Top > 【ゼニスの城南東のほこら】


【ゼニスの城南東のほこら】

Last-modified: 2017-11-11 (土) 20:46:22

DQ6 Edit

DQ6に登場する地名。元々は【小さなほこら】という名前で、リメイク版から名前が付いた。
ほこら内は【夢見の洞窟】の奥にある【ゆめみのしずく】が手に入る場所に似ている。
夢見の雫と同じように奥にある壺にたまっている水には癒しの効能があり、飲むとHPとMPが全回復する。
いわゆる【回復の泉】みたいなものだがアクセスがあまり良くないためそれほど利用した人はいないだろう。
また、ここを訪れている人の一人からは、北西の空に城が浮いているという【ヘルクラウド】の情報を教えてくれる。
 
しかし、ヘルクラウドに住む魔物の証言によると、【デュラン】はこれを現実の世界に持ち込んで居城にしたと明言しており、夢の世界に浮いているという事実はない。
実際に、ヘルクラウドと対峙するのは現実の世界の【聖なるほこら】であり、この人の情報は厳密には誤報である。
ただし、封印される前に夢の世界に浮いているものを見た可能性もあるし、この証言どおり北西に行くとある大地の大穴からは、落ちると聖なるほこらの近くに着地するので、プレイヤーにとっては有用な情報となっている。
現実の世界と夢の世界と混同している可能性があるが、よく分からない。