バート

Last-modified: 2020-05-17 (日) 16:55:29
注意
※このページではディーゼル機関車のバートについて説明しています。
アールズデール鉄道の機関車については『バート』のページをご覧ください。



「何処に向かっている?」
TV版第12シーズンのバート(右)TV版第21シーズンのバート(右)

名前バート/ディーゼル/イエロー・ディーゼル
英名Bert/Iron Bert/The Diesel/Yellow Diesel
性別
黄色(車体&屋根)+深緑色(車体&ランプ)+(字体)+黄色深緑色の警戒色(車体&ラジエーター)+(車輪&バッファービーム)
製造年1952年
車軸配置0-6-0
所属鉄道イギリス国鉄ノース・ウェスタン鉄道
支線トーマスの支線
キルデイン線
運用・人形劇時代は精錬所で他の機関車を罵倒しながら働いていた。
・CGアニメ以降はアノファ採石場で真面目に働いている。
分類ディーゼル機関車
TV版初登場シーズン第5シーズンまいごになったステップニー
※初めて喋ったのは第6シーズンまんなかのきかんしゃ
TV版初台詞「はいはい。分かりました。」
「うぅ~!」新シリーズ初台詞
※単独で喋った時は「俺達がやったんです…。」
「こいつ等の近くで仕事をしなきゃ行けないのか?!」※81プロデュースに変更後、長編、並木伸一さん初台詞
「もう一寸!」並木伸一さん短編初台詞
「のんびり待っている暇はないんだよ!」※CGアニメ初台詞
「ハハハハハ!」※CGアニメ長編初台詞
一人称
二人称
説明・元々は、精錬所で働いていた黄色深緑色のクラス08型ディーゼル機関車で、ハリーとは双子。
ステップニーファーガスをスクラップにしようとしたり、トーマスパーシーネビルケビンを騙す等、蒸気機関車クレーン車に対する所行が悲惨すぎる為、彼を恐れる蒸気機関車は多い。
・然し、稀に彼に対してフレンドリーに接する蒸気機関車も居るらしい。
・現在はハリーと共に精錬所の仕事を退職して、アノファ採石場で真面目に働いている模様*1
青髭ハリーよりも濃い。
アールズデール鉄道に同名の蒸気機関車がいる。
性格・意地悪で悪戯好きだが、臆病な一面も見せる*2
・実は動物が大好きで、鴨の親子を見た時は笑顔で見守っていた。
エミリーが大の苦手で、エミリーが近くにいるだけで気の弱い所を晒す程*3
・時間に厳しく、待つのが嫌い*4
・意地悪で蒸気機関車を嫌っているが、行方不明だったトーマスが見つかった時には、安堵した表情を浮かべ、メイビスからデイジーがスクラップにされるかも知れない」と聞かされた時には、ショックを受ける等、実は仲間思いで慈悲深い一面がある。
・双子の蒸気機関車とは違い、引っ張り合いや口論をする場面が無い。
・普段は意地悪な反面、トビードナルドダグラステレンスヒロダートや同型のパクストンシドニーライアンと同様、女性への礼儀はある模様*5*6
「蛙鳴蝉噪」をモットーにしている。
ジェームスケイトリンレッジと同様、騒がしいのが好き*7
ニアマリオン同様、情報通な面があり、ウェールズの石炭が値段が高い事を知っていた。
TV版での経歴第5シーズンから登場。
第8シーズンではハロウィンの夜に、ハリー共々エミリーに騙され罵られた。そしてあの夜以降、エミリーが苦手な機関車になってしまった。
第10シーズン第13シーズン第17シーズン第19シーズンには登場しない*8
第11シーズンではチーズを運んでいるトーマスの事をディーゼルハリーと共に「ソドー島で1番臭い機関車」と言って揶揄うが、バチが当たった。
第14シーズンではソドー整備工場修理される事になって焦って、呆れていた。
第18シーズン第23シーズンではカメオ出演のみ*9
第20シーズンでは鴨の親子を見て和んでおり、動物好きだと言う事が判明した。
第21シーズンではデイジーが走れなくなるとメイビスから聞かされ、ショックを受けた。
第22シーズンでは振り返りセグメントのみ登場。
第23シーズンではハリーと共にブルーマウンテンの採石場で働いていた。
人形劇時代は蒸気機関車を馬鹿にする描写が目立っていたが、CGアニメ以降は蒸気機関車を馬鹿にする事は少なくなり、フレンドリーな一面が多くなってきている*10
長編作品での経歴長編第6作ではハリー共々、ディーゼル10の世話をしたが、ソドー整備工場乗っ取り以降はディーゼル二人と一緒に結構楽しんでいた。
他キャラクターとの関係ハリーとは双子の兄弟。
ディーゼルとは初対面時からモデル機が同じで蒸気機関車虐めが趣味な者同士仲が良い。
トーマスゴードンジェームスパーシーダックした事がある。
ハロウィンの夜に騙され罵られて以降、エミリーが苦手。エミリーが近くにいる時のみ、弱気になる*11
メイビス再就職先の上司。
エドワードは彼に苦手意識がある模様。
ステップニーの命を狙っていた。
ヘンリーの事は特別な石炭で走っている事を理由に特別扱いしていたが、燃料が無くなって動けなくなった所を助けて貰ってからは、その考えを改めた。
トビーヘンリエッタ再就職先での同僚。
ファーガスビクターネビルには嫌われている。
ディーゼル10とはソドー空港建設作業を行ったのがきっかけで親しくなり、と共にソドー整備工場略奪した事がある。また、ディーゼル10と共にパーシーケビンを騙した事もある。
グリンデンダートパクストンシドニーノーマンフィリップとは会話は無いが、面識はある模様。
フライング・スコッツマンを変わった声で騙した事がある。
デイジーとはメイビスを通じて親しくなったらしく、共に給炭所での会議に出席した事がある。その後、デイジーがスクラップにされるかもしれない」と言う噂を聞いて心配した。
ハーヴィー悪口を言った事がある。
人間関係
モデル・クラス08ディーゼル機関車イギリス国鉄
その他・1999年の英国版公式ウェブサイト及び2000年代前半の一部のメディアでは「イエローディーゼル『Yellow Diesel』」と言う名前だった。
第7シーズンファーガスときそく』ではハリーと共に、「スクラップ・ディーゼル」と呼ばれた。
玩具トラックマスター
木製レールシリーズ
アーテル
Take Along/テイクンプレイ
バックマン
英米版CVケリー・シェイル第14シーズン-長編第6作
ウィリアム・ホープ第16シーズン第20シーズン-第21シーズン
日本版CV平井啓二第6シーズン-第8シーズン*12
並木伸一長編第2作-第9シーズン第11シーズン第14シーズン-第16シーズン第20シーズン-第21シーズン
参照画像参照はバート/画像
ハリー
ディーゼル10

*1 然したまに、精錬所には顔を出している模様。
*2 現在ではその様な一面は殆ど無くなった。
*3 然し、第14シーズンではイライラしてたのか、整備工場で修理を受けた際、エミリーの前でビクターケビン野次を飛ばしていた。
*4 実際、整備工場で整備を受けていた時は、「のんびり待っている時間なんて無い」と言って怒鳴り散らしていた。
*5 実際、上司のメイビスの言う事をしっかり聞いており、故障したデイジーを心配していた。
*6 但し、ハリー共々エミリー罵倒する発言をした事がある。
*7 実際、パーシー警笛の音を聞かせて嫌がらせをした。
*8 因みに、第19シーズンではハリーが単独で登場している為、ハリーと一緒に仕事をしているシーンは存在しない。
*9 第18シーズンではハリー共々、アノファ採石場に転職した。
*10 但し、エミリーの事は未だ苦手らしい。
*11 但しディーゼルの前ではエミリーに対してだった事がある。
*12 2012年1月25日に発売されたDVDのエンディングのスタッフロールでは島田敏さんがクレジットされているミスが有る。