Top > 【へんげの壺】


【へんげの壺】

Last-modified: 2019-07-16 (火) 02:04:10

トルネコ2・トルネコ3・少年ヤンガス Edit

中に入れたアイテムが別のアイテムに変化する壺。「変化の壺」という【風来のシレン】からの逆輸入アイテム。
シレンシリーズでは作品によって「へんげ」という読み方だったり「へんか」という読み方だったりそもそもふりがながなかったりするが、DQ作品では「へんげ」で統一されている。
 
変化するアイテムはダンジョンによって異なり、普通に拾えないアイテムが出ることもある。
特にPSトルネコ2のもっと不思議では、【中断の巻物】や魔法の盾、技封じの盾、必中の剣に変化することがあり、ことさら重要。
拾えずの巻物などのいらないアイテムを入れるのが一番有効な使い方。
矢に余裕がある場合は、矢を撃って一本ずつ地面に置き、ダッシュで上に乗って入れると効率がいい。あるいは罠のない床で壁が目の前にある状況で壁めがけて矢を放つのも手。
ただし操作ミスで鍛え上げた装備を入れたりするとショックは甚大。
【つるはし】などのサブ武器を持っている場合は、メイン武器は拾い直し、サブ武器を1番目に置くといいだろう。
また、【催眠攻撃】で操られて貴重なアイテムを入れたりしてしまうこともある。
催眠攻撃を使う敵がいるフロアでは持ち歩かないほうがいいだろう。
 
入れたアイテムが変化したと見せかけて実は変わっていない【うそつきの壺】というフェイクアイテムもある。
ただし、あちらは壺の中を見るたびに中身が変化するので、簡単に見分けがつく。
 
いろいろと不思議な現象の起こる壺でもあり、
稀にアイテムではなく【ミミック】になってしまったりする。
もしミミックが出てしまった場合、他に入っているアイテムの種類を確認して見分けるか、
割れた時にどの場所に落ちるか予測する等して避けよう。
シレンシリーズでは作品によっては、アイテムが壺に変化する事もあり、その結果壺の中に壺が入るという奇妙な現象が起きることもあった。
トルネコシリーズでは壺には変化しないようになっている。
 
トルネコ3ではごく稀に入れたアイテムと全く同じアイテムに変化する場合があり、未識別のアイテムを同じく未識別の壺に入れて識別しようとすると【ふつうの壺】【火薬壺】辺りと誤認してしまうアクシデントが起こりうる。