【ポランパン】

Last-modified: 2020-08-15 (土) 11:28:05

概要

【大森林のレンジャー】に登場する、【モリナラ大森林】にいるプクリポの男性。
レンジャー協会の支部長で、レンジャーとなった主人公の上司となり、以後森にまつわる問題は彼を通して依頼されるようになる。
 
知徳に優れた経験豊富なベテランだが、プクリポらしく、ダジャレ好きという困った性格の持ち主で、大真面目な会話をしている最中にも、自分の発した言葉の端々からたびたびダジャレの要素を見つけ出しては自分自身にウケを取っている。
【うーっくっくっくっく】の含み笑いはつとに有名で、ダジャレの後にこの言葉を発しては「森に帰れ」などと返されるやりとりもプレイヤー間では頻出しているようである。
そんな彼だが、モリナラに危機が迫れば「ダジャレ無しのマジモード」を宣言し、本来の実力を遺憾なく発揮して八面六臂の大活躍をする。ダジャレさえなければ有能な人物なのである。ダジャレさえなければ。
 
【ササラナ】の母エンジュとは旧知の仲だったようで、【隠者のツボ】を支部の床下に隠していた(【失われた摂理】)。
  
アスフェルド学園の第二本校舎木工室に彼の著書『人生を豊かにする書』がある。内容は……お察し。

うつろなる花のゆりかご(Ver.4.4)

【ナブナブ大サーカス団】の特別公演に呼ばれ、【ポルファン】【ピリッポ】と共にジャグリング漫談を披露した。
後にプクレットの町のNPCホポールからポルファンと合わせて「ビッグPの二人」と呼ばれており、お笑いの世界では高名だったようである。

ダジャレ一覧

……うーっくっくっくっ。

どんなレンジャーがいるか 教えられんじゃー

支部にしぶしぶ来たってか!

殺生をさける方法を お任せっしよう

伐採をやめさせるよう がんばっさい

同盟と戦うのを どう命じるか…

王都を おうとずれ…

平和のシンボルがなくて 死んぼる

田舎までくるヤツは イナカろう。

ニジマスを釣るのに 汗をにじます

ツボをタダで譲ってくれるなんて だツボうしました。

ライターの本を ひらいたー