いこきさたたむあ

Last-modified: 2019-08-22 (木) 17:55:39

2005年の横浜ベイスターズのレギュラー野手の打順。カタカナで「イコキサタタムア」と表記する場合もある。

選手一覧 Edit

このシーズンは年間を通してほぼ固定オーダーであり、8人全員が規定打席に到達した。一方、メンバーの中で横浜/DeNA生え抜きとして引退した選手はおらず、2019年現在、コーチとして小池が在籍するのみである。

同年を最後に11年連続Bクラスの歴史が始まってしまったことも関係し、この8人への愛着を持つファンも多い。

打順名前(背番号)守備位置横浜退団年と退団経緯NPBからの引退年備考
1・石井琢朗(5)2008・自由契約2012・広島
2・小池正晃(44)2008・石井裕也交換トレード2013・DeNA2011年オフに出戻りFA。
8人中唯一、横浜で引退した選手。
3・金城龍彦(1)2014・海外FA2015・巨人2015年は相川・村田と巨人でチームメイトとなる
4・佐伯貴弘(10)2010・自由契約2011・中日2012年は野球浪人
5多村仁志(6)2006・寺原隼人と交換トレード2016・中日(育成)2012年オフに吉村裕基と再度交換トレードで出戻りしたが、2015年に戦力外
6・種田 仁(3)2007・自由契約2008・西武8人の中で唯一の外様選手*1
7村田修一(25)2011・国内FA2017・巨人2018年はBC栃木に在籍
8相川亮二(8)''2008・海外FA2017・巨人優勝に立ち会えず引退*2

※9番は投手。

なお、後に2000安打を達成することとなるはこの年でのレギュラー定着には至っていなかった。


関連項目 Edit



Tag: 横浜


*1 2001年に波留敏夫と交換トレードで中日から入団。
*2 相川の一軍初出場は優勝翌年の1999年。
*3 当時の監督。