テストページ

Last-modified: 2022-04-22 (金) 12:56:34

重複

【【1周年記念】 夏だ! 水着だ! キュララナ海岸物語】/【夏だ! 水着だ! キュララナ海岸物語】

ページ名ミス

ゲーム内での表記変更や編集ミス等、様々な理由により辞典のページ名とゲーム内の表記がずれているもの。

辞典内のページ名ゲーム内・公式ガイドブック等の正式名称

【勝ちどきのMP回復】

風の宝珠の1種。敵を倒す度にMPが規定値回復する。

LV効果
1敵を倒す毎にMP1回復
2敵を倒す毎にMP2回復
3敵を倒す毎にMP3回復
4敵を倒す毎にMP4回復
5敵を倒す毎にMP5回復
6敵を倒す毎にMP6回復

この宝珠のレベルがある程度あると弱めの敵を乱獲する際にMP回復手段がなくてもガンガン狩って行けるようになるため便利。
コンテンツにおいても【ピラミッドの秘宝】【アストルティア防衛軍】といった敵が多く登場する場面ではMP管理が非常に楽になるため便利。
 
一方【常闇の聖戦】や大半の【コインボス】では効果がほぼ生かせないため他の宝珠にポイントを回すのも手。
効果が生かせないコンテンツもあるということで宝珠を外してる人も一定数いるので、フィールド狩り等を目的にサポート仲間を連れていく場合は勝ちどきのMP回復のレベルにもチェックしておいた方がいいかもしれない。
 
実装当初は宝珠固有の強化だったが、バージョンが進むと【不思議の魔塔(Ver.5まで)】の装備品に同様の効果がつくようになったり、仲間モンスターが【パッシブスキル】として同等の能力を習得していくようになった。

【ウェスリー】

【アスフェルド学園】の登場人物の1人で、【アイゼル】の弟。
存在自体は早い段階からほのめかされているものの、実際に登場するのはかなり後の話である。

今後の称号更新計画

本家大辞典では旧作での各称号ひとつひとつに対して項目を作成していたため、当辞典でも慣例的にそれが踏襲されてきました。
しかし、スキルレベルが上がっただけの称号・クエストクリアだけの称号など、特定のコンテンツと密接に結びついた称号が多く、取得までの過程をそちらに記載してしまうと称号の項目に書くことが無くなり、大量の「意味のある情報を記載していないページ」を作ることにつながってしまっています。
それらを廃止する改善を提案します。

  • 称号の分類
    Ver.5.1時点での「せんれき」での分類を一義的に使用
シナリオ
→現在の【称号(シナリオ)】
職業スキル
→各スキルへのリンク
職業レベル
→対応表をつくる
武器スキル
→各スキルへのリンク
バトル
→【称号(バトル)】作成
職人
→下記の【称号(職人)】から作成
その他
→【称号(その他)】作成
これだけ内容が多いので、ユーザ側での分類を行う。
  • せんれき一般の称号
    現行の「特定回数」、「リスト数」、「ログイン時間」など
  • システムに関する称号
    【伝説の大商人】等、せんれきで確認できない称号
  • コンテンツに関する称号
    「ハウジング」「カジノ」「七不思議」など
  • クエスト進行に関する称号
    【時の王者】など、クエスト進行で得られるのに『シナリオ』でなく『その他』に属する称号
  • NPCに呼びかけて得られる称号
  • 未分類の称号
  • 希望
    記事名をカッコ付きからカテゴリ形式のように改名したい(「チャンスとくぎ」のように)
    • 「【称号(シナリオ)】」 → 「称号・肩書き/シナリオ」
    • 「【称号(バトル)】」 → 「称号・肩書き/バトル」
    • 「【称号(職人)】」 → 「称号・肩書き/職人」
    • 「【称号(その他)】」 → 「称号・肩書き/その他」
  • 既存の称号項目
    原則5行以下は全て削除。称号記事以外で称号名を記載する場合は称号名を「」で囲んで記載すること。
    有用な記述がなされている、フォーマット以外で頻繁に修正がされている場合は残す(【地元じゃ人気者】)など。

武器/片手剣表化案

レベル名称攻撃力おしゃれさ重さその他効果備考
1【エテーネの剣】211
【初心者用の片手剣】411
【どうのつるぎ】411
7【せいどうのつるぎ】912
【レイピア】1221
14【てつのつるぎ】1733試合時ダメージ+5%
【さんぞくのサーベル】2033
21【ぎんのレイピア】2553
【バスタードソード】2844
28【はがねのつるぎ】3355試合時ダメージ+10%
【ウェスタンレイピア】3663
35【はじゃのつるぎ】4466戦闘で使うと火の玉攻撃
【戦士の剣】4166
【はやぶさの剣】23622回攻撃できる
42【プラチナソード】47108試合時ダメージ+10%
【まけんしのレイピア】52108
【ゾンビキラー】5588ゾンビ系にダメージ+20%
【ドラゴンキラー】5888ドラゴン系にダメージ+20%
50【ほのおのつるぎ】661010炎属性攻撃
【きせきのつるぎ】621510攻撃ダメージの6%HPが回復
60【メタスラの剣】721010メタル系に+1ダメージ
【オニキスの魔剣】831112最大MP+8
65【ほしくずのつるぎ】891812攻撃時4%でルカニ
70【聖王のつるぎ】941410最大MP+3
ドラゴン系にダメージ+10%
75【ライトニングソード】981410最大MP+4
雷属性攻撃
80【名刀 斬鉄丸】1011510攻撃時4%でルカニ
【天命のつるぎ】1051510攻撃時4%でヘナトス
85【戦姫のレイピア】1111810最大MP+6
MP消費しない率+4.0%
かいしん率+1.2%
90【はやぶさの剣改】11716102回攻撃できる
開戦時10%でバイキルト
93【セイクリッドソード】1232010かいしん率+1.2%
武器ガード率+2.0%
96【天恵石のつるぎ】1382210最大HP+3
獣系にダメージ+15%
攻撃時4%でボミエ2段階
99【アカシックソード】1472410最大HP+3
かいしん率+1.2%
攻撃力アップの時間+10秒
100【邪紋のつるぎ】1562610最大HP+3
状態異常系の成功率+10%
攻撃時5%でヘナトス
105【呪印のつるぎ】1652610攻撃時5%でぶきみなひかり
武器ガード率+2.0%
108【デッドリーソード】1752615かいしん率+1.2%
会心と暴走ダメージ+15(試合無効)
110【鳴神のつるぎ】1872616攻撃魔力+15
特技のダメージ+10(試合無効)
攻撃時8.0%で雷と光耐性ダウン

Ver.2.1.0f現象(仮称)寄せ集め

長いので折り畳み

Ver.2.1.0fからVer.2.1.5までの間、怒り状態の間のみ、特定の魔物(主にレンダーシア初出の魔物)の行動が特定の魔物の(主に怒り時の)行動とすり替わる、または新規の行動を行う現象が発生していた。以下はそのすり替わっていた行動を可能な範囲で集めたもの。

ガーゴイル:バギクロス使ってきた(地上偵察部隊かソードフライヤーの行動)
ソードフライヤー:バイキルト使ってきた

ごろつき:マッスルポーズ使ってきた

きりかぶこぞう:ヘルボックルの行動
ヘルボックル:ヒイラギどうじの行動
ヒイラギどうじ:ザラキーマとドルマドン使ってきた(めいふの番人の行動?)
パンプキッズ:ザラキーマ使ってきた(ダークシルフの行動?※当時未実装)

くものきょじん:ランプのまじんの行動
ランプのまじん:ジゴデイン使ってきた

どろにんぎょう:パペットマンの行動
パペットマン:マッドレインボーの行動
マッドレインボー:どろにんぎょうの行動

エンタシスマン:足払い使ってきた(ミステリピラーの行動)
ミステリピラー:メラゾーマ使ってきた(ツイストーチの行動)
ツイストーチ:ドルマン使ってきた(オリエンタシスの行動?※当時未実装)

つかいま:イオグランデ(不発)やみのブレス使ってきた
ベビーサタン:ミニデーモンの行動
ミニデーモン:つかいまの行動

あやしいかげ:シャドーの行動
シャドー:ホロゴーストの行動
ホロゴースト:ザキ連射(まおうのかげ?)

わかめ王子:フラワーゾンビの行動(仲間呼びでフラワーゾンビ)
フラワーゾンビ:こんぶ大将の行動
ミステリピラー:メラゾーマ使ってきた(ツイストーチの行動)
こんぶ大将:とろろ将軍の行動

バッファロン:レッドオーガの行動

モヒカント:ブルファングの行動
ブルファング:ベホマズン使ってきた

プークプック:コサックシープの行動
コサックシープ:プークプックの行動

ニードルマン:スパイクヘッドの行動
スパイクヘッド:とげジョボーの行動

フォンデュ:マヒャド使ってきた(くろカビこぞうの行動)
くろカビこぞう:魔力かくせいからのメラガイアー・バギムーチョ使ってきた

アカリリス:ブルーミンクスの行動
ブルーミンクス:アカリリスの行動
まいまいテイル:スターレミングの行動

プリーストナイト:サイコマスターの行動
エビルソーサラー:プリーストナイトの行動
サイコマスター:エビルソーサラーの行動

やみしばり:アサシンブラッドの行動
アサシンブラッド:サンダーシャウトの行動
サンダーシャウト:ザラキーマ使ってきた(めいふの番人の行動?)

なげきムーン:マーズフェイスの行動+おしつぶしが衝撃波に変化
ダークプラネット:なげきムーンの行動+おしつぶしが衝撃波に変化
マーズフェイス:ダークプラネットの行動+おしつぶしが衝撃波に変化(衝撃波使用時のエフェクト一切なし)

フォレストドラゴ:エルダードラゴンの行動
エルダードラゴン:メラガイアー使ってきた(ヴォルカドラゴンの行動?※当時未実装)

リザードファッツ:ひかりのブレス使ってきた(アンゴラーの行動?※当時未実装)

以下、変わっていた可能性もあるが不明なもの
ホークマン:? (ガーゴイルの行動?)
エリミネーター:? (ごろつきの行動?)
めいふの番人:? (変更なし?)
レッドオーガ:?(バッファロンの行動?)
スターレミング:?
とげジョボー:?
とろろ将軍:?

以下変更なし
Ver.1.xから登場していた魔物の色違い(ブラックチャックやスライムエンペラー等。マッシュスライムやじめじめバブルもバブルスライムの色違い扱いのためか変更なし)
さまようよろい・じごくのよろい
キラーパンサー
たんすミミック・パンドラチェスト

年表

仮置、情報整理目的。

年代事象場所出典
7000年以上前ワラキウス、レイジバルスを封印しその地にゼクレス魔導国を建国魔界東部大魔王の魔界史他
6000年以上前2代目時の王者ハクオウが災厄の王に敗れ、第一次ゴフェル計画が発動されるエルトナ大陸
5700年以上前レトリウス、エテーネ王国建国大エテーネ島
約5000年前Ver.4.0メインストーリー、遥かなる故郷へ大エテーネ島
Ver.4.5メインストーリー、遥かなる未来への旅路 大エテーネ島が現代へ大エテーネ島
4500年以上前ヴァルザード、血潮の浜辺の戦いを契機に海運都市ザードを建国ジャリムバハ砂漠ヴァルザード戦記、亡国の記憶 ~海運都市ザード~、他
4000年前大地の三闘士がドワチャッカ大陸を開拓し、ガテリア皇国・ウルベア地下帝国・ドルワーム王国を建国する。ドワチャッカ大陸
3000年以上前大魔王ヴァルザード、アストルティアに侵攻するも後のグランゼドーラ建国王に破れる。アストルティアアストルティア創世記
3061年前クオードが時間転移し、グルヤンラシュとしての活動を開始ドワチャッカ大陸
3056年前ウルベア地下帝国とガテリア皇国との戦争が勃発、ガテリアが滅亡するドワチャッカ大陸
3051年前Ver.4.3メインストーリー、砂上の魔神帝国ドワチャッカ大陸
3021年前ウルベア魔神兵08号、ダラリア砂岩遺跡にて放置されるドワチャッカ大陸
約2500年前ザード魔王を継いでいたグジャラード、愚劣な統治の末、民に処刑されるジャリムバハ砂漠
1287年前Ver.4.2メインストーリー、赤き大地の双王子オーグリード大陸
約1000年前不死の魔王ネロドス、アストルティアに侵攻アストルティア
Ver.4.1メインストーリー、栄光の勇者と消されし盟友レンダーシア大陸
数百年前大地の竜バウギア、ゴモルに子竜を奪われ、邪竜と化すオーグリード大陸ジェニャの未来
約700年前パルカラス王国建国プクランド大陸アストルティア創世記
約600年前コルレーン王国とジュレド王国が統一し、ヴェリナード王国が建国ウェナ諸島
大陸間鉄道建設開始
約500年前レイダメテス襲来アストルティア
Ver.1過去グレンメインストーリーオーグリード大陸
フォステイル、パルカラス王国の姫を娶りその名から王国をメギストリス王国へ改称プクランド大陸
シオドーア、エクゼリア王国建国オーグリード大陸アストルティア創世記
ラダ・ガート、ガートラント建国オーグリード大陸
約400年前大陸間鉄道開通
約340年前主人公の兄弟姉妹、ジャディンから魔仙卿を引き継ぐ
約300年前暴君バサグランデがウェナ諸島に来襲するも、セーリアの永遠の歌で封印される。以来ヴェリナード王家の王位継承が全て女性となるウェナ諸島
巫女ヒメア、恋人のコハクに不老の禁術を施すも失敗、呪縛の魔獣となった彼を封印するエルトナ大陸
シャーラ、黒怨王を封印するも相方のファランが犠牲となるオーグリード大陸踊り子クエスト
夜の神殿に眠れレンダーシア大陸妖精図書館
約200年前バルディスタのゾブリス将軍が独断により軍を動員、ネクロデア王国を滅ぼすネクロデア王国Ver.5.2メインストーリー 王の戴冠
賢者ルシェンダ誕生
約150年前ジャムール王国、バルディスタに侵攻するも大敗し滅亡魔界西域亡国の記憶 ~ジャムール王国~
100年前アスフェルド学園開校
60年前さまよえる錬金術師エテーネの島
50年前カミハルムイ、旧城を放棄し現在の王都へ遷都エルトナ大陸
23年前グランゼドーラ王国の王子、トーマ誕生アストルティア創世記
20年前ガガベス、村王クリフゲーンに決闘で敗れ死亡する
16年前グランゼドーラ王国の王女、アンルシア誕生アストルティア創世記
15年前アルウェ王妃、悪魔ザイガスと取引しオルフェア襲撃を15年間先延ばしにさせるプクランド大陸
11年前ミランの母、息子をかばって暗殺されるアラハギーロ王国アスフェルド学園
10年前アーヴとエムリア、アバの予言を受けエテーネの村を旅立つ
マスター・ポシェルの父、禁断のレシピに手を出しクッキングデビルと化す
5年前マスター・ラセドの息子ロゼフ、光の河に落ち死亡する
アルウェ王妃、ノートに3つ目の願い事を書き崩御する
半年前パンパニーニ、87歳で死去
1000年後Ver.4.4メインストーリー、うつろなる花のゆりかご宇宙船アルウェーン

技巧宝珠が左手に乗るかどうかの検証メモ(Ver.6.1)

シールドブレイク

  • 条件
    右手:輝天のハンマー 左手:輝天のつるぎ
    基本成功率:75%程度 宝珠Lv6の成功率補正:+60%
    対象:ウルベア魔神兵強(ルカニ耐性75%程度)
    →左手の成功率は宝珠が乗るなら34%前後、乗らないなら19%前後
  • 結果
    右手:150回中56回成功(約37.3%)
    左手:150回中49回成功(約32.6%)

ヴァイパーファング

  • 条件
    右手:ブロンズナイフ(状態異常成功率アップ未取得) 左手:白木のおうぎ
    基本成功率:50%程度 宝珠Lv6の成功率補正:+30%
    対象:悪魔長ジウギス(毒耐性50%程度)
    →左手の成功率は宝珠が乗るなら40%前後、乗らないなら25%前後
  • 結果
    右手:150回中61回成功(約40.6%)
    左手:150回中61回成功(約40.6%)

メインストーリーあらすじ案

Ver.3.0

大魔王マデサゴーラを倒し、アストルティアに平和をもたらした主人公。それを祝し、六種族の祭典が開催されることとなった。
しかしその最中、行方知れずになっていた主人公の兄弟姉妹が現れ、アンルシアとラグアス王子が誘拐されてしまう。さらに白いローブの男が現れ、「神の器」と言われる人物を誘拐しようと暗躍する。
主人公はその企みを阻止すべく飛び回る内、一連の事件が忘れ去られた第7の種族「竜族」によるものであると突き止める。

Ver.3.1

竜の聖印の修理が完了し、いよいよ奈落の門の先の世界へ突入することに。
主人公が最初にたどり着いた炎の領界のアペカの村では、魔炎鳥の襲撃に人々は脅かされていた。
それを解決したことでナドラガ教団に呼び出された主人公は、ナドラガンドの5つの領界を繋げる計画に協力することとなる。

Ver.3.2

業炎の聖塔の攻略に成功したことで「解放者」と認められた主人公は、次の領界である氷の領界へと向かう。
そこでは、恵みの木の凍結により人々は食糧難に陥っていた。
主人公は事態の解決のため奔走する。

Ver.3.3

次に訪れた闇の領界では、人々は月の光を浴びることで毒を治療する風習があった。
しかし、くらやみ飛天の手により月が撃墜されてしまう。
主人公は月の修理のため、サジェと共に楽園を目指す。

Ver.3.4

次に訪れた水の領界は、大部分が水没している世界だったが、カシャルの加護により人々は水中でも問題なく生活できていた。
しかし海底都市ルシュカを統治するフィナを守る青の騎士団はなぜかナドラガ教団に敵対的な態度を見せる。
そして教団の領界解放の真の意味がついに明かされる。

Ver.3.5前期

教団が復活させようとしているナドラガの正体がアストルティアを滅ぼそうとした邪神であることが判明。
その阻止のため訪れた嵐の領海のムストの町で、主人公はクロウズ、そしてさらわれたアンルシア達と再会する。
しかしその最中、神の器全員が邪悪なる意志の手に落ち、ついに全ての領界が繋がってしまう。

Ver.3.5後期

ナドラガ教団に囚われた神の器達を救出していく主人公。しかしオルストフの罠にかかり、主人公は彼に殺されてしまう。
神の器全員による奇跡により主人公は甦るが、それすらも創生の霊核に竜神の心臓を奪うための策略であった。
主人公達はナドラガ復活の阻止のため、神墟ナドラグラムでの決戦に乗り込む。

Ver.4.0

ナドラガ神を倒しナドラガンドから戻った主人公。兄弟姉妹が残していった謎の銀色の箱に隠されたスイッチを押したとたん、5000年前に滅びたはずの「エテーネ王国」にあるという豪邸に飛ばされた。
そこにいた令嬢・メレアーデの導きにより、今度は巨大な繭が上空に浮かぶ崩壊した世界に来てしまう。
その世界が近い将来のアストルティアであり、その原因は古代エテーネ王国にあることを知った主人公は、銀色の箱「エテーネルキューブ」に宿った時の妖精・キュルルの導きで過去に旅立つ。

Ver.4.1

エテーネ王国で世界滅亡を回避しようと試みるも、逆に滅亡を早めることになってしまった主人公。
そんな中、グランゼドーラ上空に現れた終焉の繭から異形獣が現れ、討伐に向かうが倒してもその都度復活して埒が明かない。
その性質が1000年前に現れた不死の魔王に似ていると叡智の冠が気が付き、主人公は不死の能力に対抗するための手段を求めて1000年前に旅立つ。

Ver.4.2

今度はグレン城下町に終焉の繭が出現。それと同時に黒衣の剣士の手により、悪鬼ゾンガロンの封印が解かれてしまう。
主人公はゾンガロン再封印の手がかりを求め、封印されたという1300年前に旅立つ。

Ver.4.3

今度はダラズ採掘場に終焉の繭が出現。ビャン・ダオの手引きで流砂の遺跡に向かった主人公はウルベア大魔神を発見する。
しかしその時、黒衣の剣士パドレが現れ、ウルベア大魔神を起動させるべく地脈の結晶を求めて過去に転移した。
主人公はその企みを阻止すべく、後を追って3000年前に旅立つ。

Ver.4.4

今度はエピステーサ丘陵の底なし穴に終焉の繭が出現。そこに向かうと、異形獣が地面を採掘していた。
主人公は異形獣を倒そうとするも、無限に増殖して埒が明かない。とその時、先日発見された知理の石板が突如光りだし、増殖への対抗策を表示しようとするが、経年劣化で正常に表示できなくなっていた。
主人公は石板の修理のため、それが作られた時代へ旅立つが、なんとそこはアストルティア滅亡後の未来の世界であった。

Ver.4.5

キュロノスの洗脳から解放されたパドレは、新たな傀儡にされた妻マローネを救うため、キュロノスの本拠地である時獄の迷宮へ旅立つ。
後を追って時獄の迷宮に突入するための手がかりをマデ神殿に求めてエテーネ王国に転移した主人公とメレアーデは、死んだはずのクオードと再会。
そしてマデ神殿にいたキュレクスから迷宮への突入方法を知った主人公達は、いよいよ世界の命運をかけた決選にむけて時獄の迷宮へ突入する。

Ver.5.0

キュロノスを倒し世界を滅亡の危機から救った主人公。しかしピュージュの罠にはまり、ガミルゴの盾島に掛けられた魔界への封印が解かれてしまう。
まもなく現れた魔族の軍勢により窮地に陥るも、そこを救ったのはユシュカと名乗る魔族の青年だった。
しかし代償として魔族の姿にされた主人公。ユシュカは大魔王選定の儀を行うため、主人公は元の姿を取り戻すため、魔仙卿のいるデモンマウンテンの頂を目指すこととなる。

Ver.5.1

魔瘴の像から現れ、主人公を元の姿に戻した謎の少女イルーシャは、未だ記憶を取り戻せずにいた。そんな中、魔瘴塚を鎮め魔幻都市ゴーラを救うなど、彼女は「魔瘴の巫女」としての才能を開花させていく。
しかしその最中、魔界全土を巻き込んだ戦争が勃発してしまう。

Ver.5.2

魔界全土を巻き込んだ魔界大戦が終結。しかし三国とも深手を負っており、特にゼクレスとバルディスタは復興もままならない状況だった。
魔仙卿は主人公に両国復興に助力することを命じ、主人公は両国へと旅立つ。

Ver.5.3

大魔王に就任した主人公。その最初の政務で、イルーシャとそっくりの少年・ナラジアを発見する。
さらに修行を終えより強くなったアンルシアが大魔王討伐のために大魔王城に襲来するが、直後にジャディンの園で魔瘴の大量噴出が発生。
今は争っている場合ではないと判断したアンルシアと魔王達は、事態収拾のため一時共闘する。

Ver.5.4

マリーンからルティアナを復活させるよう依頼された主人公達は、女神の使徒の末裔が住むという【光の郷フィネトカ】に助力を求める
そこでイルーシャが女神ルティアナの魂の依り代であること、イルーシャが光の神装を身に着けて儀式を行うことでルティアナが復活することが判明する。
イルーシャは光の神装を手に入れるための試練に挑むこととなる。

Ver.5.5前期

イルーシャの犠牲と引き換えにルティアナを復活させるも、同時に復活したジャゴヌバに倒されてしまう。
世界樹の花の力でなんとかルティアナを光の胡蝶として復活させるも、ついに魔界に大魔瘴期が到来してしまった。
主人公は事態の解決のために奔走する。

Ver.5.5後期

兄弟姉妹を闇の根源の呪縛から救った主人公。そこへユシュカからジャゴヌバの本拠地・【滅星の邪園】のイメージが送られてきた。
兄弟姉妹はそこに向かうために【海魔獣ブルラトス】を呼び出そうとしていたが、【リドのタリスマン】の力が足りず失敗したとのこと。
タリスマンの力を開放してブルラトスを呼び出し、いよいよ主人公たちは世界の命運を掛けた決戦に向けて滅星の邪園へと旅立つ。

Ver.6.0

異界滅神ジャゴヌバを倒した主人公。アストルティアに戻ると、港町レンドア上空に謎の島が出現していた。
そこに導きの天使ユーライザが現れ、主人公が英雄として選ばれたことを告げ、新たな階梯に到達するための試練を受けるよう要請される。
主人公はこれを受け入れ、天空の島・天星郷フォーリオンへ旅立つ。

Ver.6.1

ユーライザから英雄に選ばれ、天星郷で新たなアストルティアの神となるべく四天の星巡りに挑んだ主人公。しかしその最終局面の神化の儀にて、英雄達は悪神と化してしまった。
その原因が神化の光炉に仕掛けられた【悪神の火種】によるものであることが判明した。そしてアストルティアで悪神が引き起こした異常事象の観測を受け、主人公は悪神の討伐に乗り出す。