Top > モンスター > 【ラフ】


モンスター/【ラフ】

Last-modified: 2019-09-19 (木) 11:37:28

「ラフ」(ラーフ,羅睺)はヒンドゥー教の魔神。神話では空に昇って星となり、日食・月食の原因とされる。

  • ディーヴァ神族(善玉側)がアスラ神族(悪役側)と協力して不死の霊薬アムリタを作り出したとき、分け合う約束をディーヴァ側が破って独占しようとし、そのどさくさの中で唯一アムリタを飲むことに成功したアスラ。
    ヴィシュヌがそれを阻止しようとチャクラムを投げてラフの首を落としたが、その時点で喉まではアムリタが達していたためラフは首だけの不老不死となった。
    この時ヴィシュヌにそれを知らせたのが太陽と月であるとされ、それ故ラフは太陽と月を恨み、空を追い掛けて食い殺そうとしているのだという。

FF6 Edit

瓦礫の塔のボス敵・インフェルノ右腕で、雷属性を吸収し、冷気属性に弱い。
HPは8000とやや低めで、攻撃手段は通常物理攻撃(たたかう)と1.5倍物理攻撃の「レイピア」のみ。
ケトゥ同様即死耐性がないので「エアアンカー」などで葬っても良いが、インフェルノが生きている限り両腕は再生する。


状態異常は石化即死スロウストップ死の宣告が有効。


ナンバー128ライトブレードよりも爪が見た目ゴツくなっていることはあまり知られていない。
単なる色違いじゃないんですよ?


SNES/PS英語版ではRoughだった。コレではただの乱暴者(「ラフプレー」のラフ)である。
GBA版で上述の元ネタに適合するRahuに訂正された。


こいつとケトゥはレア枠でフレイムシールドが、インフェルノはレア枠でアイスシールドが盗める。
全パーツ共通でスロウが効くので、動きを遅めてまとめてゲットしておきたい。


スケッチ」でたたかうかレイピアが使用可能。

FF11 Edit

表示名は「Rahu」。
「MMM傭兵課」と「アビセア-アットワ」に出現するノートリアスモンスター
前者ではラプトル族、後者ではドラゴン族と、出現場所で種族が変わってしまう珍しいモンスター。


詳細はこちら→Rahu