Top > 【エンドールの旅の扉】


【エンドールの旅の扉】

Last-modified: 2017-09-17 (日) 23:54:37

DQ4 Edit

地名。【エンドール】【サントハイム】を繋ぐ【旅の扉】があるほこら。PS版の移民システムでは「エンドール関所」という地名になっている。
エンドール地方の北西部に位置しており、【エンドールへの旅の扉】へと繋がっている。
」があるかないかだけの違いである。
 
ここには二国間を行き来する者が休めるよう、立派な【宿屋】が併設されている。
2章でこの宿屋を夜になってから訪れると、「【勇者】を探して旅をしている」という【ライアン】に会うことができる。
最初は宿屋のベッドで横になっているが、【アリーナ】たちが話しかけると立ち上がって会話してくれる。
「こんな話をしてもおぬしらにはわかるまいな……。」と言いつつも就寝中にわざわざ立ち上がって話すあたり、一行が只者でないことを感じたのかもしれない。
夜に訪れることは少ないので見落としやすいイベントだが、印象に残るシーンである。
ちなみに小説版・ドラマCDでも再現されており、これがアリーナたちとライアンの初対面となる。
余談だが「プリンセスアリーナ」でもアリーナたちとライアンの対面するシーンは存在するが、エンドール関所ではなくサントハイム城である。
 
3章でも旅の扉は一応使用でき、サントハイム大陸へ渡ることがでるが、使ったところでエンドールへの旅の扉側にいる兵士が通してくれない。
カウンター内に入って話しかけると「人手は私一人で足りていますよ」と、3章らしい台詞を言われる。
しかし既にアルバイトながらそこそこ金回りの良い職がある【トルネコ】のこと、さすがにこんな儲からなさそうな宿屋に転職などする気はないだろう。
  
5章では3章と違い、エンドールへの旅の扉の兵士がなぜかこっちに来て道をふさいでるためこちら側からは使用できない。
これによって、【やみのランプ】を使うと入口に戻る仕様を利用してサントハイム大陸に抜けることはできなくなっている。
仮に抜けられたとしても、敵が強くて危険なだけでイベントをすっ飛ばせたり強力な武具が買えたりするわけではないのであまり意味はないが。
この兵士はアリーナが無事な姿を見せると泣いて喜ぶ。
なお、兵士はFC版は普通に立っているが、リメイク版は倒れている。