ほるひす

Last-modified: 2022-04-27 (水) 13:38:03

表サクセス

 漫画雑誌『コロコロコミック』で開催された読者募集企画で採用された登場人物。*1コロコロ高校出身。
 当時3歳だった投稿者が描いたクレヨン描きの応募作品を忠実に再現した為に見た目はクレヨンで描かれた縫い包みの様な姿で明らかに浮いているのだが、何故か主人公(6)以外ほるひすの外見について全く疑問に思わない。

 

 読者募集登場人物としては他に『6』の漁火剛と『7』の黒打ブラックが登場したが、彼等が以降の作品に未登場なのに対し、ほるひすは多数の作品に出演して『パワプロクンポケット』シリーズにおけるマスコットと化した。
 特に表サクセス恒例のおみくじミニゲームでは『7』以降『11』を除く全作に登場。イタチ人形の対を成す有益な存在になる。
 『11』ミニゲーム題名。『10』ミニゲーム「Pカード」の牌柄。『13』ミニゲームのプレイヤー等。
 『実況パワフルプロ野球』シリーズにも何故か逆輸入され『実況パワフルプロ野球2012』『実況パワフルプロ野球2013』『実況パワフルプロ野球2018』で登場人物で登場。

 

 投稿イラストにも描かれていた紹介文「ほーむらんをうつけどひっともうつよ」は本人が発言しプロフィールにも書かれているのだが、初期能力はミートは最低値でパワーもやや高い程度かつ打撃系の特殊能力もないためハッキリ言って説得力に欠ける。智林昭雄三船村山カビンダ漁火とポジションの競合相手も多くスタメン落ちもしばしば。
 パワーアップすればパワーが大幅上昇し和桐バブルスでもトップの数値となる為ホームランに関しては説得力が増すが、他は一切改善されないどころか肩と守備、特殊能力(「エラー」付与)に関してはむしろ悪化する始末。

 

パワプロクンポケット6(未来から来た男 町工場社会人野球編)

 和桐製作所に勤務。一見かなりの色物だが、村山はじめに溶接のやり方を教えるなど仕事はかなりでき、性格も善良。村山曰く「彼がいなかったらこの工場はとっくにつぶれている」との事で見かけによらず所員としては非常に有能であるようだ。
 彼の台詞は全て平仮名だが、そのような喋り方になっているのは、ハガキに「こいつはほーむらんとひっともうつよ。」と全て平仮名で書かれていたためと思われる。
 何故か和桐製作所内のロッカーに住んでる上に中は結構広く主人公(6)と山田平吉にくつろいでいる姿を目撃された際は流石の山田も呆れていた。
 展開次第では犯人扱いすることもできるが、その際は麻酔銃で四発撃たれても動けることが判明する上に「体当たり」が入手できる。

 

 雑誌のしつもんコ~ナ~*2によると、13現在「元気に和桐で働いてるみたいです。多分」とのこと。

パワプロクンポケット14(燃えろ!魔球リーグ編)

 天月紗矢香とのイベントで見る映画を選ぶ際に「ほるひす大地に立つ」という映画がある。
 映画を見た主人公(14)と紗矢香曰く「ほるひすはカッコいい」とのことで、劇中でヒットとホームランを打っていた模様。
 劇中のほるひすが本人なのか、本人だとしたらどういう経緯で映画化されたかは不明。

裏サクセス

 裏サクセスでは敵で登場。
 『7裏』ではなんと隠しボス兼真最終ボスで抜擢されている。

パワプロクンポケット7大正冒険奇譚編

 古代日本ケガレ神「ほるひす」で登場。隠しボス兼真最終ボス。
 登場シーンでは前座で仮の最終ボス蒸気鉄人頑陀亜浪菩ZZ(がんだあろぼだぶるぜっと)を虫けらの如く右手で叩き潰し亀田を噛ませ犬に貶めた。
 高いHPに全体攻撃や状態異常も使いこなす強敵。そして戦闘画面での立ち絵があまりにでか過ぎてパーティ3人目のHPゲージが隠れてしまっている。

 

 野球人形コンテストで優勝して借金も全額用意できて悦に浸る主人公(7裏・8裏)。ところが物語はこれでは終わらなかった。我威亜党は邪神復活の目的の為に帝都に大規模な震災を起こすが、それは同時に古代日本ケガレ神ほるひすの封印をも解く事に繋がり、精神波で仲間を全滅させられた上に我威亜党の目的である筈の邪神は復活早々その糧と化してしまう。
 思わぬ形で計画を挫かれた亀田は逃走したが、主人公(7裏・8裏)は目の前にいる超常的存在に対し好奇心を抑える事ができず自ら危険に飛び込む事を選択して主人公(7裏・8裏)の仲間達も主人公(7裏・8裏)に付き合い共にほるひすを倒す為に危険に飛び込む。
 正史では主人公(7裏・8裏)達に殺害された。

パワポケダッシュ地獄ダンジョン編

 ダンジョン深層で登場する敵「ほるひす」で登場。爆弾による遠距離攻撃を繰り出す。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • 「11のミニゲームのタイトル」ってどれのことだ? -- 2011-01-23 (日) 23:27:42
  • ↑「ちくちくちいく」のタイトル画面の一枚絵で、子供が手に抱えてるぬいぐるみとして出ている。 -- 2011-01-24 (月) 00:58:15
  • こいつも具現化やオカルトの類なのかな。6主が具現化のこと知らなかったってだけで -- 2011-02-28 (月) 23:16:06
  • ↑いや高校行ってるし。ほるひすはただの一般人だろ。若干ホームレスなだけで。それもあんな容姿じゃだれも部屋貸さないと思うしな他の和桐社員は気を使ってあんなことを言ったんじゃ? -- 2011-03-01 (火) 12:47:28
  • ↑2存在自体がギャグってことだろ。全てを具現化とかそういうのに絡めれば面白いってもんでもない。 -- 2011-03-01 (火) 14:16:18
  • 誰も何も突っ込まなかった時点で人間と考えるべきだと思う -- 2011-03-01 (火) 19:02:50
  • ↑いや和桐の人たちはちゃんと人間扱いだっただろ。 -- 2011-03-01 (火) 19:23:57
  • 実は間接的に世界を変えた超重要人物なんじゃないか -- 2011-06-03 (金) 03:08:50
  • ↑こいつがいなかったら和桐なかったしな。あと大島さん -- 2011-06-04 (土) 14:41:34
  • 麻酔銃4発うたれて動ける地点で人以上の存在だろ。 -- 2011-08-06 (土) 11:41:32
  • ヒヨリンのページでギャグキャラと見せかけて実は裏世界中に関わってくるのでは?みたいな事が書いてあったんだが、ほるひすはどうだろうか? -- 2011-08-06 (土) 15:51:53
  • ↑そんなこと言い出したら切りがない。しかもほるひすは圧倒的な力や強さを持っている描写はないから、急に出てきたりしたら「は?」ってなる。つまり可能性としては少ない。 -- 2011-08-06 (土) 16:15:37
  • ↑↑ただのギャグきゃらだろう  -- 2011-08-06 (土) 19:40:53
  • 絶対に無いとは言い切れないのが怖い -- 2011-09-08 (木) 00:59:14
  • 映画になったほるひす やっぱりほーむらんもうつけどひっともうってたな -- 2012-01-20 (金) 21:04:05
  • ギャグだから出てこないんでしょ ヒヨリを9以降に絡めないのと同じだろ -- 2012-01-21 (土) 00:22:36
  • 熱闘!パワフル甲子園で部室アイテム「ふしぎな人形」として出てたのを思い出したわ 別シリーズまで進出するとか、もはやなんでもありだわ -- 2012-02-02 (木) 19:05:06
  • ひぐらしのほるひすパロがあったよな?なんだっけ -- 2012-02-24 (金) 10:40:35
  • ↑「ほるひすのねるころに」じゃなかったっけ?ねが赤字だった気がする -- 2012-02-24 (金) 10:52:34
  • ↑10の五十鈴との町デートだよな。 -- 2012-02-24 (金) 11:35:21
  • まぁ、具現化なんだろうな。今の設定に準拠して考えれば。 -- 2012-05-09 (水) 22:12:35
  • 読者に対する具現化だろう -- 2013-04-04 (木) 18:38:30
  • 14でワギリ製作所に入社したレンが「新商品のおみくじ」っつーてたから、ほるひすが出る元旦おみくじはワギリ製作所で作ってたのかね -- 2013-07-15 (月) 17:45:42
  • 元々ネタキャラだから普通に出せないので後のシリーズでマスコット化した理由を強引にこじつけると、元々ほるひすはパワポケ世界で映画や人形が出る人気キャラであり、6のほるひすはそのコスプレをした人間、と周りの人間が思っていると解釈はできる。かなり苦しいが。 -- 2013-07-16 (火) 22:04:45
  • ほるひすに関してだけはあんまり深く考えない方がいい気がするわ -- 2013-09-16 (月) 23:06:08
  • なんだかんだで6のほるひすは外見が派手なだけの普通の人だと思う。描いた子は大真面目だったはずだし -- 2015-04-19 (日) 23:11:39
  • ほるひすは日の出高校の小山と弾道、パワーが同じ。 -- 2017-03-13 (月) 22:03:34
  • 今思えば、ほるひすも、具現化やオカルトの類いか、或いは宇宙人の類いだったのかもな。 -- 2020-08-26 (水) 22:21:35
  • ムシャと同じアレだろうな -- 2021-07-26 (月) 14:56:10

*1 当時のコロコロ記事
*2 「ニンテンドードリーム」2011年1月号P.51