Top > 【どとうのひつじ】


【どとうのひつじ】

Last-modified: 2019-06-18 (火) 01:13:30

DQ7 Edit

【羊飼い】をマスターすることで習得できる特技。怒濤の羊。
消費MPは0で、属性は【軍隊系】
羊の大群を呼び寄せ、モンスターの群れに向けて突進させる形で、敵全体からランダム対象で4回単体攻撃を行う。
一撃あたりのダメージは、「使用者のLv×2+25」で算出された値に±10%程度の乱数が加わる。
1/3の確率で失敗して何も起きない他、回避されることもある。
【とおぼえ】よりも成功率は下がっているが、威力が上がっているためダメージ期待値はこちらの方がやや上。
 
地形によって失敗する危険のある【マグマ】【じわれ】などと異なり、海の上だろうと異世界だろうとどこでも呼び寄せられるので非常に便利。
ただ、画面上では敵を蹂躙するように茶色っぽい煙が出ているだけなので、実際に羊の群れの姿を確認することはできない。
 
また、特技の仕様上、敵の数が少ない場合に特に威力を発揮する。
雑魚戦では耐性持ちが少ないのでその威力を存分に発揮できるが、対象を選べず、また失敗することも多いので微妙に使いにくい。
とはいえ習得直後でも他の攻撃よりも大ダメージを期待できるため、4人でひたすらこれを撃つだけでも結構強い。
序盤~中盤のボスは耐性持ちだが、何故か後半のボスには通用することが多い。
特に【オルゴ・デミーラ】【神さま】にも有効で、この二人を倒す際の切り札になりえる。
1/3で失敗するとはいえ4回攻撃が直撃すればレベル40で400前後、レベル50で500前後のダメージを叩き出せ、それが消費MP0だというのだから弱いわけがない。
そのため【つるぎのまい】と並びDQ7のバランスブレイカー筆頭といわれる特技であり、人によっては「DQ7は怒涛の羊ゲー」と揶揄されることも。
実際に神さまとやり合う時期(レベル50~70あたり)では失敗する危険を考慮しても【アルテマソード】と互角以上の火力を誇り、つるぎのまいに至っては過剰なレベル上げかドーピング、【ドラゴンキラー】などによる弱点武器補正でもない限りは期待値的にもどとうのひつじのほうが強くなる。
 
ちなみに【ぐんたい呼び】【チビィのかたみ】の威力もこれと同じ計算式を使用する。
違いは成功率が100%という点。軍隊呼びはお金が必要ではあるが、チビィの形見は道具として使用するだけで良いため一人はこれを使わせると良い。
ただ、これらは習得・入手の難易度が高いので、DQ7での軍隊系の花形はやはり羊である。

3DS版 Edit

効果が「敵全体にレベル×2前後のダメージ」と大幅に変更された。
威力自体もPS版より下がっている上に、ランダム攻撃ではなく全体攻撃になったため、一体の敵に使ってもダメージは変わらない。
そのくせ属性は軍隊系のままで、1/3の確率で失敗するのも変わらない。なのにMPを2消費するようになった。
とんでもなく割に合わない特技と化したが、それでも羊飼いにとっては貴重な攻撃技なので、【魔物ハンター】ルートを選ぶと攻撃手段はこれに頼ることになる。
 
上級職になれば、PS版と違ってほとんど使われることはなくなるだろう。
これによって、攻撃役として羊飼いが駆り出されることはほぼなくなった。……が、代わりに【ひつじかぞえ歌】などの補助技が超強化されたため相変わらず羊飼いが有用な職であることには変わりない。
むしろランダムターゲットな上に発動すら不安定な攻撃技よりも、敵全体を高確率で無力化できる眠り技の方が使えると言えるかも知れない。
 
今回は使うとグラフィックでもちゃんと羊の大群が表示される。

DQMBV Edit

メルビンの【とどめの一撃】として使用されている。
まずメルビンが木に居合い斬りを放ち、葉っぱを一枚切り落とす。
次にその葉っぱで草笛を吹くと、大量の羊(そのうち1頭にガボが乗っている)の群れがやってくる。
その群れに飛び込み、群れごと相手に突っ込んでいく、というもの。
 
よく見ると、突っ込む寸前にマリベルがすっ飛んできてメルビンとガボをつきとばし、代わりに羊に飛び乗っている。
ガボは別の羊に無事乗れたがメルビンは落っこちて羊に轢かれて吹っ飛んでしまった。
そして羊の通った後に降ってくるメルビンの手袋…
煉獄の火炎で助けてもらった恩を仇で返すのといい、相変わらずマリベルのメルビンへの扱いは酷い。

DQH2 Edit

ガボの【必殺技】として使用されている。
ガボが葉っぱで草笛を吹くと、大量の羊の群れがやってくる。
その群れにガボがオオカミに乗って飛び込み、群れごと相手に突っ込んでいく。
狙った相手の周囲を群れでグルグル回って攻撃後、羊達は帰っていく。帰っていく時にも攻撃判定がある。