【ウイングアサシン】

Last-modified: 2020-09-06 (日) 09:09:47

概要

DQM2で初登場した鳥系モンスターの一種で、ガルーダが格闘に特化したような風貌をしている。
GBのグラフィックだとかなりかっこよく見えるのだが、イラストだと釣り目でかなり微妙。
作るのが大変な割りに、ステータスがいまいちだったり変な仕様を背負わされたりといまいち扱いが悪い。

DQM2、DQM1(PS版)

鳥系に属する。
ルカ編で【ダークマスター】が使役している。
配合で作るには【サンダーバード】or【ホークブリザード】or【ひくいどり】×【ライオネック】の組み合わせ。結構大変である。
習得する特技はバギ、かまいたち、すいりゅうぎり。
ステータスは素早さがすさまじく成長するが、それ以外はそこそこ。

イルルカ

その後の作品には登場していなかったが、DQM2のリメイクの今作で再登場。
やはり【ダークマスター】が使役しているが、主人公がイルの場合は使ってこない。
錬金カギの世界でスカウトするか、【おおにわとり】×【くびかり族】の特殊配合でのみ生み出せる。
自然系Dランクの2枠モンスターで、【れんぞく】、みかわしアップ、AI2回行動の特性を持つ。
加えて、プラス25以上で「ときどき冥界の霧」、50以上で「ザキブレイク」、新生配合で「ザキ攻撃」、
更にギガボディ化で「バギ系のコツ」も加えることが出来る。
【パオーム】と配合すれば【シャンタク】になる。
AI2回攻撃を持つ関係か能力値はやや低め。DQM2では高かった素早さもせいぜい並程度。
それでもHPはそれなりに高くなる。所持スキルは「バギ&ヒャド」。

…と、ここまではごく普通のモンスターだが、実はコイツ、大きな問題を抱えているのだ。
それは「れんぞく」が全く機能していないこと。
そう、こいつは【カプリゴン】のモーションを使い回している為かれんぞく持ちにも関わらず、1回しか攻撃していないのである。
バグなのか仕様なのか不明だが、公式ガイドブック上では唯一「連続(1回)」という表記で、仕様として扱われているようだ。
いずれにしても、何の為のれんぞくなのか分からない状態になってしまっている。
無理やり意味を見出すならば、新生配合で他のモンスターに「れんぞく」を移植できる…くらいか。
なお、コイツ自身は先天的にれんぞくを持ってしまっているため、他かられんぞくを移植して2回攻撃にする事はできない。
結局のところ、このままれんぞくを持っていても無意味なので、新生配合の際は別の特性に交換してしまおう。
 
豆知識には「獲物を遥か上空から叩き落とす空の暗殺者」と恐ろしいことが書いてある。

イルルカSP

れんぞく1回が修正されて2回になったが、代わりにれんぞく1回の後輩たちが多数登場。
詳しくはれんぞくの項を参照のこと。
また超ギガボディ化で「ときどきバイキルト」を習得。