Top > トーマスのさいなん


トーマスのさいなん

Last-modified: 2020-01-13 (月) 23:20:56

「エドワードの貨車を運んで来たんです。」
トーマスのさいなん

日本版タイトルトーマスのさいなん
英語版タイトルThomas and the Trucks/Trouble for Thomas
脚本ウィルバート・オードリー
放送日・1984年10月23日(英国)
・1987年4月13日(オーストラリア)
・1989年2月12日(米国)
・1990年5月8日(日本)
・1993年12月26日(ジョージ・カーリン版米国)
・2000年4月5日(ドイツ)
・2008年1月3日(ハンガリー)
シーズン第1シーズン
この話の主役トーマス
機関車紹介トーマスエドワード
話数第6話
登場キャラクターAトーマスエドワードいたずら貨車・いじわる貨車石炭の貨車)、GWRの有蓋貨車
登場キャラクターBゴードン
登場キャラクターCジェームスヘンリークララベル
(英国版のみ:ゴードン
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿トーマスの機関士
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人トーマスの車掌トーマスの機関助手ヘンリーの整備員ティッドマス機関庫の作業員
登場人物Cマロン駅長マロン駅の駅員マロン操車場の作業員エドワードの機関士エドワードの機関助手ヘンリーの機関士ヘンリーの機関助手ジェームスの機関士ジェームスの機関助手ゴードンの機関士ゴードンの機関助手
登場キャラクターD無し
登場スポットティッドマス機関庫
ティッドマス機関庫の転車台
ナップフォード駅
ナップフォード待避線
ヘンリーのトンネル
山羊の野原
高架橋(未公開シーン)
ゴードンの丘
エルスブリッジ駅
マロン駅信号の線路
マロン駅
マロン操車場
テーマ・貨車を牽いているトーマス
・疲れたトーマス
あらすじ客車の入れ替えに飽きたトーマスは、エドワードとお互いの仕事を入れ替えた。だが、エドワードの忠告を忘れたトーマス貨車達に突き飛ばされてしまい…。
対応原作・第2巻『機関車トーマス』-3「トーマスと貨車」
メモ前回の不満を仲間にぶつけるトーマス
・冒頭のシーンは『エドワードのおてがら』の使い回し映像。
トーマス、初めて貨車を牽引する。
トーマスの出発時、画面左に一台の客車が映っている。
・後にジェームス、今回のトーマスと同様、ゴードンの丘貨車達に突き飛ばされる。
貨車の編成がコロコロ変わる。
第18シーズンの『いしきりばのトーマス』にも、この話と似たようなシーンがある。
トーマスエルスブリッジ駅を高速通過する際、スタッフの指らしき何かが映り込む。
エドワード、初めて怒り顔を披露する。
・未公開シーンとして、トーマス山羊の野原高架橋を通過するシーン*1、信号で停車しているトーマスの横をジェームスが通り過ぎるシーンが存在する。
・リマスター版では、トーマスゴードンの丘を下る場面で貨車達が押したり引いたりする速度がオリジナル版と比べて遅くなっている*2
・『走る』を『歩く』と擬人化して表現するトーマス
・この回の撮影をしているカメラマンを写したメイキング画像が存在する*3
・この話のヘンリージェームスは『エドワードのおてがら』、ゴードン前回に続いて終始走っていない。
・この回で学べるのは「油断大敵」と言う事。
原作との相違点・原作ではトーマスの牽く貨車は有蓋貨車を先頭にしている。
・原作では前回に続いてヘンリーがまだ病気のままになっている。
・TV版ではトーマスの勤務先が東岸終点のヴィカーズタウン駅から西岸ターミナル駅のナップフォード駅に変更された関係で、トーマスが辿ったルートが変わっている。
・原作ではヴィカーズタウン駅を出発し、橋を渡り、バラフーのトンネルを通過、マロン駅側からゴードンの丘を越えウェルズワーズ操車場に突入する。一方、TV版では逆回りのナップフォード駅を出発、ヘンリーのトンネルを通りエルスブリッジ駅を通過、ウェルズワーズ駅側からゴードンの丘を越え、小さな橋を渡り、マロン駅に突入…という流れ。途中でヘンリーのトンネルを通過するのは、この設定変更の名残。
リメイク版との相違点・このエピソードは『きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語』でリメイクされた。
・リメイク版は貨車の編成が異なる*4
・リメイク版ではトンネルを通過する場面が省略され、代わりにソドー吊り橋を渡る。TV版のナップフォード駅起点ルートではバラフーのトンネルを経由しないので、それに合わせての変更と思われる。
・CGリメイク版にはゴードンの丘の頂上で貨車達が追突する場面がない。
ヘンリーとすれ違うシーンが追加される。しかしその後のシーンは、トーマスに貨車について勉強するように諭すトップハム・ハット卿でなく、トップハム・ハット卿から説教を受けるトーマスエドワードである*5
台詞ナレータータンク機関車トーマスは、毎晩文句を言っている。おかげで、他の機関車は眠る事も出来ない。」
トーマス客車を押して歩くのはもううんざりだ!」
ナレーター「でも、誰も相手にしなかった。トーマスはチビでお喋りなのだ。ある晩、エドワード機関庫に戻って来た。エドワードは親切なので、トーマスを気の毒に思っていた。」
エドワード「明日、僕は貨車を届ける仕事があるんだけど、もし君がやるんなら、代わりに僕が客車を押すよ。」
トーマス「有り難う!楽しみだなぁ。」
ナレーター「次の朝、エドワードトーマス機関士に仕事の交換を頼んだ。許しが出ると、トーマスは大喜びで貨車を探しに出かけた。貨車は、分からず屋で喧しい。仕事をそっちのけで、お喋りばかりしている。それに、親しくない機関車には、悪戯をするという悪い癖がある。エドワードはそれをよく知っているので、トーマスに気を付けるよう注意した。だけど、興奮しているトーマスは、それどころでは無い。連結器が繋がった。信号が点く。」
トーマス「準備完了!出発ー!」
ナレーター「ところが、貨車達の準備が出来ていなかった。」
貨車A「ああっ!待ってよ、トーマス、待てったら!」
トーマス「来いよ!さぁ、走れ走れー!」
GWRの有蓋貨車「分かったよ、騒ぐなよ!分かったってば!」(初台詞)
ナレーター貨車達は面白くない。トーマスはどんどんスピードを上げて行く。汽笛を鳴らして、トンネルを通過した。」
トーマス「急げ急げ急げぇー!」
ナレータートーマスは嬉しくてたまらない。でも、貨車達はカンカンに怒っていた。トーマスのスピードが落ちた。前にゴードンが立ち往生した、あの丘に近付いたのだ。」
トーマスの機関士「頑張れよトーマス!落ち着いて!」
ナレーター「今度は下り坂だ。トーマスは、ブレーキを掛け始めた。」
トーマス「止まるぞ!止まるぞぉー!」
貨車A「嫌だよ!!停まるもんか!」
ナレーター貨車達は、ドシンドシンとぶつかり合った。」
貨車B「進め、進めぇー!」
ナレータートーマスは、貨車達に押されて、を下る。後ろで貨車達が、ガタガタ揺れながら大笑いしている。トーマスは、必死で止まろうとする。」
トーマス「押すな!押すなったら!」
ナレーター「でも、貨車達はお構い無しだ。」
貨車A「行けぇっ、行くんだ!」
トーマス「あああっ、だ!どうしよう…。」
ナレータートーマスを通過し、待避線の方に入ってしまった。」
トーマス「お願いっ、止まってよぉぉぉっ!!」
ナレーター「…目を開けて見ると、列車は車止めの前で止まっていた。誰かがやって来た。トップハム・ハット卿だ。」
トップハム・ハット卿トーマスここで何をやってるんだ?!」
トーマスエドワード貨車を運んで来たんです…。」
トップハム・ハット卿「凄いスピードだったじゃないか?」
トーマス「すみません、貨車に押されちゃった物ですから…。」
トップハム・ハット卿「お前は貨車について勉強せんといかんなぁ…。2、3週間も行ったり来たりすれば、エドワードの様に貨車の事がちゃんと分かるようになる!!そうすれば、お前も一人前の機関車だ!!」
トーマス「は~い…。」
英国版CVナレーター/他:リンゴ・スター
米国版CVナレーター/他:リンゴ・スター/ジョージ・カーリン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
エドワード高戸靖広
貨車A塩屋浩三
貨車B/GWRの有蓋貨車里内信夫
トップハム・ハット卿宮内幸平
トーマスの機関士田中亮一
シリーズ前回トーマスのしっぱい
シリーズ次回ジェームスのだっせん
原作前回トーマスの列車
原作次回トーマスときゅうえん列車
参照画像トーマスのさいなん/未公開シーン
トーマスのさいなん/リメイク画像





*1 編成は大きく異なっている。
*2 その為、場面が切り替わる際にオリジナル版ではブレーキ車まで映っていたが、リマスター版では編成の途中までしか映らなくなった。
*3 トーマスの機関室と思われる。
*4 SE&CRのディアグラム960PMV(ボギー車)と有蓋貨車が繋がれておらず、積んでいる物も異なっている。また、カーブで貨車から荷物が落ちるシーンが追加される。
*5 その際、歌「やっかいなかしゃたち!」のリメイクバージョンがBGMとして流れる。