ロック=ヴォルナット

Last-modified: 2023-10-28 (土) 17:06:43

『ロックマンDASH』からの参戦。
ロックマンシリーズ生誕10週年を記念して製作された本作は、
横スクロールアクションで知られるシリーズでは初の3D作品となっている。

 

パイロット

  • ロック=ヴォルナット
    SP:狙撃, 1, ひらめき, 7, 加速, 12, 必中, 18, 熱血, 20, 鉄壁, 26
  • ロール=キャスケット
    SP:偵察, 1, ド根性, 1, 幸運, 4, 集中, 15, 覚醒, 28, 補給, 38

運用

SSサイズの陸上ユニット。他のロックマンと異なり武装の殆どが弾数制なのが特徴。
気力制限は最強武器のシャイニングレーザー以外緩めで使いやすく、
弾数もクラッシュボム以外は5発以上あるため、気前よく撃ってもそうそう弾切れにはならない。
ロックが最初からから狙撃を使えることもあり、ロールが集中を覚えた辺りから回避しながらの反撃戦法で暴れてくれるようになる。
特に威力、弾数、射程の優秀なバスターキャノンは主力となってくれるだろう。

また、特殊能力では2000以下を防ぐシールドアームと、物理ダメージを500軽減するライフシールドがある。
前者は手動かつ確率発動。素の装甲が薄いことからやや使いどころを選ぶが、
後者は軽減は少なくとも常時発動なので連属性や威力0の状態異常技に対する保険になるため便利。
どちらも発動時にENを消費するが、上述の通り武装でENを殆ど使わないため気にすることは無いだろう。

 

弱点はアップグレードがないため加入時点で性能が頭打ちである点。
使い勝手の良さから序盤~中盤くらいまでは活躍できるが、戦力が揃う後半では性能不足になる。
ロックマンロックマンXのように換装で運用を試行錯誤することも出来ないため、
最後まで使っていくなら愛が必要だろう。

パーツ

スロットは2。
回避力を底上げしたいので運動性が安定。
装甲系もダメージをシールドで軽減できるのと、ロックが鉄壁、ロールがド根性を覚えるため相性は悪くない。
装甲系の代わりに汎用シールドを持たせるという手もある。
あとはメガブースターやミノフスキークラフトなどで足回りの補強を。
宇宙マップで使うならスラスターモジュールも候補に挙がる。

総弾数は多めなので大型マガジンを採用するかは好み。

備考

なし