ドライオー駅

Last-modified: 2020-03-07 (土) 13:45:04

原作第39巻のドライオー駅TV版第1シーズンのドライオー駅TV版第23シーズンのドライオー駅

名前ドライオー駅
英名Dryaw Station
鉄道ティッドマス・ナップフォード・アンド・エルスブリッジ軽便鉄道ノース・ウェスタン鉄道
支線トーマスの支線
原作初登場巻第39巻『Thomas and the Fat Controller's Engines』第3話『Rabbits』
※言及は第36巻『Thomas Comes Home』第4話『Thomas Comes Home』
TV版初登場シーズン第1シーズンジェームスのあやまち
説明トーマスの支線の駅。
・近くに飛行場と格納庫がある*1が、ソドー空港ソドーレスキューセンターが建築された後、第17シーズンから飛行場が無くなり、格納庫のみとなった。
・また、ドライオー貨物駅もあり、ナップフォード・ハーバー駅トリレック駅の間にある。
・近くにサッカー場がある*2
・そして、TV版第19シーズンでは原作第39巻を意識したのか、ホーム中央に階段が追加された。
第5シーズンでは、駅舎がマイナーズ・ホルト駅として使われた。
第8シーズンエミリーは、この駅付近でトレバー暴言を浴びせ作業員から後ろ指をさされていた。
第18シーズンではトーマス身勝手な乗客は乗せたくないを理由に乗車拒否を敢行しようとしたが、失敗に終わり、大きな帽子を被った女性に盛大に怒鳴られた。
第21シーズンからバス停の標識が設置された。
カーネルはこの駅で働いている模様。
施設・設備
その他・『トーマスとパーシーのわくわくライド』では、2015年7月25日のリニューアル後、ティッドマス・ホルト駅からこの駅になった。
玩具プラレール
アーテル
前ルートナップフォード駅
次ルートドライオー貨物駅

*1 但し、ハロルドが原作絵本と人形劇時代で働いていた飛行場とは別。
*2 以前はスピンオフ作品のみの登場で、第18シーズンまでは森林が在ったが、第19シーズンで短編シリーズに初登場した。