Top > 【ドリル】


【ドリル】

Last-modified: 2017-08-31 (木) 09:06:51

概要 Edit

掘削や削岩に用いられる工具の事。円錐形の部分を高速回転させる事で対象を削る。
【ドリルナックル】【ハイパードリル】【コアドリル】の武器としてで登場。
【ドラゴンマシン】も武器として使用している。
ドリルその物はスラもり3で初登場。

スラもり2 Edit

大戦車の砲弾の一種。
上から順に【ドの字の石板】【リの字の石板】【ルの字の石板】を乗せることで変化する。
また、【ウサンダー】【バズーカボトル】には巨大ドリルがあらかじめ備え付けてあり、
戦車内のスイッチを押すことで発射できる。
着弾時に大ダメージの後、一定時間砲撃不可かつ継続ダメージという極悪な性能を誇る。
ダメージは巨大ドリルは直撃40と継続1×19=19の計59ダメージ、
石板から変化したドリルは直撃100と継続5×19=95の計195ダメージ。
ちなみにコックピットに刺さっている状態のドリルに触れるとダメージを受ける。
石板から変化したドリルは【てつのたて】と同じく2発まで敵の弾に耐えるが、
弾速が遅いため撃ち落とされることもしばしば。盾系の弾と併用したい。
一方巨大ドリルの方は硬さが無い弾を7発当ててようやく撃ち落とせる。
これはこちらがデッキで使える【メタルキングのたて】の5発を上回る、最高の耐久力である。
 
【ラスボス】【オン・ゾ・エーグ】もこれの一種である赤い水晶を撃ってくる。
そちらは硬さが無い代わりにスピードがあり、おまけに狂ったかのように何発も連射してくる。
さらに赤い水晶のダメージは直撃30と継続10×19=190の計220ダメージとなるので絶対に撃ち落としたい。
 
以上の理由から、自分が使うより敵に使われて嫌だった人の方が多いはず。
なお、これも(赤い水晶含め)普通の弾同様に【ミラーシールド】で跳ね返せるほか、【スラまる】でキャッチすることも出来る。
スラまるが奪ったドリルを自分の戦車の大砲に入れて打つと、
ドリルの先端がこちらを向いたまま飛んでいく(しかも先端から火を噴いている)というシュールな光景を見ることができる。
そのままぶつけることが出来れば、かなりのアドバンテージを稼げる。

スラもり3 Edit

2と同じ方法で使用出来る他、正式に弾として登場し、計10個入手可能。
しかし、当然というべきか入手方法はかなり厳しく、すれ違い通信での対戦で100勝するか、【スーパーチャレンジバトル】制覇後に行ける【ヤンスのみせ】?で9個限定で1個400000Gという破格の値段で購入できる。
前者は通信する相手のいない人にとってはある意味店での購入よりも難しい。
しかし、極端な話【スーラシアおうこく】に到達した時点で入手できるので、その場合はゲームバランスが軽く崩壊する。
店での購入は、スーパーチャレンジバトルを突破できたプレイヤーならもはや屁でもないだろう。
というより、店に売られているのを見て「スーパーチャレンジバトルの前にくれよ」と思った人も少なくないはず。
 
スピードこそ遅いが、敵の砲撃を阻害する効果に加えて威力100・硬さ5と文句無しに最強クラスの弾。
当たった際の連続ダメージも健在で、5×19=95の追加ダメージが入るため、実質的な威力は最低でも195。
これに【メラゾーマ】を組み合わせれば、相手の甲板は瞬く間に地獄絵図と化する。
普通に見ると前作のミラーシールド並みのバランスブレイカーだが、入手の難しさという意味でバランスは取れている。
 
スーパーチャレンジバトルの難易度を上げている要因の一つであり、終盤ではこれが当たり前のように何発も飛んでくる。
また、【カラカラじま】周辺に出現することのある【スーパーキラーマシン船】も撃ってくるため、苦しめられた人もいるだろう。
対策としてはミラーシールドや【にほんとう】が挙げられる。逆に、自分が使う場合はそれらに気をつけて使わないといけない。