Top > くだものれっしゃ


くだものれっしゃ

Last-modified: 2019-09-16 (月) 10:53:27

「失敗の原因は色々有るけどさ、今日は僕達、いい勉強したって所かな?」
くだものれっしゃ

日本版タイトルくだものれっしゃ
英語版タイトルPercy, James and the Fruitful Day
脚本ブリット・オールクロフト
デヴィッド・ミットン
放送日・1919年8月10日(英国)
・1992年9月29日(日本)
・1993年3月19日(オーストラリア)
・1993年4月2日(米国)
・1998年1月12日(ドイツ)
・2008年3月19日(ハンガリー)
話数77
この話の主役パーシージェームス
機関車紹介トーマスジェームスゴードンヘンリーダックエドワードパーシー
登場キャラクターAトーマスエドワードヘンリーゴードンジェームスパーシーダックアニー
(英国版のみ:クララベル
登場キャラクターBいたずら貨車・いじわる貨車果物列車
登場キャラクターCクララベル
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿パーシーの機関士ロアー・サドリー駅長
登場人物Bジェームスの機関士ジェームスの機関助手パーシーの機関助手トップハム・ハット卿の付き人
登場人物Cトーマスの機関士トーマスの機関助手トロッターさん青いオーバーオールの作業員作業員
登場スポットティッドマストンネル
スリー・ウェイ・ロード
三層橋
ティッドマス機関庫
ロアー・サドリー駅
ロアー・サドリー操車場
アールズバーグ港
ソドートレーディング会社
あらすじ・ある日、ジェームスは果物が積まれた貨車を運搬していましたが、途中でブレーキが故障してしまい、代わりにパーシーが運ぶ事になりました。しかし、パーシーは慌てていたのでポイントの故障で間違った線路に入ったのに気づかず、果物塗れになり…。
メモヘンリーエドワード続いてパーシーをボロクソに言うジェームス
・機関士が映るシーンは『やったねビルとベン』と『おくれたゆうびんしゃ』の使い回し映像。
第2シーズンおんぼろエドワード』の時に続いて時間に厳格なジェームス
第1シーズンジェームスのだっせん』に続いてブレーキを壊してしまうジェームス*1
第2シーズンけむしになったパーシー』の時に続いて遅延の弁解をするパーシー*2
あの時のゴードンに続いて、線路を間違えるパーシー
第2シーズンかしゃにのりあげたパーシー』に続いて貨車を破壊するパーシー*3
・この話のエドワードヘンリーダックの一人称が「俺」になっている。*4
貨車達は台詞無し。
あの時のハロルドに続いてジェームスをボロクソに言うパーシー
ロアー・サドリー駅長、初めて喋る*5
・事故を起こした後、パーシートップハム・ハット卿からやや厳しめに注意を受けているシーンで、パーシーの機関室の屋根の後ろの部分が少し浮いている。
・この話のトーマスヘンリーは『ちょっとちがうよオリバー』、エドワード前回アニークララベル第2シーズンきかんしゃたちのクリスマス・キャロル』に続いて終始走っていない。
台詞ナレーター「その朝、ソドー島は素晴らしい天気だった。ジェームス赤いボディがキラキラと輝くそんな自分の姿にとても満足していた。連絡駅に着いた時パーシーが貨車を牽いてやって来たのを見てジェームスは驚いた。」
ジェームス「こんな所で何してるんだい?もう、向こうの駅に着いてなきゃいけない時間だぜ。」
パーシー「解ってるよ!でも貨車達が朝から面倒ばかり起こして!」
ジェームス「そんなの言い訳にならないよ!僕らは何が有っても遅れちゃいけないんだ!トップハム・ハット卿が折角信用してくれてるんだからさ!しっかりやってくれよ!」
パーシー「ふん!威張りん坊め!」
ナレータージェームスは港に着いた。その日は市場が開かれていて、の広場には、遠い国から運ばれて来た色々な果物の甘い匂いが流れていた。ジェームスの貨車にメロンオレンジバナナ等が注意深く積み込まれて行った。その貨車を牽いてジェームスは再び本線に戻った。帰る途中でトーマスに会った。」
ジェームス「僕って本当に頼りになる機関車だと思わない?それに比べてパーシーは駄目だね。」
アニー「一体、何が有ったのかしら?」
トーマス「何か、迷惑でも掛けられたんだろ?まっ、様子を見てみよう。」
ナレーターパーシー操車場に戻り、遅れた時間を取り戻そうと、貨車を引き込み線に入れる仕事に忙しかった。其処へ駅長が悪い知らせを持って来た。」
パーシーの機関士「どうしたんですか?」*6
ロアー・サドリー駅長ジェームスのブレーキが外れなくなったんだ!パーシー、すぐ手伝いに行ってくれ!」(初台詞)
ナレーターパーシーは直ぐ、助けに向かった。パーシーは動けなくなったジェームスを見て、思わず笑ってしまった。」
パーシージェームス、大変だね!こりゃ厄介な事になった物だねえ・・・!」
ジェームス「煩いなぁ・・・!ブレーキの故障は笑い事じゃないんだぞ!?」
パーシー「でも、あんまり威張れる事でもないよね。機関車はどんな時でも遅れちゃいけないって言ったの誰だっけ?」
パーシーの機関士「揶揄うのはそれ位にして、貨車を押してくれないかパーシー。」*7
パーシー「ええ、やりましょう!愚図愚図しちゃいられない!ジェームス所為で、もう随分遅れちゃったからね!」
ナレータージェームスはむっとしながら、パーシー貨車を連結されるのを待った。」
パーシー「さあ、行くよ!遅れない様に急がなくちゃ!大型機関車は頼りにならないからねぇ!」
パーシーの機関士「気を付けて進めよパーシー!」
ナレーター「だが、パーシーは慌てていた。ポイントが故障して間違った線路に入ってしまったのに気づかなかった。」
パーシーの機関士「危ない、パーシー!」
ナレーター機関士が叫び、ブレーキを掛けたが…もう遅かった。…機関士助手は無事だったが、グシャグシャになった果物がパーシーの体中に飛び散った。」
パーシー「うわぁっ!!うくくっぷっ…、あぁっ…。」
ナレータートップハム・ハット卿がやって来た。」
トップハム・ハット卿パーシー、ポイント故障はの責任では無いが、儂はジャム工場を経営している訳では無いぞ!」
パーシー「分かってます、済みません・・・。」
ナレーター「その夜、皆しょげていた。特にジェームスパーシーが沈み込んでいた。黙りかねてトーマスが口を開いた。」
トーマス「失敗の原因は色々有るけどさ、今日は僕達、いい勉強したって所かな?」
ナレーター「それでも皆黙っていた。」
トーマス「僕達が助け合おうとすると、却って悪い結果になる事だって有るんだよ。」
パーシー「だから何さ?何が言いたいの?」
トーマス「だからね。ほら、いつも言ってるだろう?色々有っても結局…」
ゴードンヘンリーエドワードダック「俺達は役に立つ機関車!!」
ジェームスパーシー「って事か!」
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:ジョージ・カーリン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
エドワード高戸靖広
ヘンリー堀川亮
ゴードン内海賢二
ジェームス森功至
パーシー中島千里
ダック塩屋浩三
アニー中友子
トップハム・ハット卿宮内幸平
パーシーの機関士佐藤浩之
ロアー・サドリー駅長遠藤武
シリーズ前回やったねビルとベン
シリーズ次回ぼうけんいっぱいのクリスマス
参照画像くだものれっしゃ/画像





*1 前回は貨車達の暴走で木製のブレーキを燃やされたのが原因だが、今回はブレーキが外れなくなったトラブルである。
*2 その結果、正当な理由で立ち往生したジェームスを仕返しにからかった天罰が下り、事故を起こす羽目となった。
*3 前回は脆いブレーキ車?、今回は有蓋貨車
*4 ヘンリーの一人称が「俺」と言うのは第2シーズンディーゼルのわるだくみ』に続いて2度目となる。
*5 第6シーズンジャックフロスト』まで台詞無し。
*6 おくれたゆうびんしゃ』の使い回し。
*7 このシーンの映像は、実は前回の『やったねビルとベン』の未公開シーンである。