ワールド/【旅立ちの地】

Last-modified: 2020-07-04 (土) 17:42:38
原作オリジナル
仲間キャラなし
通常BGMThe Promised Beginning
戦闘BGMFuture Masters
登場作品BbSKHIII

キーブレード使いを育成する場。
光の世界に位置すると思いきや、狭間の世界に位置している。
正統なキーブレードマスターたちが代々守り続けてきた場所であり、この地でキーブレードの修行を経たものがマスター承認試験に合格するとキーブレードマスターになることができる。

雲よりも高くそびえ立つ山々に囲まれるように存在しており、扇のような形をした建物は、螺旋状の山の頂上に位置し、更に、周囲の山々に向けて四方に鎖によって繋がれている。


闇の勢力に悪用されないために封印する方法が存在していることを考えると、この世界そのものに何らかの重要な意味があるのではないかと考えられるが、詳しいことは不明。

さらにKHIIIRMのテラのセリフから、ただ訪れるだけでも一定以上の力量が必要であることが示唆されている。この点から見ても、他のワールドとは異なる性質の世界であることがわかる。


場所

本編内でプレイヤーが建物の中を探索する事は不可能だが、ムービーではヴェンの自室があったり、特殊なイベント戦では屋内の広間が舞台となったりしている。

前庭

建物の前にある広い空間。チュートリアルのスタート地点でもある。
ストーリー終盤、ここでテラとエラクゥスは刃を交える事になってしまう。

山道

前庭から続く道。訓練用の的がある。
チュートリアルでは、ここで戦闘の基本動作を学ぶ事になる。

山頂

チュートリアルの終点となる場所。チュートリアルではここで三人の主人公を選択し、模擬戦を行う事ができる。
BbSFMでは謎の男との戦いの舞台になる。

BbS

物語開始前までテラ、ヴェントゥス、アクアが修業を行っていた地。
マスター・エラクゥスが正統後継者としてこの地を守護している。
終盤で、マスター・ゼアノートによってテラの目の前で崩壊させられてしまう。以後、ワールドに降り立つことはできなくなる。
その後、ラストエピソードでアクアが訪れ、眠ったままのヴェントゥスの身体の安全を確保するためにエラクゥスのキーブレードによって封印され、その姿を変えた

BbSFM

崩壊後のこの地に追加ボスである謎の男が現れるようになる。
そのため、先述のイベントの後でも旅立ちの地に降り立つことができるよう変更された。
ヴァニタスの思念の撃破が謎の男の出現条件となり、条件を満たしてワールドに降り立つとイベントシーンの後にすぐ戦闘が始まる。
謎の男を倒さないとワールドの散策はできないので、もし宝箱を逃していると謎の男を倒さない限り回収できなくなる。出現条件を満たす前に回収しておくのがベストだろう。

  • 謎の男との戦闘はワールドに降りるたびに発生するため、撃破後に回収を忘れてワールドマップに戻るとまた戦う羽目になる。重ねて注意。

KHIII

アクアが光の世界に帰還し、ヴェントゥスを迎えに行くためにソラ達を伴って忘却の城を訪れ、封印を解いたことで元の姿に戻った。
…が、何故か館内の一部構造が変わっている。

  • アクアが作り替えたのだろうか…。
  • ちなみに忘却の城の封印を解く際はロボットアニメもビックリな変形を見せてくれる。

忘却の城に変貌する前は城とその入り口付近には亀裂や破壊された箇所もある上に空も薄暗い雰囲気だった。
しかしアクアが封印を解除した際には綺麗さっぱり修繕され、明るい空が広がっている。いつの間に直ったのか。

KHIIIRM

リミットカットエピソードにて、十余年前にテラと交わした約束を果たすためにリクが訪れた。