ギャンビー

Last-modified: 2022-08-14 (日) 19:11:18

「奏光のストレイン」より。
ロボダンではなんと主役機であるラムダスが最終アップグレードまでお預けという状態での参戦。

パイロット

  • セーラ=ウィーレック
    SP:集中, 1, 根性, 2, ひらめき, 5, 熱血, 13, 信頼, 30, 魂, 33
     

アップグレード

ギャンビー

ストレイン・フリッサー

ストレイン・ラムダス

 

運用

加入時点では分離機クラスの貧弱な機体。格闘が得意なパイロットに対して射撃武器1つのみしか搭載されておらず、噛み合っていない。
Ver12.2.01dで改造費が低下+3P持ちになったため、アップグレード前でも多少は戦えるようになった。
アップグレード前に目いっぱい改造すれば後々お得ではあるが、避けない・脆い・低火力のギャンビーでは難しいのも事実。
戦力的に苦しければ迷わずアップグレードしよう。
どうしてもギャンビーの状態でできる限り活躍させたいという人は、セーラの重要SPの習得が早めなのでSPを上手く駆使して戦うようにしたい。

 

アップグレード後は飛行可能・移動力6になり、トップクラスの機動力を得る。
EN消費5・射程1-4のマーキュリオンを駆使した削り役、あるいは格闘武器を活かした遊撃手として運用可能になる。
また、高威力の必殺技も有しており、序盤であれば熱血込みで相応の火力も出せる。

 

欠点は必殺技が使える気力120まで武器威力が控えめな事。
必殺技以外は他の機体の無消費武器レベルの威力なので、ギャンビー時代に手を加えて無ければ差は生じない。
威力2000程度の武器がある他の機体と比較すると、序盤は火力が出しづらい。
また、全ての武器がENを消費するため、EN消費がそこそこ重い。
威力の低さを手数で補おうと考えるのであれば、特に顕著になる。
意識して街やコロニーの上に駐留するようにすると良い。
ただ、この弱点は全ての武器がEN消費式かつ初期ENがそれほど高くないという事が理由であり、必殺技の亜光速戦闘を除けば武器そのものの燃費はむしろ平均的なリアル系の機体より軽い。
改造するか、EN系のパーツを装備させれば逆に継戦能力が高い機体に変貌する。

 

最終アップグレードでようやく主役機であるラムダスとなる。
ラムダスはフリッサーの能力を底上げしたような能力を持ち、無消費武器の追加によって必殺技を撃ちやすくなる。
その他の大きな変化はなく、使用感はほぼ変わらない。

 

パーツ

スロットは4個(ギャンビー)→2個(ストレイン)。
運動性で生存力を高めつつ、闘争本能系やCT補正で火力を底上げすると良い。
運用欄で述べた通り、ジェネレーター系やソーラーパネルなどのパーツを持たせた場合の継戦能力向上は他の機体より大きいのでこちらもオススメ。
なお、初期ENだとソーラーパネルの回復量が心もとないので、もし持たせる場合はある程度改造してから推奨。目安は5段階前後。

 

備考

  • 原作的にはフリッサー→ギャンビー→ラムダスの順番での乗り換えだったのだが、ロボダンではギャンビーの性能が低すぎる的な意味でアップグレードの順番が入れ替わっている。