Top > 【ホイミストーン】


【ホイミストーン】

Last-modified: 2019-06-20 (木) 12:11:21

概要 Edit

【ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城】で導入されたシステム。
癒しの力を封じることができる魔法の石であり、使うことでメンバー全員の【HP】を回復できる。
ただし、一度使ってしまうと癒しの力は失われてしまい、再び力を満たすまでは使用できなくなる。
本編で言うところの【けんじゃのいし】に似たアイテムで、回復強度を選べるけど使用回数が決まっている、と言ったところ。
初登場のDQHでは癒しの力をためる方法が「お金を払うこと」というやたら世知辛さを感じさせる方法なのが特徴。

DQH Edit

【ラバトール】のステージ「砂漠の町を守る者」クリア後に使えるようになる。
初期は3コしかもてないが、【教会】【クエスト】をこなすことで最大9個に増やせる。
 
癒しの力と、力を込めるのに必要な費用は下記の通り。回復強度もクエストによって解放される。

【ホイミ】=HPを約35ポイント回復=費用100G
【ベホイミ】=HPを約75ポイント回復=費用400G
【ベホイム】=HPを約180ポイント回復=費用800G
【ベホマ】=HPを完全回復=費用4000G

本作では、ホイミストーンと【ハッスルダンス】の2つしか任意のタイミングでHP回復が行えない。
そのうえホイミストーンに満たした力は使い捨てで、使うたびにチャージを行う必要がある。
できれば気軽に使いたくはないが、ボスともなると火力も尋常じゃないのでそうも言っていられない。できるだけ回復強度の強い石をもっておくことが理想。
 
本編をクリアするぐらいならベホイムストーンで十分回復は足りるので、ベホマストーンの出番は本編クリア後のおまけ要素に挑む時ぐらいであろう。
また、全ての石に力を満たすのに「いいえ」と答えれば、個別チャージかつ回復強度の選択が可能である。ベホマまで解放したけど経済的に厳しい場合は、この方法でベホイム以下の石にしておこう。

DQH2 Edit

【ゼビオン】やバトルステージに入れば自動で、しかも無料で現時点で最高の効果をチャージできるようになった。
よって、前作では予算の問題でむやみに乱用できなかったベホマストーンも気軽に使うことができる。
しかし、けんじゃのいし、【ベホマラー】【めいそう】などの回復特技が追加された影響か、所持できる数は最大5個に下げられている。
ちなみにお手伝いでほかの人のプレイに参加した時には、ホストしか使うことができない。
 
材料は【小さなうろこ】【青い宝石】など。