Top > > 4

東方風神録/Stage4

Last-modified: 2016-01-14 (木) 15:03:22
Stage3≪    ≫Stage5
ボム使用の目安

道中1 Edit

4面は道中最大の難所であり敵の攻撃も苛烈だが、攻撃の大半は自機狙いである。
不用意に動き回らず、まずはじっくりと弾筋を見極めることが肝要。
向日葵妖精と滝以外の攻撃は全て画面端からちょん避けでよい。
滝では流れに沿って左右に切り返す必要があるが、H以上では弾速が速いため画面の端まで利用しないと厳しい。
これはタイトル画面放置で見られるデモプレイを参考にすると良いだろう。

霊撃推奨ポイント

中ボス通常攻撃(犬走 椛) Edit

敵機依存の固定弾幕。
N以上は弾幕密度が高く、回避は非常に困難である。
倒すと大Pを出すので、余程自信がない限り霊撃で良いだろう。
 
なお、撃破までの時間によってこの後の滝の長さが変わる。
あまり早く倒しすぎると、滝エリアで2ボムを使わなければいけなくなってしまう。そのため、多少の時間稼ぎを意識すると良い。

道中2 Edit

攻撃してこない烏地帯で上部回収をする場合、さっさと下に戻らないと次の自機狙い妖精に打ち抜かれるので注意。
赤弾の自機狙いを撃ってくる妖精が出る場面では、ホーミングがバグによってうまく機能しない。
ラストの烏ラッシュは、画面端で撃ち込むと多少楽になる。下だと追い詰められやすいため、どんどん上を意識していこう。

霊撃推奨ポイント

ボス通常攻撃その1(射命丸 文) Edit

敵機依存の固定弾幕。
文に撃ち込める様にパターンを作れば、二波目が来る前に倒すことが出来る。
ただし、当たり判定が低く見えて実はやや高めなので、油断は禁物だ。

Lunatic

岐符「天の八衢」(E/N)
岐符「サルタクロス」(H/L)
Edit

固定弾幕を展開後、弾がランダムに落下してくる。
基本的に正面で気合避けだが、Nは正面の弾幕密度が高いので一時的に左右に避難する手もある。
難関スペルなので霊撃が望ましい。倒すと大Pを出すのであまり温存に拘らない様に。

特殊回避パターン
安全な取得方法

ボス通常攻撃その2 Edit

敵機依存の固定弾幕。
ポンデリング弾が道を塞いでくるので、タイミングを見計らって前に抜けると良い。
Lはenemyマーカーの端を目安にすることもできる。

風神「風神木の葉隠れ」(E/N)
風神「天狗颪」(H)
風神「二百十日」(L)
Edit

半固定弾幕。
多数の弾が交差しながら飛んでくるため、風神録の中でも指折りの難スペルである。
HよりLが簡単なスペル。速いが縦に長く弾は薄い。

霊撃使用パターン
回避パターン

ボス通常攻撃その3 Edit

2とほぼ同じ。

Lunatic

「幻想風靡」(N/H)
「無双風神」(L)
Edit

無茶苦茶気合系耐久スペル。
画面の端の方で避けると、片方向の弾幕のみ相手にするだけで済む。
下に行き過ぎると追い詰められるため、なるべく前に出るように心掛けること。
霊撃をするならカウントダウンが始まってちょっと経ってからが望ましい。
ちなみに、文がぶんぶん飛んでいるところは、見た通り被弾判定。

Lunatic

塞符「山神渡御」(E/N)
塞符「天孫降臨」(H)
塞符「天上天下の照國」(L)
Edit

全方位弾と弾列の組み合わせで、どちらも完全固定弾幕である。
横移動のみだと弾が重なるため、弾列を避けたら前に出て全方位弾を抜けていくと良い。
弾列をくぐるのが苦手な場合は霊撃推奨。


過去の東方攻略wikiより

 
Stage3≪    ≫Stage5