Top > 特技 > 【ウォークライ】


特技/【ウォークライ】

Last-modified: 2018-11-14 (水) 21:15:05

「ウォークライ(War cry)」とは戦場であげる「鬨の声(ときのこえ)」のこと。
自分と味方の士気を高めるために発する雄叫び


FF11 Edit

初登場。戦士がレベル35で習得可能なジョブアビリティ。
自分と周囲のパーティーメンバーの攻撃力をアップする。
ジョブ特性「サベッジリ」を習得すれば、さらに「TPボーナス」が付加され、
ウォークライの効果中に使用したウェポンスキルが強化されるようになる。
なお、同じく戦士が習得するブラッドレイジの効果とは重複せず、後に使った方の効果で上書きされる。


詳細はこちら→ウォークライ

FF13 Edit

ゲパルト猛牙ゲパルト金剛が使用する技。
共通して自分を強力(ブレイブ)、後者はそれに加えて自分を加速(ヘイスト)状態にする。

FF14 Edit

戦士がレベル50で習得可能なジョブアビリティ。
「ディフェンダー」または「デストロイヤー」の効果中のみ使用可能。
実行すると戦士の固有ゲージであるインナービーストゲージが50増加する。
またレベルが66になると、インナービーストを消費するWSを使用した際に再使用時間が5秒短縮される特性が追加される。

FFTA2 Edit

パラディンヴァイキングの「騎士道」「あらくれ」の技。
自分中心隣接範囲にいる相手に「耐性アップ!」を付与し、異常ステータス耐性をアップさせる。
多分FFTの「さけぶ」と同じようなものだったんだろうが…アレは強すぎたか。
パラディンはオブリージュ、ヴァイキングはフランシスカから習得可能。


味方NPC扱いのサーダルクが使う以外、目にする機会はほとんどない技。
で、この援護が悲しいくらい使えない。
ゾンビフリメルダのほうがマシなくらいである。

  • 一部ヴァイキングが使ってきたりする。

扱いとしては「フォース」状態になる。
異常ステータス耐性を付けると、モノによっては殆どならなくなるので有用と言えばそう。
からくり士からくりサポートにでもどうぞ。


アストラレジスト使った方が…

  • 確実性ならそっちが上だが、まあ一回限りと数ターン有効との違いだろう。
  • くさい息など一回で複数の状態異常を付加する技なら、こっちのほうが有効。

フリメルダさんの荒々しい雄叫びを拝むための技。

DFFAC Edit

イフリートの召喚前効果。
ガード耐久値の削り値を1.5倍にする。

FFL Edit

戦士がレベル15で習得する戦技の一つ。
レベル制限のためメモリスト編の時点ではアルジイしか使えず、光の戦士達は習得出来ない。
味方全員の物理攻撃力を上げるかなり便利な技。消費MPは24。
チャレダン闘技場攻略の際にはかなりお世話になる。
ただし、ナイト編では他にも便利なアビリティが数多く登場する上、チャレダンのボスもそこまで強くなく、
闘技場の方もレベル60まで上げればそこそこ楽に攻略できるので、あえて拘らなくても良いだろう。


戦技の中でも最後までお世話になれる性能。
ただし、マイティウォールのコストパフォーマンスが気にならなくなればお役御免になる。

PFF Edit

オーバーパワー」を覚えているキャラに戦士の秘伝書を持たせると使えるようになる。
リメントブレイク中、通常攻撃をするたびに自分の力が25%ずつ増加する。
最大は2倍(5回攻撃で100%)で、ブレイクが切れると元に戻る。
スキルカウンターの対象になるので注意。

メビウスFF Edit

FFRKコラボアビリティカード「光の戦士:FFRK」のアビリティ。
土属性マルチ系のアビリティで、一定ターン、敵の攻撃をひきつける。