【スーパーチャレンジバトル】

Last-modified: 2021-01-31 (日) 16:29:57

スラもり3

スラもり3のクリア後のやりこみにして、最難関の要素。
【モジャパンじょう】付近の赤しっぽ要塞に近づくと始まる。
通称"20連戦"。他のしっぽ団の要塞は最大でも5連戦だったことを考えれば、これがいかに破格かわかるだろう。
1回戦から全く手加減なしの仕様で、そこらの船とはもはや比べてはいけない領域。
クリアすることで、【ドリル】【勇車の剣】【イカリのてっけん】が売られている最後のヤンスの店への道が開ける。

攻略

ただクリアするだけならば、【キメラのつばさ】を使ったHP0戦法(向かってくる敵をこれで追い返したスキに攻撃)で突破するのが比較的楽といわれている。
だがそんなセコい作戦より正攻法で勝ちたい人もいるだろう。やるなら【にほんとう】は数を揃える事。また一部の船は海中からヤリイカで攻撃することを得意としており、こちらの対策もしておきたい。
なお、砲撃を担うのは基本的に2本兵である。
よって、HPを0にさえされなければ、敵の船のエンジンにこもってこちらの船の回復を待つことができる。
20の船はそれぞれに特徴があるので、以下にデータを載せておく。(赤字は2本兵)

1回戦

始まる前に、「これを倒せないなら出直してきてください」と言われる。
初見の船の墓場で苦しめられた人も多いであろう【くさったしたい船】が初戦の相手。
最初からHPは2970と非常に高い。敵はくさったしたい、さまようよろい、さまようよろい、ゴースト。撃ってくる弾は【おうごんのつめ】【いかずちのつえ】【メガトンハンマー】【金の矢】【いんせき】【てつのたて】【とうがらし】【えいゆうのヤリイカ】【ぎょらい3】とかなり豪華。
ただし、攻撃力は200と低い方。ゴーストに撹乱されなければ、比較的楽だろう。

2回戦

【メタルスライム船】が相手。メタルスライムだからHPが低いということは全くなく、3190もある。
敵はサボテンボール、さまようよろい、ガメゴン、スカルガルー
撃ってくる弾はおうごんのツメ、【メタルキングのたて】、鉄の盾、【きせきのつるぎ】【はやぶさのけん】【スライダーバッジ】、メガトンハンマー、魚雷3、えいゆうのヤリイカ。
メタキン盾とスライダーバッジの組み合わせはかなりの脅威。攻撃力は210。
とここまで挙げてきたが、この船でもっとも恐ろしいのはスカルガルーによる反射である。敵に使われると厄介なことこの上ない。
ドリルや日本刀は反射されないようにくれぐれも気をつけて撃とう。

3回戦

【キメラ船】が相手。初めての遭遇でトラウマになった人もいるかもしれない。HP3400。
敵はドラキー、ドラキー、ドラキー、マミー。撃ってくる弾は【はなび】メラゾーマ、やいばのブーメラン、【イオナマイト】【じごくのおおかま】、ミサイル3。
硬い弾や周囲の弾をまとめて消すものがそろっていて、敵にダメージを与えにくい。攻撃力は220。
しかし、なぜかまっすぐにしか弾が飛んでこない。よって、当てたい弾はやまなりに撃てばブーメラン以外は避けれる。
まっすぐには盾や日本刀を撃てば楽。
エンジンルームはジグザグのガラス8枚。もっとも時間がかかるタイプなのでHP0戦法の場合は余裕を持って動くこと。

4回戦

【レティス船】が相手。20連戦における最初の難関。HP3610。
敵はももんじゃ、ウパパロン、サボテンボール、あやしいかげ。撃ってくる弾はおうごんのツメとまじんのオノ。これだけなのである。
攻撃力230なので、必ず会心になることを考えればまじんのオノ1つで690ダメージ。こんなものを食らえば、最大強化を施した船でも4つでHPが0になる。
こちらは常に弾を担ぐようにしておき、相手が撃ってきた数だけこちらも撃つようにすればいいだろう。まじんのオノが外れたときにダメージを与えられる。

5回戦

始まる前に、「ここまで来るのも充分すごい!でもまだまだこれからが本番だ」と言われる。
【スーパーキラーマシン船】が相手。この船のパーツはここで集めた方が早いかもしれない。HP3950。
敵はモーモン、ドラキー、ピクシー、メタッピー。撃ってくる弾はおうごんのツメ、燃える水、特薬草、にほんとう、スライダーバッジ、いんせき、イカリのてっけん、メガトンハンマー、【はかいのてっきゅう】
種類は多いが、メインとなる弾はメガトンハンマーとはかいのてっきゅう。どちらも脆い上に遅いので簡単かもしれない。攻撃力は240。
正直言ってカラカラ島付近のものより弱い。それを倒せるならここは余裕だろう。
ただし、モーモンはベルトコンベアー無効なので、エンジンの構造によっては注意が必要。

6回戦

ここからは☆船(レアバージョン)が相手となる。まずはいわとびあくま☆船。HP4160。
敵はいわとびあくま、モーモン、ドラキー、おどるほうせき。撃ってくる弾はおうごんのツメ、ミサイル3、メタルキングの盾、鉄の盾、えいゆうのヤリイカ、魚雷3。
上空では盾の中にたまにミサイル3を織り交ぜ、海中からの攻撃がメインとなる。攻撃力は250。
このあたりから盾を破れるにほんとうや海中対策の弾が無ければ厳しくなってくる。攻撃力も徐々に上がっているので注意。
おどるほうせきに関しては、隙の少ないゴーストより対処が楽。

7回戦

おおきづち☆船が相手。HP4320。
敵はおおきづち、ももんじゃ、いっかくうさぎ、ひとつめピエロ。撃ってくる弾はおうごんのツメ、鉄の盾、【ミラーシールド】、はかいのてっきゅう、メガトンハンマー。
盾の後ろの鉄球に気をつけるぐらいで、反射さえされなければ遅い弾しかない。攻撃力260。
ハンマーを無くしたおおきづちがこちらを狙ってくるのは2本兵も同じ。パンチはガラスを一気に割られるのでHP0戦法の場合はおおきづちを優先して狙うこと。

8回戦

ストーリーではスーラシアの前で待ち構えていたゴーレム☆船が相手。HP4540。
敵はプリズニャン、いたずらもぐら、ガメゴン、フレイム。撃ってくる弾はおうごんのツメ、とうがらし、オバケだん岩、メラゾーマ、いんせき、はかいのてっきゅう、イカリのてっけん、まじんのオノ。
ゴーレムらしくパワフルな弾が多い。最も気をつけるべきはイカリの鉄拳。敵のHPが0の時に食らうと2270ダメージにもなり、確実にHP0となる。攻撃力は270。
とうがらしを撃たれるとこちらの攻撃はほとんど遮断されるがオバケだん岩やメラゾーマは炎をすり抜けて飛んでくる。俗にいうとうがらし+メラゾーマ戦法であり、ダメージを与えにくい。

9回戦

キメラ☆船が相手。この船のパーツもここで集めた方が早いかもしれない。HP4730。
敵はいっかくうさぎ、おおきづち、ウパパロン、スキッパー。撃ってくる弾はおうごんのツメ、【あくまのカマ】、特薬草、金の矢、いんせき、メガトンハンマー、日本刀、イカリのてっけん。
この辺から目に見えて敵の弾の速さが上がり、金の矢やいんせきなど元から速い弾は見てから迎撃不可能な場合もある。攻撃力は280に達し、この時点でこちらの最大強化を超えている。
ところが、この船でもっとも曲者なのはスキッパーの存在。侵入さえしなければただの置物だが、自分が侵入して撃たせない作戦だった人には地獄その物。メラゾーマがあれば、スキッパーが火の玉を食らった隙に入れる場合がある。
HP0戦法では、自分のエンジンルームがベルトコンベアーの場合はいっかくうさぎを、ガラスの場合はおおきづちを優先して狙うこと。3回戦同様敵のエンジンルームは時間がかかる構造なので余裕を持って動くこと。
注意するべきことは多いが、これでも後半に比べればまだ楽なのである。

10回戦

始まる前に、「これでようやく中間地点。まだまだ余裕で来てますか?」と言われる。
ストーリーではこくりゅうのアジトの前で待ち構えていたバトルレックス☆船が相手。HP5020。
敵はピクシー、イエティ、サボテンボール、デビルスノー。撃ってくる弾はおうごんのツメ、鉄の盾、ミラーシールド、花火、イオナマイト、奇跡の剣、【バトルアックス】、まじんのオノ。
盾や爆破系に攻防一体の奇跡の剣、さらにバトルレックスを体現するごとく斧系2種と中々の芸達者。攻撃力290から繰り出されるまじんのオノは870ダメージを誇る。
デビルスノーがかなりの曲者で、侵入を許せば弾を消されるし船は壊れるしでもう散々。素早く移動して回るので仲間では追いきれない場合が多々ある。
HP0戦法の場合は、キメラ系同様のエンジンルームなので余裕を持って動くこと。
なお、この船のリーダーの「ピックス」はここでしか見られない。

11回戦

メタルスライム☆船が相手。この船のパーツもここで集めた方が早いかもしれないが、かなり強いので注意。HP5260。
ここから2本兵が4体になり、敵はいたずらもぐら、いっかくうさぎ、いわとびあくま、イエティ。撃ってくる弾はおうごんのツメ、スライダーバッジ、メタルキングの剣、メタルキングの盾。
種類が少ない上にどれも強力で、攻撃力300から繰り出されるスライダーバッジは284ダメージ、剣は240ダメージも食らう。やはり盾とのコンボが凶悪で、弾幕を張っても盾に全て消されてスライダーバッジが直撃という事が多々ある。2回戦の強化版というイメージでいい。
2本兵が4体ということで攻撃が更に苛烈になるのは間違いないが、曲者揃いな1本兵による妨害が無くなるのでこちらも砲撃に集中できるのは利点でもある。
この船のリーダーの「スコップ」もここでしか見られない。

12回戦

ストーリーではシヴァレルの前で待ち構えていたドラゴン☆船が相手。HP5470。
敵はももんじゃ、イエティ、いわとびあくま、ウパパロン。撃ってくる弾はおうごんのツメ、ミサイル3、はかいのてっきゅう、メラゾーマ、まじんのオノ、魚雷3、鉄の盾、やいばのブーメラン。
空・海の両方で攻守共に隙が少ない強敵。攻撃力は310。279ダメージと共に火の雨を降らせるメラゾーマと当たれば930ダメージのまじんのオノには特に警戒しておこう。
エンジンルームの分岐では、数少ない左が正解の船なのでHP0戦法の人は間違えないように。

13回戦

くさったしたい☆船が相手。HP5880。
敵はウパパロン、ももんじゃ、くさったしたい、さまようよろい。撃ってくる弾はおうごんのツメ、とうがらし、メラゾーマ、オバケだん岩、地獄の大鎌、いかづちのつえ、はかいのてっきゅう。
とうがらしとメラゾーマの割合が多く、8回戦の強化版のようなイメージでいい。攻撃力は320。
この船のリーダーの「ウパーパ」もここでしか見られない。

14回戦

キラーマシン☆船が相手。HP6000。
敵はイエティ、サボテンボール、サボテンボール、ピクシー。撃ってくる弾はおうごんのツメ、鉄の盾、ミラーシールド、金の矢、えいゆうのヤリイカ、【ドリル】
14回戦にしてついにドリルのお披露目。ドリルは耐久が5もあり、メタルキングの盾と同等で最高値。来たら全力で撃ち落とすべきだが頻度は低く、基本的にはヤリイカと盾が主体な相手。
とはいえ攻撃力が330もあるのでヤリイカのダメージが115ととんでもないことに。せっかくここまで勝ち進めても、海中の対策を怠っていればHP0は避けられない。

15回戦

始まる前に、「船のHPは残ってますか?やっと終わりが見えてきた」と言われる。
ストーリーではガンバレーの前で待ち構えていたアークデーモン☆船が相手。HP6270。
敵はベビーサタン、いわとびあくま、ドラキー、モーモン。撃ってくる弾はおうごんのツメ、燃える水、いかづちのつえ、地獄の大鎌、イオナマイト、メガトンハンマー。
一見弱そうに見えるが、340もある船の攻撃力が威力を補っている。設置系の弾にギリギリでの迎撃が無意味なイオナマイト、対応が遅れれば迎撃不可となる地獄の大鎌に盾を撃って油断している時のハンマーと弾自体の速さが高いのを最大限に生かした構成なのである。

16回戦

ストーリーではモジャパンの前で待ち構えていたイカスミ☆船が相手。HP6590。
敵はモーモン、いっかくうさぎ、ウパパロン、おおきづち。撃ってくる弾はおうごんのツメ、鉄の盾、ミラーシールド、メタルキングの盾、えいゆうのヤリイカ。
6回戦、14回戦をさらに極端にした感じで、攻撃系の弾はえいゆうのヤリイカだけ。攻撃力350なので122ダメージを叩き出す。上空ではほとんど盾しか無く、攻撃がなかなか通らない。
HP0戦法の場合、厄介な敵ばかりなので注意。反面、敵のエンジンルームは短いトゲ床なので敵のHPが0になったらすぐに向かう方がいいかも。

17回戦

スーパーキラーマシン☆船が相手。この船のパーツもここで集めた方が早いかもしれないが、ここ以降を正攻法で勝利するには弾・腕・運の全てを兼ね備えていなければならない。HP7020。
敵はなんと4体全てさまようよろい。撃ってくる弾はおうごんのツメ、魚雷3、地獄の大鎌、メタルキングの剣ミサイル3メラゾーマスライダーバッジドリル
13回戦からしばらくの間、特殊な戦法で攻めてくる相手が続いたので久々のパワータイプとなる。よく飛んでくるのはメラゾーマ、スライダーバッジ、ドリル。
もともと強い弾が船の攻撃力360によって恐ろしい威力と化し、メラゾーマが324ダメージ、スライダーバッジは硬さ2な上に336ダメージ、ドリルに至っては455ダメージを叩き出す。
弾の速さがとにかく高く、もともとふつうとされている弾でさえ対応が難しい。見てから全て迎撃するのは至難の業で、基本的に日本刀や盾で常に弾幕を絶やさないようにした方がよい、というかそうでもしないとすぐにHPを0にされてしまう。
ここ以降を正攻法で挑むなら、大量の日本刀と共に運も要求されてくる。スライダーバッジやドリルがまとめて大量に飛んできたら日本刀がいくつあっても足りない上、ドリルの直撃を許せば大砲が使えない間にHPが0になることもある。もしそうなったら、運が悪かったと諦めよう。
HP0戦法でなくてもHP0にされることが多々あるが、その場合相手は全員盾で正面からの攻撃を弾くので落ち着いて対応しよう。

18回戦

配信が終わった現状、ここ以外では絶対に会えない【やまたのおろち船】が相手。当然だが、ここ以外で設計図を集めることも不可能である。HP7850。
敵はなんと4体全員ガメゴン。撃ってくる弾はおうごんのツメ、魚雷3、ミラーシールド、イカリの鉄拳、ミサイル3いんせきメラゾーマ勇車の剣ドリル
17回戦に続き、今度もパワータイプ。
敵はガメゴンだが弾の速さは17回戦をも上回る。弾の速さが素ではやいいんせきが加わっていて、基本的に弾幕が張られていなければ被弾は避けられない速さで飛んでくる。攻撃力370なので281ダメージ。他にも、硬さが鉄の盾と同様の3かつふつうの速度で飛んでくる勇車の剣がここから追加され当たれば444ダメージ。ドリルは当然山のように飛んでくる。
正攻法ではやはり運次第だが、もしHPを0にされたところでガメゴンは攻撃に移るまでの時間が長いので対処は簡単だろう。慌てていると攻撃を弾かれるが、攻撃の予備動作が始まってからでもスーパースラストライクが間に合う。

19回戦

18戦を勝ち抜いてあと2戦、疲労も溜まってきたプレイヤーの前に現れたのはなんと、【ドン・モジャール船】だった―――。なお、前置きは特にない。HP8020。
敵は【ドン・モジャール】1体。撃ってくる弾は3段階のフェーズに分かれている。
第1フェーズ、HP8020~6000まではひたすら日本刀だけを撃ってくる。のだが、弾が撃たれるペースはラスボスとして戦ったときよりもはるかに早く、普通に撃っていても1分持たずHPが0になるだろう。攻撃力380なので1発のダメージは376となる。
第2フェーズ、HP6000~4000までは7とメラゾーマを撃ってくる。頻繁に飛んでくるメラゾーマで船内にはほぼ常に炎の雨が降り注ぐ。この状態でドン・モジャールを追い払い続けるのはかなり辛いものがある。
最終フェーズ、HP4000以下では召還弾とメラゾーマ、日本刀、イカリの鉄拳、ドリルを撃ってくる。メラゾーマ、ドリル、ドン・モジャールの存在の三重苦な上に仮に弾が撃てたとしても少なければ硬い召還弾や日本刀に阻まれる。
普通に撃ったところで当てることすらできないことが多いので、ここは頭を使おう。船の中に一度に出現する弾の数は最大で10。ドン・モジャールを追い払いながら徐々に集めつつ隙ができたらまとめて撃つと何個かは当たる。なお、集めた弾はスラストライクを当て続けていれば消えない。
使った時点で正攻法でも何でもないが、ドン・モジャールをハメて動けなくする方法が2つ存在する。
1つは、【おどるほうせき】【メタッピー】を仲間に入れて侵入させる。これでドン・モジャールは動けなくなり一切船に攻めてこなくなる。ドン・モジャールが攻めてこなければ楽なのは間違いないが、注意点がある。
それは、他の仲間・弾の追加効果が敵船の内部に干渉した場合ハメが解除されること。仲間を大砲で飛ばすかキメラの翼が仲間に当たって送られる、メラゾーマやドリルが当たるなど。そのため、このハメを使う場合は仲間に【スカルガルー】を入れるのをおすすめしない。
もう1つは、エンジンルームの形をキメラメ・レックス・けんおうのいずれかにしておく。すると、エンジンルームの角を1つ曲がったところでドン・モジャールが竜巻の往復しかしなくなる事がある。
弾の威力が高すぎて存在を忘れがちだが、ちゃんと噴火する。
ここのドン・モジャールはなぜか開幕時、こちらのHPが0になったときには喋らない。

20回戦

始まる前に、「いよいよ来ました最終バトル!あとは気力だけで頑張ってください」と言われる。【スライバ船】が相手。HP9500。
敵は【スライバ】モーモン、ガメゴン、さまようよろい。撃ってくる弾はおうごんのツメ、メタルキングの盾、ミラーシールド、魚雷3、イカリの鉄拳、メガトンハンマー、いんせきスライダーバッジメラゾーマ日本刀勇車の剣ドリル
最上位の弾をこれでもかと詰め合わせたまさに最終戦にふさわしい相手、なのだがこちらのHPはどうせすぐ0になるので撃たれる弾を見ることはあまりできない。
なぜか、このスライバは何も喋らない。
その他の詳しい事はスライバの項目を見てほしい。
この船を沈められれば見事20連戦クリアとなる。お疲れ様でした。