Top > ハロウィン


ハロウィン

Last-modified: 2019-11-03 (日) 15:35:13

ハロウィン

日本版タイトルハロウィン
英語版タイトルHalloween
脚本デーブ・インガム
放送日・2004年10月10日(英国)
・2004年11月14日(米国)
・2006年5月22日(ドイツ)
・2006年5月23日(韓国)
・2006年10月13日(日本)
・2006年10月30日(ハンガリー)
・2006年12月7日(オーストラリア)
話数198
この話の主役トーマスエミリー
シーズン第8シーズン
登場キャラクターAトーマスパーシーエミリーハリーバート
登場キャラクターBハロウィン機関車*1
登場キャラクターCエドワードヘンリーゴードンジェームス
登場キャラクターD無し
登場キャラクターEマードック(車輪のみ)
登場人物Aトップハム・ハット卿
登場人物B子供達
登場人物Cトップハム・ハット卿の付き人
登場人物D無し
登場スポット精錬所
精錬所の転車台
ティッドマス機関庫
ティッドマス第2貨物用機関庫
ティッドマス第2操車場
ヘンリーのトンネル
ウェルズワーズ駅
あらすじ・ハロウィンの夜に精錬所で働く事になったトーマスエミリーハリーバートトーマスエミリーに悪戯を仕掛けたはずだったが…。
メモ第6シーズンの『こわがりなきかんしゃ』以来のハロウィンに纏わるエピソード。
・お化けだと思って汽笛で皆を起こしたトーマス
・パジャマで説教するトップハム・ハット卿
・未公開シーンではヘンリーパーシーが並走するシーンが有る。
・幽霊に成りすまして、ハリーバートを騙すエミリー*2
・この出来事から数年後エミリーは再び幽霊に成りすまして、他の機関車を騙す事となる*3
・ラストにトーマスエミリーが走り去った後にスクラップの山から幽霊が登場する*4
・この話のエドワードは『パーシーのだいしっぱい』、ゴードンは『トーマスとチューバ』、ジェームスエミリーのあたらしいろせん』に続いて、終始笑わなかった。
トーマス精錬所で、怖い目に遭うのは、今回で2回目となる。
・この話のエドワードパーシー前回ジェームスは『トーマスとチューバ』に続いて終始走行しなかった。
・この回で学べるのは「言語道断」と言う事。
台詞ナレーターソドー島では、皆が一生懸命働いていた。機関車達は時間通りに走っている。皆、一刻も早く仕事を終わらせたいのだ。何故なら今夜はハロウィン。機関車達はハロウィンの衣装を纏った子供達を見るのが大好きだった。其の夜、トップハム・ハット卿ティッドマス機関庫にやって来た。」
トップハム・ハット卿トーマスエミリー、君達には精錬所に行って貰いたい。大事な鉄の配達だ。今直ぐに取りに行ってくれ。」
トーマスエミリー「はーい、解りました。」
ナレーターパーシー精錬所が怖くて、しょうが無い。彼は友達が心配だった。」
パーシー「お化けに気を付けてね。今夜はハロウィンだよ。」
トーマス「お化けなんて、そんなの居る訳無いだろう!?」
エミリー「そんな物信じるのは、お馬鹿さんだけよ。」
ナレーター「そうして、二台は精錬所に向かって出発した。太陽は沈んで行き、辺りは段々暗くなって行く。」
トーマス「ハロウィンを怖がるなんて信じられないよ。」
エミリー「其れに精錬所もね。」
トーマス「全くだ!」
ナレータートーマスエミリーは英雄になった気分だ。しかし、精錬所に到着して見ると、彼処はとても気味の悪い所だった。」
エミリー「何て所。」
トーマス「参ったなぁ。」
ナレーター「二台は鋼鉄や捻じ曲がったスクラップの山をそろそろと抜けて行く。辺りは熱くなり、煙も立ち込めて来た。ハリーバートだ。近くで待ち伏せをしていた。荷台のディーゼルは、荷台の蒸気機関車を脅かすチャンスを窺っているのだ。トーマスエミリーが遣って来ると、ディーゼルは呻き声を上げた。」
ハリー「う~っ!」
エミリー「今のは何!?貴方お化けみたいな物は居ないって言ったでしょう!」
トーマス「君だって、そんな物信じるのは、お馬鹿さんだけだって言っただろう!」
ナレーター「すると突然、平台の貨車がガタガタと揺れた。」
トーマス「うわぁ~!助けて!怖いよぉ~!!」
エミリー「助けて!お化けよ!早く逃げましょう!!」
ナレーターハリーバートが貨車のバンパーを揺らしているなんて、気が付かなかった。二台のディーゼルは大いに悪戯を楽しんでいた。トーマスエミリー精錬所の格納庫に乗り付けた。ボンヤリとした影が映っている。線路が凍ってしまった様に動かないが、中に入らなくてはならない。」
トーマス「中にお化けが居ないと良いけど。」
エミリー「私もそう思うわ。」
ナレーター「二台はそろそろと精錬所の格納庫の中へと入って行った。中ではチェーン?がガチャガチャと音を立て、奇妙な影が壁に戻っている。」
トーマス「勇気を出して。勇気を出して。」
ナレーター「しかし、気味が悪い。エミリーは貨車を入れ換える為に方向転換している。すると、格納庫の中でシューッと大きな火花が上がった。」
エミリー「キャーッ!如何しよう!!」
ナレーターエミリーは怖かった。するとその時、防水シートエミリー煙突から踏み板迄、すっぽりと覆ってしまった。」
エミリー「お化けよ!お化けに捕まっちゃた!!」
ナレーターエミリーは必死で走って行く。トーマスエミリーがお化けだと思った。彼も必死で格納庫を飛び出した。」
トーマス「お化けが追い掛けて来るよぉ~!!」
ナレーターハリーバートにも、エミリーがお化けに見えた。彼等も必死で走り出す。トーマスが彼等の後ろに張り付いている。エミリートーマスの後ろに張り付いている。」
エミリー「助けて!お化けに捕まっちゃった!!」
ナレーターハリーバートトーマスエミリーティッドマス機関庫に向かって疾走して行く。機関庫は静かで平和だった。皆、眠りに就いている。」
・(汽笛)
ナレーター「しかし、トーマスの汽笛で全員が目を覚ました。」
パーシートーマスだ!きっと何か有ったんだよ!」
ナレーター「突然、パーシーの前に、トーマスエミリーハリーバートが駆け込んで来た。」
パーシー「ストーップ!!!!!」
ナレーターハリーバートトーマスが急ブレーキを掛けた。ギリギリの所で三台は停まった。」
トーマス「お化けが僕らを追い掛けて来るんだ。」
ナレーターパーシーは震え上がった。其処へエミリーが遣って来た。防水シート信号に引っ掛かり、パラリと落ちた。」
パーシー「お化けじゃないよ!あれはエミリーだよ!」
ナレーター「もう誰も怖く無かった。でも、馬鹿みたいで恥しかった。其処へトップハム・ハット卿がパジャマ姿で現れた。」
トップハム・ハット卿「一体何の騒ぎだ!?お陰で混乱と遅れを招いてしまったではないか!」
トーマス「でも、貨車がガタガタと音を立てたんです。」
エミリー「呻き声も聞こえました。」
トーマス「其れに唸り声もです。」
ナレータートップハム・ハット卿は、ハリーバートを見た。」
トップハム・ハット卿「その件について、何か心当たりは有るかね?」
バート「俺達が遣ったんです。」
トップハム・ハット卿「では、その罰として、お前達が精錬所に行って、鉄を取って来るんだ!今直ぐにだ!」
ハリーバート「解りました。」
ナレーター「二台はそう言うと、ゴトゴト戻って行った。それからは、トーマスエミリーは、何時精錬所に行っても、もう怖がる事は無かった。結局、お化けなんてそんな物、居なかったのだ。居ない物を信じるなんて、可笑しいよねぇ~。」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
米国版CVナレーターマイケル・ブランドン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
パーシー中島千里
エミリー塩山由佳
ハリー佐藤佑暉
バート平井啓二
トップハム・ハット卿青野武
シリーズ前回(英語)エミリーのぼうけんシリーズ前回(日本)トーマス、きゅうばをすくう
シリーズ次回(英語)トビー、きみならできるよシリーズ次回(日本)トーマスとはなびたいかい
参照画像・参照はハロウィン/画像





*1 作中では『臆病な蒸気機関車』。
*2 実際は悪戯(仕返し)の目的ではなく、防水布を被せられたまま精錬所を出たのが原因で幽霊と間違われただけ。
*3 今度のターゲットはディーゼル
*4 米国版では登場せず、違うアングルから撮影されたトーマスエミリーが走り去るシーンに差し替えられている。