こわがりなきかんしゃ

Last-modified: 2019-02-02 (土) 20:19:33

ハロウィンの夜になると、幽霊機関車が精錬所に戻って来て、失くした汽笛を探し廻るんだ。ポ~…!ポ~…!!

日本版タイトルこわがりなきかんしゃ
英語版タイトルScaredy Engines
脚本(原案)デヴィッド・ミットン
(脚本)ロビン・キングスランド?
放送日・2002年10月1日(英国)
・2002年11月5日(オーストラリア)
・2003年1月28日(カナダ)
・2003年5月31日(日本)
・2004年2月25日(韓国)
・2009年9月4日(ハンガリー)
話数156
この話の主役トーマスパーシー
登場キャラクターAトーマスエドワードゴードンパーシーダック
登場キャラクターBエドワードの幽霊機関車
(機関車紹介なし:ゴードン
登場キャラクターCヘンリージェームストビーオリバーバーティー
(英国版のみ:ゴードン
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿精錬所の監督
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人ジェレマイア・ジョブリングトロッターさんナンシートーマスの機関士トーマスの機関助手トーマスの車掌ヘンリーの機関士ヘンリーの機関助手ゴードンの機関士ゴードンの機関助手青いオーバーオールの作業員
登場人物C子供達ジェームスの機関士ジェームスの機関助手パーシーの機関士パーシーの機関助手ダックの機関士ダックの機関助手
登場人物D無し
登場スポットティッドマス機関庫
ティッドマス機関庫の転車台
精錬所
ティッドマス・ベイ駅
ティッドマス・ベイ城
あらすじハロウィンの晩、精錬所の仕事を与えられ怯えるパーシーをからかうトーマスだったが、やがて精錬所の仕事を自分一人で回す羽目に…。
メモ第6シーズン最終話。
・タイトルに『~なきかんしゃ』と付くのは今回で4となる。
精錬所で散々パーシーを虐めたのに、トップハム・ハット卿に説教されなかったトーマス
・怖い話をしているエドワードのシーンは、編集で本来の長さから短くされている。
エドワードの話の中に出て来た幽霊機関車の模型は、ドナルド(又はダグラス)の模型を使用している。
精錬所が出て来たのに別の仕事で不在だった為か、ハリーバートが登場しなかった。
・物語自体が終始夜のままの最初の話である。
エドワード第7シーズンエドワードとブラスバンド』まで暫くの間喋らない。
精錬所のシーンが始まってから第5シーズンまんげつのよるのできごと』で流れたBGMのアレンジが流れる。
長編第1作に続き、臆病な面を見せるゴードン*1
・未公開シーンではエドワードの幽霊機関車が映るシーンがある*2
第3シーズンドナルドのあひる』以来恐ろしい仕返しを決行するダック
ゴードンが何故か機関車紹介から省略されている。
・この回で学べるのは『口は災いの元』という事。
台詞ナレーターソドー島の機関車達はハロウィンを楽しみにしている。トップハム・ハット卿が打ち上げる花火?も大好きだし、魔女や魔法使いにふんした子供達も可愛い。それにエドワードがしてくれる怖いお話も大好きだ。」
エドワード「ハロウィンの夜になると、幽霊機関車が精錬所に戻って来て、失くした汽笛を探し廻るんだ。ポ~…!ポ~…!!」
・機関車達「うわぁ~っ…!!怖いぃ~!!」
ナレーター「機関車達は身震いした。暫くしてトップハム・ハット卿がやって来た。」
トップハム・ハット卿トーマスパーシーダック、君達に特別な仕事がある。今夜精錬所に行ってスクラップを運んできてくれ。」
パーシー「ハロウィンの夜に~!」
トップハム・ハット卿「心配するな。花火の時間に戻って来られる。」
トーマスパーシーは花火の時間を気にしてるんじゃありません。彼は臆病なんです。」
パーシー「臆病なんかじゃないもん…!」
ナレーター「でも一寸だけ怖かった。精錬所に着くとパーシーは幽霊機関車の事を思い出した。パーシーが怖がっているのを見てトーマスはからかった。」
トーマス「おい、あそこに居るのは何だ?気味が悪いな…!」
パーシー「ただの捻じれたスクラップだよ…そうだろ?」
ナレータートーマスは面白くなって、またパーシーをからかった。」
トーマス「幽霊機関車に捕まらない様に気を付けろよ…!」
パーシー「幽霊なんて…居やしないもん…!」
ナレーターダックパーシーが可愛そうになった。」
ダック「怖い者が無い人なんて居ないよね!」
パーシー「僕は臆病な機関車なんかじゃ無いもんね!」
ナレーター「仕事が、終わりに近づいた。」
精錬所の監督「ご苦労さん。」
ナレーター監督が言った。」
精錬所の監督「後一台だけ残れば用が足りるよ。」
ナレーターダックトーマスに罰を与えようと思った。」
ダック「ねぇ、監督さん?きっとトーマスが残ってくれますよ?」
トーマス「あぁ、良いとも!僕は臆病な機関車じゃ無いからね!」
ナレーターダックパーシーは、帰る事にした。」
ナレーター「独りぼっちになって見ると、ちょっとした物音や、揺ら揺ら揺れる影が不気味だ。トーマスは段々怖くなって来た。」
トーマス「幽霊なんて、そんな物居るもんか…!…誰か居る…?」
ナレータートーマスは、幽霊を探すのに忙しくて行き先をよく見なかった。チェーンが幽霊の指の様に纏わり付いて来る。」
トーマス「うわぁ!!何かに捕まった・・・!!」
ナレータートーマスはありったけの蒸気を噴き出した…!!」
トーマス「ゆ…ゆ…幽霊の汽笛だぁぁぁーーーっ!!!!」
ナレータートーマスは悲鳴を挙げると、猛スピードで逃げ出した・・・!」
トーマス「幽霊機関車が追いかけて来るよ~!!!!」
ダックトーマスは本当に意地悪だよ。君をからかうなんて。」
パーシートーマスは遊んでいただけさ、早く戻って来ると良いのに、花火を見損なったら可哀想だよ。」
トーマス「助けてぇ~!!!!追いかけ来るよ~…!!!!」
ダック「これで、花火に間に合うね。」
ナレーターダックパーシーは皆に合流すると花火を見物した。」
パーシートーマスは何処だろ?花火を見逃してしまうよ。」
ダック「君をからかったりするからさぁ、いい気味だよ。」
ナレーター「でもパーシーは心配だった。彼はトーマスを探しに出掛けた。トーマスは一人で機関庫の中に居た。」
パーシートーマス大丈夫かい?」
トーマス「あぁ…、ごめんよ。君をからかったりして、ダックの言った通りだ。怖い物が無い人だっていないよね。」
パーシー「それに、謝る時にはちゃんと謝らないとね。トーマス御出でよ。ここからでも花火が見えるよ。」
ナレーター「夜空の花火はとても綺麗だった。」
英国CVナレーターマイケル・アンジェリス
米国CVナレーターアレック・ボールドウィン
日本CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
エドワード高戸靖広
ゴードン内海賢二
パーシー中島千里
ダック塩屋浩三
トップハム・ハット卿青野武
精錬所の監督平井啓二
シリーズ前回(英語)せかいさいきょうのきかんしゃシリーズ前回(日本)ジェームスとあかいききゅう
シリーズ次回(英語)パーシーとゆうれいこうざんシリーズ次回(日本)あたらしいなかまエミリー
参照画像

*1 この出来事から数年後には更に臆病な面が見られる
*2 本編と違って赤い光が強い為、ドナルドダグラスの顔が微かに見えてしまっている。このシーンは楽曲『こわくないよ』で使用されている。