫人第17シーズンアフタヌーンティーきゅうこう』以来久々の台詞有りでの登場。
ノーマンミリーはカメオ出演での登場。
・これまで、散々自分の運用を取られたにも関わらず、「誰も俺様の代わりにはならん」と言うゴードン
今シーズンの日本版のダンカンの声は金光宣明さん、英米版のケイトリンの声はジュール・デ・ヨングさんが代役で担当している*5*6
・この話のサー・ハンデル第4シーズンからかわれたピーター・サム』以来終始笑わなかった。
ジェームス第11シーズンなまいきなビリー』以来赤い急行客車を牽引する。
・何の用事も無いのにウルフステッド城へ行くフィリップ
・来島早々、パーシー以外のレギュラーメンバー達に総スカンをくらうヒューゴ
ヘンリーの言っている『スクラップ置き場』とはレッジの働いている『ウェルズワーズ屑鉄置き場』の事だと思われる。
ヒューゴの窓が重なっている*7
ダンカン、現時点でこの回以降、台詞無し*8
・この話は第6シーズンハーヴィーのはつしごと』と第10シーズンエドワードのしっぱい』に似ている。
・後に第22シーズンの『ずっといつまでも』の振り返り映像で使い回される。
台詞ナレーター「ある日…。何だか奇妙な物が猛スピードでヴィカーズタウン橋を渡り、ソドー島へとやって来た。」
ダンカン「今のは機関車かい!?」
サー・ハンデル「分からないよ。あー、多分飛行機じゃないかな~....翼は無いけど。」
ゴードン「えっ?」
ケイトリン「ハッ!」
トップハム・ハット卿「うわっ!今のは何だ?あっ帽子が無いぞ!」
・雄牛「モゥ~」
スティーブン「おっ!」
ノランビー伯爵「ワオ!これは驚いたな。こんにちは、君の名前は何と言うんだね?」
ヒューゴ「はじめまして、ツェッペリン型機関車のヒューゴと言います。運転手ノランビー伯爵のお友達です。」(初台詞)
ノランビー伯爵フランツ!」
フランツ「いやいや、いやいや…。どうも、どうも、どうも。」(初台詞)
ノランビー伯爵「いや~びっくりしたよ。」
フランツ「久しぶりロバート。是非ともヒューゴを紹介したかったんだ。君は変わった機関車が大好きだからね。」
ヒューゴ「ディーゼルエンジンですが、車輪ではなく後ろのプロペラを回して走ります。」
ノランビー伯爵「あ~、確かに見た目は素晴らしいなフランツ。でも、ちゃんとした感想を伝える為にも、まず、乗り心地を試させて貰おうかな?。」
フランツ「あ~そうだな。もちろん構わないよ。さあさあ乗ってくれ!」(最後の台詞)
ナレーター「新しい機関車のヒューゴの噂はすぐソドー島のあちこちに広まった。」
ジェームスヒューゴの見た目は全然機関車っぽくないんだってさ。」
パーシー「らしいね。プロペラが付いてるんでしょ。」
フィリップ「プロペラ?」
パーシー「まだお城に居るのかな?」
フィリップ「お城だって?」(汽笛)
トップハム・ハット卿「やあトーマスウルフステッド城まで乗せて行ってくれ。次の仕事まで少し時間があるだろう。」
トーマス「分かりました。お任せて下さい!」
トップハム・ハット卿「どうやら噂ではそこに凄い機関車が来ているらしい、ハハハ。ソドー鉄道をもっと発展させる新しいアイデアが浮かぶかも知れないぞ。」
ジェームス「鉄道を発展させるだって?一体全体何を考えているのかな?」
パーシー「う~ん僕分かんない。そう言えばお城に運ばなきゃ行けない貨車があったはず!」
ジェームス「一緒にお客さんを連れて行って喜んで貰おうっと。」
フィリップ「あっ、じゃあ僕ちゃんも行くよ!仕事は無いけどね。ハハハッ!」
トップハム・ハット卿「オッ?これは驚いた!」
ノランビー伯爵「きっと気に入りますよトップハム・ハット卿ヒューゴは本当に素晴らしい機関車だ。」
トーマス「ワハハッわ~!本当にすごいね!」
スティーブントーマスあのヒューゴって子は正しく未来の機関車だよ。」
ジェームス「わ~!随分とカッコいいじゃないか!」
パーシー「えっ、今のがそう?」
フィリップ「えっ?、誰かいたの?あ~見てなかった。あ~あ、見逃しちゃったよ。」
トーマスヒューゴ鉄道を発展させる為に来たのかな?」
スティーブン「そうだ。これからは彼みたいなタイプが鉄道の主役になるだろうね。私はこの目で見て来たよ。最初は馬が貨車や客車を牽いていた。そして次に蒸気機関車が登場したんだ。しばらく彼らが主役だったが、その後ディーゼル機関車が活躍し始めた。そして今ヒューゴがやって来て、その立場を取って代わるだろうね、もう一度ね。」
トップハム・ハット卿「うん、凄いスピードなのに揺れが少ない、乗り心地も最高だな。」
ナレーター「その日の夜、ティッドマス機関庫ではトーマス達が話をしていた。」
トーマス「僕達はヒューゴを見たいな機関車に取って代われちゃうって。」
エミリー「そんなの絶対に嫌だわ。私今の仕事が大好きだもの。」
エドワード「僕もだよ。別の場所で働くなんて考えられない!」
ヘンリー「きっと、スクラップ置き場に送られるんだ!」
ゴードン「誰も俺様の代わりになんかならんぞ!」
ヒューゴ「こんばんは!この機関庫に僕が休めるスペースはあるかな?」
ゴードン「ふん!無いね!残念だなココは満員だよ!」
ジェームス「そうだよ!ここは蒸気機関車専用だしね!」
ヒューゴ「えっ…。」
パーシー「待ってよヒューゴ。これから郵便配達に行くんだ。僕の所を使っていいよ。」
ゴードン「いや駄目だパーシー!こいつは仕事を奪おうとしてるんだぞ!」
ヒューゴ「分かったよ。僕の事は気にしないで、どこか別の場所で休むから。」
ナレーター「こうしてヒューゴは朝まで操車場で過ごした。他のみんなは相変わらず彼に冷たい態度をとり続けた。」
ヒューゴ「ねぇ、どうして皆僕に冷たくするんだい?」
トーマス「仕事を奪おうとしているからだよ。」
ヒューゴ「それは誤解だよ。僕は別に仕事を奪いに来たわけじゃない。」
トーマス「でも君は速くて最新式じゃないか。」
パーシー「それに君は何でも出来るって聞いたよ。」
ヒューゴ「はぁぁ....それも間違いだってば!僕には連結器が付いてなくて、貨車や客車は牽けないからね...」
トーマス「えっ、ええっ!?」
パーシー「ええっ...?」
ヒューゴ「駅に止まる時も、危なく無い様に凄く気をつけてるんだけど、『プロペラがあると危険だ!』って皆僕の事を嫌がるんだ...。」
パーシートーマスヒューゴを傷つけちゃった。このままじゃいけないよね。何とかしなくちゃ。」
トーマス「だけど、傷つけたのは僕達だけじゃないよ。」
パーシー「じゃあ皆でヒューゴを元気つけなきゃね!」
トップハム・ハット卿「あ~、おはようヒューゴ。今朝の調子はどうだい?」
ヒューゴ「僕なら快調ですよ。」
トップハム・ハット卿「今日はとても大切なお客さん達が来ているんだ。皆君に乗ってヴィカーズタウンに行くのを楽しみにしているぞ。」
ナレーターヒューゴは一日中走り続けた。乗って居た人達は皆喜んでいる。」
トップハム・ハット卿のお母さん「オホホホ!まるで空を飛んでいるみたいね。」
ボックスフォード公爵婦人「ええ、本当に楽しみですね。」
ナレーター「でもヒューゴは寂しかった。機関車達に冷たくされていたからだ。夕方になりナップフォード駅に戻ると吃驚する出来事がヒューゴを待っていた。」
・機関車達「イェ~イ!凄いぞヒューゴ!」
トップハム・ハット卿「一体どうしたんだ。パーティーでも有るのかね?」
トーマス「そうなんです。歓迎パーティーですよ。ヒューゴのです!」
パーシー「君に冷たくしてほんとごめんねヒューゴ。今夜は僕達の機関庫で一緒に休んでよ。」
ジェームスヒューゴを歓迎して汽笛を鳴らそう。そ~れ!(汽笛)そ~れ!(汽笛)あっそ~れ!」(汽笛と警笛)
フィリップ「イェーイ!」
乗客達「イェ~イ!」
ヒューゴ「有り難う。こんなに温かく迎えてくれてほんとにほんとに嬉しいよ!ハハッハハハハハッ!」
ナレーター「その夜、広いティッドマス機関庫で新しい友達のヒューゴと一緒に過ごせて皆はとても幸せな気分だった。」
英国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョン・ハスラー
エドワード/ヘンリー/ゴードン/ジェームス/サー・ハンデル/トップハム・ハット卿/トップハム・ハット卿のお母さん/カレン卿/ミスター・パーシバル/フランツ/ナップフォード駅長キース・ウィッカム
パーシーナイジェル・ピルキントン
エミリー/ハット卿夫人/スティーブン・ハット/ボックスフォード公爵婦人テレサ・ギャラガー
スティーブンボブ・ゴルディング
ケイトリンジュール・デ・ヨング
フィリップラスムス・ハーディカー
ヒューゴ/ほっそり牧師ロブ・ラックストロー
ダンカントム・ストートン
ボックスフォード公爵マット・ウィルキンソン*9
ソドー島の市長デヴィッド・ベデラ*10
ノランビー伯爵マイク・グレイディ
米国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョセフ・メイ
エドワード/ボックスフォード公爵ウィリアム・ホープ
ヘンリー/ゴードン/ミスター・パーシバルケリー・シェイル
ジェームス/ヒューゴ/ほっそり牧師ロブ・ラックストロー
パーシークリストファー・ラグランド
エミリー/ケイトリン/ハット卿夫人/ボックスフォード公爵婦人ジュール・デ・ヨング
スティーブンボブ・ゴルディング
フィリップラスムス・ハーディカー
サー・ハンデル/トップハム・ハット卿/トップハム・ハット卿のお母さん/カレン卿/フランツ/ナップフォード駅長キース・ウィッカム
ダンカントム・ストートン
スティーブン・ハット/ブリジット・ハットテレサ・ギャラガー
ソドー島の市長デヴィッド・ベデラ*11
ノランビー伯爵マイク・グレイディ
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
エドワード佐々木望
ヘンリー金丸淳一
ゴードン三宅健太
ジェームス/ほっそり牧師*12江原正士
パーシー神代知衣
エミリー/ボックスフォード公爵婦人*13山崎依里奈
スティーブン/ダンカン/ソドー島の市長/ナップフォード駅長/カレン卿金光宣明*14
ケイトリン/ハット卿夫人/ブリジット・ハット吉岡さくら*15
フィリップ小林大紀
ヒューゴ小田柿悠太
サー・ハンデル/ボックスフォード公爵/ミスター・パーシバル/フランツ樫井笙人*16
トップハム・ハット卿田中完
スティーブン・ハット*17/トップハム・ハット卿のお母さん根本圭子
ノランビー伯爵鈴木清信
シリーズ前回
(英語)
おそろしいようかいシリーズ前回
(日本)
ドナルドとダグラスはふたご
シリーズ次回ヒューゴとひこうせん





*1 当初は1月22日放送予定だったが、全豪オープンテニス中継により休止となった為、1週繰り下げとなった。
*2 蒸気機関車』と呼ばれるのみ
*3 当初は第21シーズンのエピソードとして公開される予定だった。
*4 この歴史を紹介する演出はテレビでは初。
*5 それに伴い、金光宣明さんは5役、樫井笙人さんは4役、山崎依里奈さんは今回は2役。
*6 また、金光宣明さんのダンカンの声は初代ダンカンの声に似ている。
*7 CGミス
*8 第22シーズンCounting on Nia』まで出番無し。
*9 ノンクレジット
*10 ノンクレジット
*11 ノンクレジット
*12 ノンクレジット
*13 ノンクレジット
*14 スティーブン以外ノンクレジット
*15 ケイトリン以外ノンクレジット
*16 サー・ハンデル以外ノンクレジット
*17 ノンクレジット