トーマスのさいなん

Last-modified: 2023-08-31 (木) 23:05:39

「停まるぞ!停まるぞ~!」
トーマスのさいなん

日本語版タイトルトーマスのさいなん
英語版タイトルThomas and the Trucks/Trouble for Thomas
脚本ウィルバート・オードリー
放送日・1984年10月23日(英国)
・1987年4月13日(オーストラリア)
・1989年2月12日(米国)
・1990年10月19日(日本)
・1993年12月26日(ジョージ・カーリン版米国)
・2000年4月5日(ドイツ)
・2008年1月3日(ハンガリー)
シーズン第1シーズン
この話の主役トーマス
機関車紹介トーマスエドワード
話数第6話
登場キャラクターAトーマスエドワードいたずら貨車・いじわる貨車石炭の貨車)、GWRの有蓋貨車
登場キャラクターBゴードン
登場キャラクターCヘンリー
(英国版のみ:ゴードン
(正式初登場前:ジェームス
登場人物Aトップハム・ハット卿トーマスの機関士
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人トーマスの車掌トーマスの機関助手ヘンリーの整備員ティッドマス機関庫の作業員
登場人物Cマロン駅長マロン駅の駅員マロン操車場の作業員?エドワードの機関士エドワードの機関助手ヘンリーの機関士ヘンリーの機関助手ジェームスの機関士ジェームスの機関助手ゴードンの機関士ゴードンの機関助手
登場キャラクターD無し
登場スポットティッドマス機関庫
ティッドマス機関庫の転車台
ナップフォード駅
ナップフォード待避線
ヘンリーのトンネル
山羊の野原
ゴードンの丘
エルスブリッジ駅
マロン信号機の線路
マロン駅
マロン操車場
高架橋(未公開シーン)
あらすじ客車の入れ替えに飽きたトーマスは、エドワードとお互いの仕事を入れ替えた。だが、エドワードの忠告を忘れたトーマス貨車達に突き飛ばされてしまい…。
対応原作・第2巻『機関車トーマス』-3「トーマスと貨車」
メモ貨車の編成がコロコロ変わる。
トーマスエルスブリッジ駅を高速通過する際、スタッフの指らしき何かが映り込む。
・リマスター版では、トーマスゴードンの丘を下る場面で貨車達が押したり引いたりする速度がオリジナル版と比べて遅くなっている*1
原作との相違点・原作ではトーマスの牽く貨車は有蓋貨車を先頭にしている。
・原作では前回に続いてヘンリーがまだ病気のままになっている。
・TV版ではトーマスの勤務先が東岸終点のヴィカーズタウン駅から西岸ターミナル駅のナップフォード駅に変更された関係で、トーマスが辿ったルートが変わっている。
・原作ではヴィカーズタウン駅を出発し、橋を渡り、バラフーのトンネルを通過、マロン駅側からゴードンの丘を越えウェルスワース操車場に突入する。一方、TV版では逆回りのナップフォード駅を出発、ヘンリーのトンネルを通りエルスブリッジ駅を通過、ウェルスワース駅側からゴードンの丘を越え、小さな橋を渡り、マロン駅に突入…という流れ。途中でヘンリーのトンネルを通過するのは、この設定変更の名残。
リメイク版との相違点・このエピソードは『きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語』でリメイクされた。
・リメイク版は貨車の編成が異なる*2
・リメイク版ではトンネルを通過する場面が省略され、代わりにソドー吊り橋を渡る。TV版のナップフォード駅起点ルートではバラフーのトンネルを経由しないので、それに合わせての変更と思われる。
・CGリメイク版にはゴードンの丘の頂上で貨車達が追突する場面がない。
ヘンリーとすれ違うシーンが追加される。しかしその後のシーンは、トーマスに貨車について勉強するように諭すトップハム・ハット卿でなく、トップハム・ハット卿に説教されるトーマスエドワードである*3
英国版CVナレーターリンゴ・スター
米国版CVナレーターリンゴ・スター/ジョージ・カーリン
日本語版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
エドワード高戸靖広
貨車A塩屋浩三
貨車B/GWRの有蓋貨車里内信夫
トップハム・ハット卿宮内幸平
トーマスの機関士田中亮一
シリーズ前回トーマスのしっぱい
シリーズ次回ジェームスのだっせん
原作前回トーマスの列車
原作次回トーマスときゅうえん列車

*1 その為、場面が切り替わる際にオリジナル版ではブレーキ車まで映っていたが、リマスター版では編成の途中までしか映らなくなった。
*2 SE&CRのディアグラム960PMV(ボギー車)と有蓋貨車が繋がれておらず、積んでいる物も異なっている。また、カーブで貨車から荷物が落ちるシーンが追加される。
*3 その際、歌「やっかいなかしゃたち!」のリメイクバージョンがBGMとして流れる。