【だいじなもの】

Last-modified: 2018-08-28 (火) 05:31:06

概要 Edit

SFC版DQ3から登場する【アイテム】の分類の1つ。
従来作品の重要アイテムのうち、装備品を除くイベントに必要となるアイテム類がこれに当てはまる。
ただし、ストーリー進行に必須のアイテムではないものも数多く存在する。
 
SFC版DQ3からアイテムにカーソルを合わせたときに分類説明が表示されるようになり、装備品でない重要アイテムは「だいじなもの/ひつようなとき つかおう」と表示されるようになった。
DQ8以前の本編作品(リメイク・移植含む)では名目上の分類というだけで他のアイテムと同じ枠で管理されるが、DQ9から別枠で管理されるようになった。
なお、DQ9ではこの枠にあるアイテムは使うことができない仕様で、【アギロホイッスル】の様に使う必要のある重要アイテムは通常の道具枠に入っている。
DQ10からは通常の【道具】と同じく【つかう】こともできるようになったが、当然ながら使ってもなくなることはない。
なお、売ることも捨てることもできない重要アイテムであっても、装備品であればすべて「だいじなもの」とは別に管理される。

クエスト用アイテム Edit

「だいじなもの」のうち、特定の【クエスト】をクリアするために必要となるイベント用アイテム。
基本的に特定のクエストを受注中にのみ手に入れることができ、クエスト完了またはキャンセルした際に手放すことになる。
敵が落とすものは、指定されたモンスターなどを倒すと通常のドロップアイテムとは別に落としていくことがある。
この際には戦闘終了時にそのアイテムに関する小イベントが発生する。
敵から盗むものは、該当するクエストの受注中にのみ特定のモンスターからそのアイテムを盗むことができるようになる。
この場合も通常の盗めるアイテムとは別枠扱いとなっており、何らかのアイテムを1つ盗んだあとに盗むことも可能。
 
なお、クエストに関わるアイテムは「だいじなもの」に限定されるわけではなく、通常の装備品や消耗品を求められる場合もある。

DQ9 Edit

DQ9に登場する「だいじなもの」は、このクエスト用アイテムがその大半を占めている。
なお紙切れから財宝まで【レア度】は全て☆1つである。システム的には問題ないがどこか釈然としない。
一覧はこちら

DQ10 Edit

クエストの随時増加に伴い大幅に増えた。詳しくはこちら
ストーリー中では生物もだいじな「もの」として扱われることも。
システム的には特に意味はないが、レア度がすべてSになった。

DQ11 Edit

3DS版の【冒険の書の世界】でのみ受注できるクエストがあり、そこでしか手に入れられないアイテムがある。
またストーリー進行の都合上、世界に異変が起きた時【マーメイドハープ】を失い、世界に異変が起きた後に入手した「だいじなもの」の一部は過ぎ去りし時を求めた時に引き継がれずに手元から消失する。消失したアイテムはほとんどが再入手可能だが、【山門のカギ】だけは再入手不可能。
 
本作では「だいじなもの」のレア度はすべてS。ただし全く意味はない【死にステ】である。
一覧はこちら