防具/レザーライトシリーズ

Last-modified: 2020-01-03 (金) 12:24:01

MH無印時代から登場する革製防具。
多くの場合、剣士とガンナーの区別が無い共用防具である。
脚部位の名称が「グリーンジャージー」となっている。

概要

  • 名前の通り、革と金属板を使った軽鎧と言った感じ。
    フィールドでの動きやすさを重視した設計なのだろう。
  • 無印及びMHG(無印からの引継ぎなし)では村長が用立ててくれるゼニーで、
    丁度頭から脚まで一式買うことが出来る。
    ただし逆に言えば一式揃えると文無しになってしまう。
  • Wii版MHGでは初期装備になっている。
  • MH2以降のシリーズでは発動するスキルが採取寄りなので、
    素材ツアーや採取クエストなどでお呼びがかかることが多い。
    その分他の防具と比べると防御力は低めなので、狩猟クエストなどに着ていくのは少々危険である。
  • 登場したての頃は一式装備しても採取系のスキルが付かなかった。
    • 無印では腰をスキンライトベルトに変更することで精霊の気まぐれが発動する。
    • MHGで一式装備すると投擲技術UPのみ発動。しかもSPが過剰に発生する。
    • MH2の頃にやっと腹減り半減精霊の気まぐれ採取+1がセットで付くようになる。
    • なお、MHP2GのレザーライトS装備は、他の防具と比べても異彩を放つスキル構成になっている。
      どこがどう違うのかと言うと、
      頭だけで最大数弾生産
      腕だけで高速剥ぎ取り&採取
      腰だけで調合成功率+15%
      という、まるでSP装飾品を付けたSP防具のようなスキル構成なのである。
      特に腕は他の防具と組み合わされてトレジャーハンタークエストなどで使われることが多い。
  • レザーライトSヘルムは「ヘルム」と付いている割に男性用は帽子であり、女性用は頭巾である。
    気になる材質は、上質な毛皮マカライトドラグライトカブレライトと鉱石3種を使用。
    ああ見えて実は手触りはガチガチなのかもしれない。

関連項目

防具/レザーシリーズ - MH3以降で登場している革製防具