【魔物の巣】

Last-modified: 2021-03-08 (月) 02:38:02

概要

トルネコ3に登場するダンジョン。
キャラバンハートにも同名のダンジョンが登場する。
たまたま同名というだけで、世界観的には全く繋がりは無い。

トルネコ3

クリア後に【密林島】に出現するダンジョン。
12F以外の全階層に【モンスターハウス】がある。しかも、3F、6F、8F、11Fは必ず固定【大部屋モンスターハウス】となっている。のちのGBA版の【テーマ別モンスターハウス】に影響したのでは無いかと思える組み合わせばかりである。
【不思議の宝物庫】と同様、アイテムの持ち込みや仲間モンスターの連れ込みは可能で、レベルも入る前の状態を維持するので下がらないが、入る時に強制セーブがあるので注意。
【トルネコ】で入るよりは【ポポロ】【仲間モンスター】を連れて入った方が良いダンジョンである。
ただ【おおめだま】【サンダーラット】も出現するので、ポポロで仲間モンスターを連れて行く場合は一応注意しよう。
少年ヤンガスでは【いにしえの闘技場】が同じポジションのダンジョンとなっている。

拾って入手できるアイテムは【世界樹の葉】を除いて【雑草】ばかり。
そして入手できる【ゴールド】も殆ど1ケタ台とショボい上に、【ゴールドの石像】【インパスの石像】は何故かここ限定で出現する。お前ら何故【異世界の迷宮】に出現しなかった。
 
殆どがシナリオクリア前のモンスターで構成されているが、5F以降は99Fダンジョンに出現するモンスターも出現するのでそれ目当てに潜るのも良い。
上述の通り、世界樹の葉以外のアイテムは需要が全く無い為、アイテムを集めて回る必要は無いので基本的には即降り推奨。
入る前に【ミニデーモンの指輪】【身代わりの杖】【聖域の巻物】【草の神の壺】+α等を準備しておけばクリアは難しくない。
 
なお出現モンスターだが、順序は違えど異世界の迷宮の各ゾーンに出現するモンスターと構成が似ている箇所がいくつもある為、ここで感覚を掴んでおくと異世界の迷宮の探索が少しは楽になるかもしれない。だが、【悪ゾーン】のような悪魔系のモンスターが終結したフロアは何故か存在しない。
猛者でさえ不運に見舞われると即死しかねない異世界の迷宮。ここで鍛えずして行くと悲惨な目に遭うのは言うまでも無いだろう。

1F

【ゴースト】Lv3、【メトロゴースト】Lv3、【ヘルゴースト】Lv3、【ドラキーマ】Lv5、【ゆうれい】Lv3、【しにがみ】Lv3、【シャドー】Lv3、【あやしいかげ】Lv3、【シャドーナイト】Lv3、【エビルポット】Lv3と、幽霊屋敷に出てきそうな【浮遊系】のモンスターが出現する。
小手調べといった感じでさほど強力ではないが、エビルポットに仲間を呼ばれると面倒である。

異世界の迷宮でいう【浮遊ゾーン】に似た構成である。
ここはさほど難しくないゾーンであり、浮遊系の出現モンスターはここでも出るヘルゴースト、ドラキーマ、ゆうれい、シャドーに加え、【メイジキメラ】がおり、いずれもレベルが強化されているが【ウィンドスピアー】が効くので弱い。……むしろ浮遊系ではなく、特技も厄介な【おおめだま】【ラストテンツク】が強敵である。

2F

【おばけヒトデ】Lv3、【マージスター】Lv3、【タップペンギー】Lv3、【岩とびあくま】Lv3、【しびれマイマイ】Lv3、【あんこくつむり】Lv3、【ファイヤーケロッグ】Lv3、【デーモントード】Lv3、【ベビーニュート】Lv3、【グレイトマーマン】Lv3と、出現するモンスターは【水系】がほとんど。
グレイトマーマンやベビーニュートは水系ではないが、前者は半魚人、後者は両生類(?)だからか違和感はない。
まだまだ強くは無いが、タップペンギーや岩とびあくまの水中からの攻撃には要注意。

単純に【水ゾーン】の弱化版かと思いきや、あちらは【石像】の出現率が異常としか思えないほどなので要注意。
敵自体は若干強化されているが他の中層ゾーンに比べれば全然マシ。

3F

【ちゅうまじゅう】Lv3、【ストローマウス】Lv3、【ダンスキャロット】Lv3、【テンツク】Lv3、【メイジももんじゃ】Lv3、【メイジキメラ】【しびれくらげ】Lv3、【さそりかまきり】Lv3、【キラーマンティス】Lv3、【メダパニシックル】Lv3と、この階に出現するモンスターはバラバラ。
強いて特徴を挙げるとすれば特殊能力を持っている敵が多い…だろうか。
大部屋モンスターハウスとなっており、1歩踏み出すとメイジキメラとダンスキャロットに囲まれてしまう。装備や仲間に自信が無いのなら、草の神の壺や聖域の巻物を使おう。

【ゲーツゾーン】はここと同じく特殊能力が厄介なモンスターが多く、大部屋モンスターハウスもあるというのが特徴である。
しかし、このフロアと共通して出現するモンスターはテンツクのみ。

4F

【ばくだんいわ】Lv3、【デビルアンカー】Lv3、【キラースター】Lv3の3種のみが出現。
見ての通り爆発するモンスターのみで構成されており、ポポロの場合は鬼門といえるフロア。
しかもこのフロアのみ他のフロアより設置されるワナの種類が少なく、その分地雷が設置される確率が高くなっている。
トルネコの場合は【爆発よけの盾】は必ず合成しておくこと。
ポポロの場合は【レミーラの杖】【水がめ】を駆使して仲間が減る前に階段に駆け込もう。
モンスターハウスに大砲の弾を転がしたりして部屋の外から爆発させるとすごく気持ちいい。
 
HP依存のメガンテとランダム自爆、この爆発パターンの異なる凶悪なメンツは【爆ゾーン】を彷彿とさせる。
だが、出現するばくだんいわはLV5だし、キラースターより遥かに戦闘力の高い【リビングハンマー】、強引に手招きする【ブラッドハンド】、怪物とまで恐れられる【だいまじん】Lv6、吸収光線を使う【いしにんぎょう】、そしてそれらを投げてくる【グレイトホーン】LV3・5やそれらを生み出す【タマゴロン】が出る爆ゾーンはもはや生き地獄としか思えない。言うまでもなくこちらの比ではない。
ここでは自爆するモンスターの対処法や【即降り】を身につける、と考えた方が良さそうだ。

5F

【スペクテット】Lv5、【おおめだま】Lv3、【わらいぶくろ】Lv3、【おどるほうせき】Lv3、【ベビーサタン】Lv3、【ミニデーモン】Lv3、【つかいま】Lv3と、泥棒系モンスターにおおめだまとスペクテットを加えた構成となっている。
トルネコならミニデーモンの指輪があれば怖い階層ではない、11F対策も兼ねて用意しておきたい。
おおめだまが厄介だが、つかいまはここ以外では不思議の宝物庫の30F台にしか出てこない。
ここのつかいまはLv3となっており、ステータスだけならドラゴンよりも高いため勧誘の際は要注意。

6F

【リリパット】Lv5、【アローインプ】Lv5、【どくやずきん】Lv5、【ドッグスナイパー】Lv5、【きとうし】Lv5、【ようじゅつし】Lv5と、矢を放ってくるモンスターとそれを杖で補助するモンスターで構成された大部屋。
ようじゅつしのサポートと同士討ちによる強化が非常に怖く、強力な盾や仲間があれども無策で突撃するのは危険。さっさと草の神の壺を使って無力化すべきだろう、ポポロならおおめだまを連れて行けば楽勝。
ようじゅつしはここ以外ではどのダンジョンでも70F以降にしか出現しないため、仲間にするならここがベスト。まどわし草ではなくかなしばりのたねを使い、勧誘を目指そう。

7F

【まどうし】Lv5、【だいまどう】Lv5、【はねせんにん】Lv5、【ハエまどう】Lv5、【きめんどうし】Lv5、【ドルイド】Lv5、【げんじゅつし】Lv5、【ゾンビマスター】Lv5と、杖を使うモンスターが勢揃い。
4~6Fと比べると難易度は低いが、げんじゅつしとだいまどうには気をつけたい。
 
【ゲーツゾーン】に出現するげんじゅつしLV3が厄介にも程がある。げんじゅつしの杖を振られたら最後、ターン経過で無傷でかなしばり解除というのは夢物語にすぎない。というのも、【どろにんぎょう】【ミステリドール】の特技が……。

だいまどうの催眠術が危険なのはどのダンジョンでも変わらない。【エミリゾーン】に現れるが、寝ている確率が高めなのが救いだろう。

8F

【ガニラス】Lv5、【じごくのハサミ】Lv5、【アイアンタートル】Lv5、【ランドアーマー】Lv5、【ひょうがまじん】Lv3、【ようがんまじん】Lv3と、【2ダメージ化能力】【潜ってかわす能力】により特殊能力が効かないモンスターが集まった大部屋。
絡め手は使ってこないため、装備や仲間が強ければ楽に突破できる。

【水ゾーン】に出現する敵と被るものもいるが、前述通り石像多発地帯なのでここよりも苦労することは間違いないだろう。

9F

【はりせんもぐら】Lv3、【サンダーラット】Lv3、【タマゴロン】Lv3、【ワンダーエッグ】Lv3、【ドラゴスライム】Lv3、【ドラゴンキッズ】Lv3、【ドラゴン】Lv3と、
【炎系】のモンスターや【被ダメージ変換能力】を持つモンスターが多数いる。サンダーラットもいるのでポポロの場合は注意。
タマゴロン系は炎系ではない。
ワンダーエッグはここ以外だと不思議の宝物庫33F以降にしか出てこない。
HPが高くなっているのでクオーターの杖では一発で削りきれない。封印の杖かもろはの杖を用意しよう。
 
炎系は爆発耐性を持つモンスター、つまり魔窟手前の【ラットゾーン】【竜ゾーン】を意識したものだろうか。あちこちから吐かれる炎はたとえ一発15or20ダメージでも決して侮れない。
サンダーラットが出現する時点で【裏切り】が誘発されるのは言うまでもない。また、ラットゾーンには攻撃力40とドラゴンと同値を誇る【プラズママウス】もいるので、それを想定して攻略したい。
ラットゾーンは竜ゾーンよりひとつ手前のゾーンだが、水ゾーンと同じく石像多発地帯であり、裏切りと石像による複合攻撃が容赦なくポポロを襲うことになる。

10F

【くさった死体】Lv3、【リビングデッド】Lv3、【グール】Lv3、【シャーマン】Lv3、【がいこつけんし】Lv3、【しりょうのきし】Lv3と、【ゾンビ系】のモンスターのみで構成されているが、【バーサーカー】【どくどくゾンビ】は出現しない。
【封印の洞くつ】以外でしりょうのきしが出てくる唯一のフロアである。
封印の洞くつではレベル1のものが出現するが、ここならレベル3の個体を勧誘できる。
 
異世界の迷宮の【ゾンビゾーン】と似た構成だが、正直前後のゾーンの方がきつい。ゾンビ系で高い能力を持つどくどくゾンビ、【かげのきし】は出現しないし、ある意味最も危険なゾンビであるバーサーカーもいない。【ゾンビキラー】があればレベル次第ではほぼ一撃で倒せるので特に注意すべき点はないだろう。

11F

【マドハンド】Lv3、【ブラッドハンド】Lv3、【うごくせきぞう】Lv3、【だいまじん】Lv3で構成された大部屋。
【ミニデーモンの指輪】と強い装備があれば正面から立ち向かっても良いが、無い場合は【草の神の壺】【まどわし草】を入れよう。

マドハンドとうごくせきぞうは【バーサーカーゾーン】、ブラッドハンドとだいまじんは【爆ゾーン】に出現する。いずれも凶悪なゾーンであり、前者はマドハンド系によるアイテム盗み、強くなった【バーサーカー】の奇襲、後者はだいまじんのふざけた戦闘能力、ブラッドハンドの「手招きでひきよせる能力」、爆発するモンスター投げつけからの先制攻撃等、嫌という程に苦戦させられる。
 
ちなみに【異世界の迷宮】【透視の指輪】【ガーゴイルの店】【発掘】【へんげの壺】でも絶対に出現しない。それなしでこれらのモンスターが出現するフロアを攻略することになるので注意。ミニデーモンの指輪はへんげの壺の中から非常に低確率で入手できるが、それ以前にへんげの壺が拾えない事が多い。異世界の迷宮でこの指輪は自力での識別が難しいので、結局「あって無い様な物」になっている。これありきでこのフロアを攻略しても異世界の練習としては、殆ど成り立たないだろう。

12F

出現するモンスターは11Fと同じで、モンスターハウスは無いが【宝物部屋】がある。
宝物部屋は入口と、その中の4ブロックそれぞれで【カギ】が必要なので、全部入手するには計5個必要になる。
カギを全て使って入手できるアイテムは薬草×2、弟切草×1、バイキルトの巻物×2、スカラの巻物×2、ちいさなメダル×2、1000G×9と、大したものはない。
モノカの杖集めの副産物でカギが余ったのならば、ちいさなメダルは回収してもよいだろう。

DQMCH

クリア後に入れるランダム生成ダンジョン。
フィールドのいずこかにランダムに出現し、場所は【オーブのダンジョン】をクリアする度に変わる。
普通に探しまわるのは大変なので、【占い師】【地図士】を馬車に入れておきたい。
全2階層で、登場するモンスターは巣がある地形によって異なる。
最深部には【オーブ】を持つボス(Aランクのモンスター)がおり、手に入るオーブはボスの系統によって決まる。