Top > 砂場

砂場

Last-modified: 2017-10-24 (火) 00:50:25

しまった!ココは砂漠バイオームだ!

好きに編集して色々試してみる場所です。 Edit

ゲーム通常インベントリ内プレハブテスト Edit

file48.blueprint

ACB使用するinputinputの設定使用するAffected使用するAffectAffectの設定
1個目項目項目項目項目項目
  • 数値説明
    Horizontal focus power左右方向への収束具合を示す数値
    Vertical focus power上下方向への収束具合を示す数値
    Time between shots現在設定されている発射間隔
    Energy Use一回の発射で使用されるエネルギー量
    Range射程距離
    Initial Damage発射直後の威力
    Attenuation〜〜per km粒子が1km進んだ際の減衰度合い。初期設定の0.5per kmだと1km進んだ時点でInitial Damage数値の半分となる。

Wood Block/木ブロック Edit

  • ステータス/使用資源量
1m4mBeam
Health120720
Amour33
Weight1040
 
NaturalMetalOilScrapCrystal
1m100000
4m400000
 
  • ゲーム内解説

Trusty wooden block. It floats!
信頼出来る木製のブロック。水に浮くよ!

  • 解説

筆者的には1m木ブロックは古い戦列艦をイメージした形状になったりするためあまり信頼していない。
水に浮くため船の構造材に適する。
構造材としてはかなり柔らかい為防御力には期待出来ないが、兎に角お安い。

 
  • 上級者向け解説

電流はやや流れ難い(流れない訳ではない)
その為表面を鉄、内部に木という構造にする事でEMPの電流を内部に流さない等も可能。

EMP Susceptability0.00
EMP Damage Factor1.00
EMP Resistivity100.0
HEAT Damage0.05

FromTheDepthsのコミュニティについて Edit

各種形状の重量、資源使用倍率 Edit

  • 木、鉄、軽量合金、ガラスブロックにのみ存在する。
  • 耐久値などは一致しない、若干高い等が有る。
1mSlope1mSquareC1mTriangleC1mInvertedTC1m
x1x0.5x0.25X0.25x0.75
 
Slope2mSquareC2mTriangleC2mInvertedTC2m
x1x0.5X0.5x1.5
 
4mBeamSlope4mBeam slope diagonalcut4minvertedTC4mtriangleC4m
x4x2x2X3x1.
 

Wood Block/木ブロック Edit

  • ステータス/使用資源量
1m4mBeam
Health120720
Amour33
Weight1040
 
NaturalMetalOilScrapCrystal
1m00000
4m00000
 
EMP Susceptability0.00
EMP Damage Factor1.00
EMP Resistivity100.0
HEAT Damage0.05
 

Ship/船 Edit

画像Name名称和訳/出典BPVolumeRP設計難易度
&ref()Easy
説明文的なサムシング
&refRegular
説明文的なサムシング
&refExpert
説明文的なサムシング
&refGodly
説明文的なサムシング
 

基本操作} &aname(v9131684,super,full){ Edit

通常モードの操作} &aname(ye154e1a,super,full){ Edit

一部の操作は特定のゲームモードでしか機能しない。

center:動作center:キーcenter:備考
キャラの移動W/A/S/DW(奥)/A(左)/S(手前)/D(右)
ジャンプSPACE足のジェットを吹かして飛行する。長押しで結構な時間飛べる
アクションQ
リペアモード切替R自キャラの触手が修理を行うか、否か
ビルドモードBビルドモードを起動
Connect & Disconnect Foot\?
プライマリ切り替え1~0各スロットに登録されたプライマリを装備。プライマリはLVアップ時のポイントを使って取得
プライマリ使用左クリックプライマリ(アイテム/遠距離武器)使用
近接武器/セカンダリ右クリック近接武器使用/プライマリのセカンダリ機能
カメラモード切替Tab三人称で自由にカメラを飛ばせる(W/A/S/D/SPACE[上]/ALT[下]で操作)。もう一度Tabで元の一人称に
Follow ProjectCaps発射したミサイル、キャノンの弾頭に追従するカメラに切り替える。手動発射のみ?
キャラクターシートZキャラクターの各種バフや装備品、アイテムの取得ができる。詳細はこちら?のページを参照。
エネミースポーンメニューX選択した敵を出現させる事が出来る
AIコントロールメニューC各AIの動作を切り替える。ON、OFFやその他の指示
ビークル情報メニューVビークルの詳細な各種情報が表示される
ストラテジーコマンド画面N艦隊にいろいろと指示が出せる。移動指示(戦闘中の)や優先目標など。詳しい操作はこちら?のページを参照。
艦隊メニューE自分の近くの艦、要塞の一覧。AI操作、移動、艦隊を組む事などが出来る。詳しい操作はこちら?のページを参照。
マップM艦隊の移動や敵艦隊への攻撃の宣言を行える。また、ゲーム内時間を加速することも可能。詳しい操作はこちら?のページを参照。
派閥一覧F1各派閥の勢力、関係性が分かる画面。貢物を送って関係性を良くしたり、宣戦布告したり出来る。
乗り物の武器使用中クリック/左Ctrl左Ctrlはビルドモード時でも動作する
ウェポンスロット切替マウスホイール操作する武装(操作範囲内のビークルや要塞の)を切り替える。
UI表示F9UIを隠す/表示する
レンダリングモード切替F10ブロックを簡略化して表示?
スクリーンショットF12Steam共通のF12でのスクリーンショット

アドキャの大きさ表 Edit

Gauge increaseの数0個1個2個3個4個5個6個7個8個
1門60mm120mm178.8mm236.42mm292.89mm348.23mm402.47mm455.62mm500mm
2門30mm60mm89.4mm118,21mm146.44mm174.11mm201.23mm227.81mm250mm
3門27mm54mm80.46mm106.39mm131.80mm156.7mm181.11mm205.03mm225mm
4門24mm48mm71.52mm94.56mm117.15mm139.29mm160.98mm182.24mm200mm
5門21mm42mm62.58mm82.74mm102.51mm121.88mm140.86mm159.46mm175mm
6門18mm36mm53.64mm70.92mm87.86mm104.47mm120.74mm136.68mm150mm

アドキャの大きさ表 縦横反転版 Edit

  1門2門3門4門5門6門
0個60mm30mm27mm24mm21mm18mm
1個120mm60mm54mm48mm42mm36mm
2個178.8mm89.4mm80.46mm71.52mm62.58mm53.64mm
3個236.42mm118.21mm106.39mm94.56mm82.74mm70.86mm
4個292.89mm146.44mm131.80mm117.15mm102.51mm87.86mm
5個348.23mm174.11mm156.7mm139.29mm121.88mm104.47mm
6個402.47mm201.23mm181.11mm160.98mm140.86mm120.74mm
7個455.62mm227.81mm205.03mm182.24mm159.46mm136.68mm
8個500mm250mm225mm200mm175mm150mm

折り畳みテスト Edit

...

330mm対シールド目標用EMP弾 Edit

2016-08-11_14 44 56.jpg


 

Disruptor Conduitを使用することで、シールドに着弾するとそれを展開しているシールドプロジェクターブロックにEMPダメージが入る

 

・メリット
どんなにガチガチに守られたシールドプロジェクターでも直接攻撃できる

 

・デメリット
非常に精度が悪い
Munition warnerに探知されやすくレーザーで迎撃されやすい
装甲に対してほぼ無力

 

上記理由から非常に運用が難しい
精度に関しては、手数は減るがレールガンで運用することでかなりマシになる
迎撃されやすさに関しては他の武装で飽和攻撃を仕掛けるほかない

 

いずれにしても単体で運用すべきものではないので
他のメイン砲弾に混ぜて使用するか副砲に使用するべきであろう

 

テスト ヘリコプター構築 Edit

スナーバ Edit

何も挿していないメインフレーム  
This mainframe has acesss to 2 units of general purpose processing power to process the detections of it's 0 detectors (of which 0 are trackers). The detectors and trackers need 0 power in total. This means the detection systems are running at 100% of their maximum detection rate.
GPPC挿したメインフレーム
This mainframe has acesss to 3 units of general purpose processing power to process the detections of it's 0 detectors (of which 0 are trackers). The detectors and trackers need - 0 power in total. This means the detection systems are running at 100% of their maximum detection rate.
更にレーダーシステム1個追加
This mainframe has acesss to 3 units of general purpose processing power to process the detections of it's 1 detectors (of which 0 are trackers). The detectors and trackers need 1 5 power in total. This means the detection systems are running at 100% of their maximum detection rate.
横に360度カメラ設置
This mainframe has acesss to 3 units of general purpose processing power to process the detections of it's 2 detectors (of which 0 are trackers). The detectors and trackers need 4 power in total. This means the detection systems are running at 75% of their maximum detection rate. 

ステータス一覧、翻訳用文章用 Edit

MOD機能から抜き出している為(順番はソレに準ずる)ステータス一覧に仕様する際は変更を
更に簡略化の為同種ブロックは選別してある。しれっと未実装ブロックの残骸があるのが面倒。
逆に日本語化作業の場合は此方の方が使いやすい。

 

Core_Structural

 
Wood Block
Stone Block
Metal Block
Light-weight Alloy Block
Window Block
Glass Block
Lead Block
Rubber Block
Light Block
ERA Armour
Heavy Armour
 

Core_Water

 

Boat Propeller
Hydrofoil
Sail Main Block
Sail Attachment
Sail Winch
Air Pump
Boat Rudder
Weather Vane
Huge propeller
Paddle
Sail Main Block (Square Rig!)

 

Core_Air

 

Jet Engine
Wing
Aileron
Helicopter Blade (Upside down!!)
Tail Plane
Helicopter blade
Wheel (power)
Wheel (turning)
Hot air balloon Deployer
Jet Stabiliser
Switch
Huge Jet Engine
Heat Decoy
Ion Thruster
Jet controller
Jet intake
Jet Compressor
Jet Combuster
Jet Exhaust
Jet intake add-on
Jet fuel injector
Jet extra combuster
Jet extra compressor
Dedicated heliblade spinner
Dedicated heliblade extension
Dedicated heliblade pole extender
Huge Ion Thruster

 

COre_ Misc

 

Vehicle Controller
Fire control computer
Chair
Repair Tentacle
Repair Bot
Respawning beacon
Vehicle Blueprint Spawner
Vehicle Respawner & Scrapper
Spin Block Controller
Fortress Controller
Automated Control Block
NPC Spawner
Origin block
Control Terminal
Remote Vehicle Controller
Wireless Camera
Heart Stone
Heart Stone Extension
Shield Projector
Complex Controller
Drive maintainer
Ship's wheel
Compact Repair Tentacle
Docking station
Subvehicle Spawner
Teleport pad
Strategic Antenna
Dish piece
Thrust Controller
Surge Protector
Shield Color Changer
LUA Box
PID (General Purpose)
Tactical Nuke

 

Core_AI

 

AI Mainframe
AI Card Slot (Left & Right)
AI Card Slot (Front & Back)
Connector
(CARD) Naval AI
Retroreflection Sensor 360
Laser Range finder Tracker
Wireless Reciever
Local Weapon Controller
Radar 360
Flag post
(CARD) Aerial AI
(CARD) Target Prioritisation
(CARD) Aim point selection
Wireless Transmitter
(CARD) Tracker Target Association
(CARD) Fortress AI
(CARD) water start
Build conduit
(CARD) sailing
Munition warner
Failsafe
Smoke dispenser
Laser warner
(CARD) Propulsion Balancing
Enemy Simulator
PID
Anti Missile Cannon Controller
(CARD) Land AI
General Purpose Processing Card
IR Camera Gimbal Tracker
Passive Radar 360
Passive Sonar 360
Sonar 360
Tracking Computer
Wireless Snooper
IR Camera 360
IR Camera 90
Camera 360
Camera Gimbal Tracker
Radar 90
Radar Gimbal Tracker
Sonar 90
Camera 90
Range Finder 5m
Range Finder 5m armour
Intra Vehicle Transmitter

 

Core_APS

 

6-way connector
Ammo Controller
Ammo Customiser
Ammo Input Feeder
Ammo Clip [1m shells]
Autoloader [1m shells]
Adv. Firing piece
Gauge increase
Railgun barrel magnet
Railgun Magnet Attaching Fixture
Barrel
Laser Targeter
1m omni Mantlet
1m Elevation Mantlet
3m x 3m Omni Mantlet
3m tall Elevation Mantlet
2m tall AA Mantlet
Fall of Shot Predictor
Railgun Charger
Gauge increase left right splitter
Gauge cooling unit
Hydraulic recoil absorber [1m]
Muzzle Brake
Bore Evacuator
Belt feed autoloader [1m shells]
Solid Ammo Clip [1m shells]
Ammo Ejector
Ammo Customiser single module
Ammo Ejector Backwards

 

Core_Construct

 

Structure
Fortress
Sky Fortress Turbine
Spin / Turn block
Spin block
Two Axis Turret
Turret Block Two Axis
Turret Block One Axis
One Axis Turret
Vehicle

 

Core_CRAM

 

Firing piece
Barrel
Recoil Suppression Barrel
Flash Suppression Barrel
Ammo Box
Auto Loader x3 automatic orientation
Predictor
Six Way Connector
High Explosive Pellets
Hardener Pellets
Motor Driven Barrel
Gauge Increase
Interface screen
Elevation barrel
Auto Loader x3 Manual Orientation
Gauge Increase Corner
Gauge Increase Top
Gauge Increase Port
EMP Pellets
Fragmentation Pellets
Laser Targeter
Fusing Box
Bomb Chute

 

Core_Decorations

 

Stairs
Deck Port
Display
Standard door
Light fitting
Sign Post
Poster holder

 

Core_drill

 

Drill
Drill Bit (Large)
Drill Bit (Small)
Drill Extension
Power Input
Torque Amplifier
Drill Extension horizontal splitter
Drill Extension vertical splitter

 

Core_FuelEngine

 

Fuel Engine Generator
Adapter
Carburettor
Crank Shaft
Cylinder
Exhaust
Supercharger
Turbocharger
Injector
Radiator
Large Radiator
Inline turbocharger
Hull Pipe

 

Core_Laser

 

Multipurpose Laser
Laser Coupler
Laser Cavity
Single Input Laser Cavity
Storage Laser Cavity
Frequency Doubler
Laser Pump
Laser Q switch
Laser Optics
Laser Destabiliser
Laser Combiner
Laser Munition Defence
Laser Steering Optics
Laser Connector
Laser Transceiver
Laser Colorer
Particle Cannon
Particle Tube
Particle Tube Corner
Particle Tube Terminator
Particle Input Port
Particle Accelerator Lens
Laser Wavefront Adjuster

 

Core_missile

 

Gantry
Controller
Laser Emitter
Launch Pad
Connector
Staggered fire add-on
Identify Friend Or Foe Add-on
Winch
Ejector Add On
LUA Transceiver
Reversed Launch Pad
Missile Radar Buoy Holder
Missile Sonar Buoy Holder

 

Core_SimpleWeapon

 

Ram
Small Cannon
Large Cannon
Auto Cannon
Harpoon Gun
Laser

 

Core_WarpDrive

 

Warp Controller
Warp Rod 2m
Warp Charger 2m
Warp Terminator

キャンペーンモードの遊び方 Edit

...

レーザー兵器の組み立て方 Edit

ft.png
Multipurpose Laser(中央の立方体)の左側がエネルギーを貯める為のパーツ、右側が貯めたエネルギーを発射する為のパーツ

[添付]
エネルギーを貯めるパーツは、Laser couplerから伸ばす形で設置します。
エンジン、及びバッテリーからのエンジン出力はLaser pumpを通して、同じcouplerに繋がるLaser cavityに溜まっていきます。
Laser destabiliserをつけると、つけたcouplerから出せる威力が上がります。
Frequency doublerをつけると、1つにつきAP値が1上がります。

[添付]
同じMultipurpose Laserに繋がるcouplerは、Q switchの数ごとに一纏めにして扱われます。
Frequency doublerは別のcouplerに繋がっていても、Q switchの数が同じなら共有されます。

[添付]
Single input Laser cavityとStorage Laser cavityはcavityの一種です。
Pumpを挿せる数が少ない/挿せないので、エネルギーを貯める速度はどうしても遅くなりますが、より多くのエネルギーを貯められます。
断続的に使用するレーザー向けです。

レーザー兵器のダメージについて Edit

砂場の練習がてら自分で調べた事のメモ
注意!!ポンプの性能がゲーム内表記と実際で違う恐れ有り
ポンプ出力/エンジンリソース 250/100
追加メモ
Q-Swichは隣接するCoupler同士で共有できる
FreaquencyDoublerの効果は、全ての枝に繋がっているモノの合計=Doublerのみの枝を作る事も可能(当然Couplerは必要)

...

Wood Block/木ブロック Edit

  • ステータス/使用資源量
1m4mBeam
Health120720
Amour33
Weight1040
Material Cost14
 
 

FromTheDepthsのコミュニティについて Edit

Neter歴史避難所 Edit

部族設定

抗力 Edit

(元の用語説明と画像解説は生かす方向で)

1.なぜ抵抗を減らす必要があるのか? Edit

速度を上げるためである。
抵抗を半分に減らすことができれば、推力が2倍になったのと同じ効果を得られる。
では速度を上げる利点は何だろうか?

1-1.マップ上の移動速度 Edit

キャンペーンで拠点を守るときや拠点を攻めるときに、
一定の速度があれば戦闘に間に合って参加できることがある。
機動力があるビークルが多ければ、防衛や攻撃のために保有する量を削減できる可能性があるのだ。

1-2.ミサイル/魚雷の回避 Edit

飛行艦の速度がミサイルの速度を上回っていればほとんどミサイルは命中しない。
また、潜水艦の速度が魚雷の速度を上回っていればほとんど魚雷は当たらない。
レーザーによる防御ができない場合は、速度による回避は有効な手段となる。

1-3.索敵誤差を増やす Edit

索敵センサーは相手がそのままの速度でまっすぐ移動すると仮定して位置を予想するので、
単純に速度を上げても相手の索敵誤差が増えるわけではない。
しかし、速度が高ければ加速度もふつう大きくなるので、
方向転換などで相手の索敵を大きく狂わせることができ、回避率を上げることができる。
search.jpg

1-4.速度を稼がなくてもよい場合 Edit

逆に言うと、防御がしっかりしていれば速度はそこまで必要がない。
シールドは自ビークルの速度が低いほうがよくはたらくし、
相手ビークルに対する照準も自ビークルの速度が低いほうが安定する。

2.抵抗の計算方法 Edit

FtD公式wiki - 推力と抵抗によると、

抗力=速度^2×(Cross Section + Length Friction)

となっている。


以降の説明では、抗力係数=Cross Section + Length Frictionとする。

抗力=速度^2×抗力係数

となる。

2-1.抵抗と推力・最高速度の関係 Edit

ビークルが最高速度のとき、抗力=推力の関係が成り立つので

推力=最高速度^2×抗力係数

が成り立つ。

最高速度=√(推力/抗力係数)

と変形することもできる。


推力を2倍に上げても、最高速度は約1.4倍にしかならないことがわかる。
また、抗力係数を半分に下げれば、推力を2倍に上げたのと同じ効果があることもわかる。

まとめ
最高速度は推力の平方根に比例し、抗力係数の平方根に反比例する。

2-2.空気中と水中での抵抗の違い Edit

空気中の抵抗倍率を100%とすると、水中での抵抗倍率は2000%となる。

例1)
空気中の抵抗倍率は水中の1/20になるので、空中での速度は√20≒4.47倍。
水中速度が 30 m/sのヘリブレード潜水艦が空中に飛び出すと
およそ 30 m/s×4.47≒134 m/sで飛ぶことになる。


ビークルの一部が水中に漬かっている場合は水中に漬かっている部分のみの抵抗を20倍して合計する。

例2)
空中で抵抗 4.0 の船の6割が水面下に入ると、抵抗はおよそ 4.0×0.4+4.0×0.6×20=49.6 となる。
空中で抵抗 4.0 の船の5割が水面下であれば、抵抗はおよそ 4.0×0.5+4.0×0.5×20=42 となる。
一部の推力を船体を浮かせる力に回せば、大きく速度を稼ぐことができる。
しかし水面下の割合が多いほうが被弾率は下がるので、一長一短ではある。

2-3.大気の濃度の変化 Edit

Air density(大気の濃度)はジェットやヘリブレードの推力倍率であり、
高度0m〜300mでは100%、300mを超えると徐々に減少していき500mで0%になる。
500m以上ではジェットやヘリブレードははたらかない。
イオンスラスタや帆は問題なくはたらく。


抵抗の倍率はこれとは少し違い、
高度0m〜300mでは100%、300mを超えると徐々に減少していき500mで最低値の10%になる。
宇宙空間でも抵抗は少し残るバランスになっている。

例)
空気抵抗が1/10になると速度は√10≒3.16倍になるので、
低空での速度が 80 m/sのイオンスラスタ航空機ならば、
高度500m以上では 80 m/s×3.16≒ 253 m/sで飛行できる。

まとめ
高度抵抗の倍率
500m以上10%
0m〜300m100%
0m未満(水中)2000%

3.Cross SectionとLength Friction Edit

Cross SectionとLength Frictionは、ビークルの形状によってのみ決まる。
先端はどのような形状がいいのか、
ビークルはどの程度細長くするといいのか、その解にせまってみよう。


※)この章では抵抗の倍率が100%のときの数値を用いることにする。

3-1.Length Frictionの計算方法 Edit

計算が易しいので先にLength Frictionから。
Length Frictionは、そのビークルを真上から見た時の面積と、真横から見た時の面積が広いほど大きくなる。
1m^2あたりの値は0.002と、Cross Sectionよりもずっと少なくなっている。

Length Friction=0.002×(真上から見た面積+真横から見た面積)

例)
length.jpg


Length Frictionは、水中での抵抗値が空気中のちょうど20倍にならないことがある。
なぜか空気中と水中で面積のとらえ方が違うため、20倍よりも少なくなることが多い。

3-2.Cross Sectionの計算方法 Edit

Cross Sectionはビークルを前から見た時の各ブロックの抵抗値の合計になる。
ほとんどのブロックの抵抗値は0.1でこれが最も大きく、
最も抵抗の小さい 4m wedgeブロックの抵抗値は0.005である。


3-2-1.ブロックの形状と抵抗
構造材ブロック(Wood,Metalなど)は長さと形状によって抵抗が決まっている。

長さ\形状Down slopeSquare cornerTriangle cornerInverted triangle cornerwedge
1m0.040.030.030.040.02
2m0.020.0150.0150.020.01
3m0.0130.010.010.0130.007
4m0.010.0080.0080.010.005

※1)インベントリ欄の数値ではなく、実際に設置した時の空気中の値。

※2)中には複数の方向の抵抗値をもつブロックもあるが、最も抵抗値の少ない方向のみ記している。


3-2-2.ブロックの配置制限
構造材ブロックの置き方によっては、抵抗減少効果が得られないことがある。
開けておくべき箇所がブロックでふさがれていると、抵抗値が0.1で計算されてしまう。


4mブロックの各形状について、開けておくべき箇所を赤で示した。
両方の箇所が空いている必要がある。
corner.png


3-2-3.判定を通すブロックと通さないブロック
構造材ブロック以外にも、抵抗が少ないブロックはある。

ブロック名抵抗値
Light Block
Spin Block/Turret
Spin Block/Turret上に置かれたブロック全て
0
Wing/Aileron/Tail Plane
Jet Engine(小さい方のみ)
Hydrofoil/Helicopter blade
0.01
Rudder
(実際は0.02×2=0.04の抵抗値を持つ)
0.02
Exhaust
(Fuel Engineの排気管)
0.025
Camera 90,Camera 360
IR Camera 360,Sonar 360,Radar,360
0.05

ただし、これらのブロックは抵抗値の判定を後ろに通す。
後ろ側により大きな抵抗値を持つブロックがあれば、そのブロックの抵抗値が優先される。
構造材ブロックは判定を後ろに通すことはない。
drag2.jpg


drag1.jpg
前から順に抵抗値を見ていき、構造材ブロックに当たると判定が終わる。
その列で最も高い抵抗値のブロックが採用される。


判定を通すブロックは、構造材の抵抗減少効果を妨げない。
前項で示した赤ブロックの箇所にも問題なく置くことができる。


3-2-4.抵抗によるモーメントの発生
Cross SectionはLength Frictionと違い、ブロックごとに抵抗が計算される。
重心の上下(もしくは左右)で抵抗が違っていると、ビークルを回転させる力が発生してしまうのだ。
moment.jpg

3-3.抵抗と体積の最適化 Edit

抵抗を減らすためには細長い形がいいと言われている。
しかしあまりに長くしてしまうとLength Frictionが大きくなってしまうし、
必要なものを載せられなくなってしまう。
前から見た時の面積と長さのバランスについて考えてみよう。


仮にCross SectionとLength Frictionの1m^2あたり抵抗値が同じだったとしよう。
全体の抵抗は表面積に比例する。
同じ体積で表面積が一番小さくなるのは立方体であるから、
幅と高さと長さが等しいときに抵抗は最も小さくなる。
このとき、全ての方向の抵抗は等しくなっている。


では実例として、前項のくさび形の機首で考えることにしよう。
くさび形機首の1m^2あたり抵抗値は0.01、
Length Frictionの1m^2あたり抵抗値は0.002である。
cross.jpg
Cross SectionはLength Frictionの5倍の抵抗があるので、
ビークルを長さ方向に5倍に引き伸ばしてやれば全ての方向の抵抗は等しくなる。
つまり、長さ:幅:高さ=5:1:1となる。
このとき、同じ体積で抵抗が最も小さい状態になる。


一般には次のことが言える。
幅と高さが等しく、
長さと幅がCross SectionとLength Frictionの1m^2あたりの抵抗値の逆比になったとき、
同じ体積で抵抗が最も小さい状態となる。

まとめ
一定の体積で抵抗が最も小さい状態にするには、
幅と高さが等しく、長さをそれより長くする必要がある。
Length FrictionがCross Sectionの値の2倍になったとき、
全ての方向の抵抗は等しくなり、抵抗が最小値となる。
数式に免疫がある人向け

Railgunの仕組みと設定について Edit

Railgunで使用する電力は、レーザー機関とよく似た仕組みになっている。

Laser: エンジン出力 → Laser pump → Cavity
Railgun: バッテリー電力 → Railgun Charger → レールガンエネルギー

Railgunにおけるバッテリー電力はLaserにおけるエンジン出力に対応し、Railgun ChargerはLaser pumpに対応、
Railgun ChargerによってチャージされたレールガンエネルギーはLaserでいえばCavityに蓄積されたレーザーエネルギーに対応している。
レーザーではキャビティ容量が存在し、容量を増やすためにはパーツを接続する必要があるが、Railgunでは謎空間に保持されるようだ。
ここでLaserにおいてエンジン出力100がレーザーエネルギー50に変換されるのと同じく、Railgunにおいても
バッテリー電力とレールガンエネルギーは等価とは限らない
ことを覚えておこう。
またLaserでいうDestabiliserに対応するものは、Railgun barrel magnetである。
Laserとの違いとして、Destabiliserは0個でもLaserとして機能するのに対し、magnetは1個以上接続しない限りRailgunの効果を得られない。

Set charger overclockの設定について Edit

Railgun settingsで一番複雑と思われる "Set charger overclock" の効果について説明する。
Set charger overclockの設定値を c, Railgun barrel magnetの数を n とするとき、
設定値 c における Overclock Level: OL(c, n) を次で定める

OL(c, n) := round(c*n)

ここでroundは "最も近い整数への丸め" であり、小数部が0.5のときは偶数に丸める。つまり

c*nOL(c, n)
0 ~ 0.50 *
0.6 ~ 1.41
1.5 ~ 2.52
2.6 ~ 3.43
3.5 ~ 4.54
4.6 ~ 5.45
5.5 ~ 6.56
6.6 ~ 7.47

となる。 (* OL(c) = 0 のとき、Railgunの効果は発生しない)

Railgun Chargerの数を k 個、 Railgun barrel magnetの数を n 個、Set charger overclockの設定値を c とするとき、
レールガンエネルギーのチャージ速度は

 

(チャージ速度) = 100k*c [毎秒]

 

チャージ可能な最大レールガンエネルギーは

 

(最大レールガンエネルギー) = 0.2*(1 - 0.9^OL(c, n))*(利用可能バッテリー電力)
(n と OL(c) の少なくとも一方が 0 であるとき、最大レールガンエネルギーが 0 になるため、Railgunの効果は発生しない)

 

Railgunにエネルギーをチャージするだけではバッテリーの電力は消費されない。
実際にバッテリーの電力が消費されるのは射撃時であり、その時点でチャージされたレールガンエネルギーを (実チャージエネルギー) として、
実際に消費されるバッテリー電力は

 

(消費バッテリー電力) = c*(実チャージエネルギー)

...

コメント記入欄 Edit

コメントはありません。 砂場/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White